専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

米国株式ファンドのパッシブ運用は着実に増加

米国の株式ファンドのパッシブ運用は着実に増加している。国内公募追加型株式投資信託のモーニングスター「国際株式、北米(為替ヘッジなし)」部門の資金流入超過額をみると、2019年は、アクティブ・ファンド円、パッシブ・ファンド1061億円となっており、パッシブ・インフロー超過額は、1437億年に引き続き2年連続で増加して14年以来の高水準となり、月次でみると、2019年はアクティブ・ファンドの流入超過が4か月にとどまったのに対し、パッシブ・ファンドの流入超過額は9か月間で安定的に推移した。

受動的な資金流入は、信託報酬(税込)が0.1%台、すなわち0.1%未満の「超低コストのパッシブ・ファンド」によってもたらされました。2019年には、「eMAXIS Slim US Equity(S&P500指数)」、「楽天株価指数ファンド」、「SBIバンガードS&P500インデックスファンド」の3ファンドの合計で713億円を突破しました。「SBIバンガードS&P500インデックスファンド」は2019年に創設されたが、18年には他の2ファンドの流入額が365億円を超え、2019年には3ファンドの流入額がほぼ倍増した。

一方、2019年のアクティブ・ファンドの流れは、2019年12月に設立された「T.Row Price米国成長株ファンド」が設立された月に1483億円以上、「アライアンス・バーンスタイン米国成長株投資信託Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想配当金提示型」が年間810億円以上の流入を記録し、人気ファンドへの流入が目立った。しかし、テーマ型ファンドの資金流出は歯止めがかからず、「グローバルAIファンド」の流出額は1170億円を超えた。

 

非常に低コストのファンドだけがアクティブ・ファンドに対する脅威ではない。2019年のリターンの上位10件「国際株式、北米(為替ヘッジなし)」のうち、「eMAXIS Neo遺伝子工学」や「iFreeNEXT FANG+インデックス」など4つのテーマを含む6件はパッシブ運用だった。18年に設立されたこれらのテーマ別ファンドはいずれも、急成長する米国のバイオテクノロジーおよびハイテク分野への低コストの投資を可能にする。

中長期的には、「netWIN Goldman Sachsインターネット戦略ファンドBコース(為替ヘッジなし)」や「Alliance Bernstein US Growth Equity Fund Bコース(為替ヘッジなし)」など、モーニングスター5つ星(2019年末現在)のアクティブ・ファンドの存在感が依然として大きい。パッシブよりも多くの資金が流入するかどうかは、リスクの高いアクティブ・ファンドがどの程度のパフォーマンスを発揮するかにかかっている。

 

この記事が気になった方は投資信託記事一覧もおすすめです。今人気の投資信託の運用手法がわかります。

投資信託記事一覧

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG