専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

国内大型株ファンドと小型株ファンドの実績の差が鮮明化

国内大型株ファンドと小型株ファンドの実績の差が鮮明化

大型株ファンドと小型株ファンドの実績の差が鮮明化しつつある。国内株式ファンドの2019年11月末までの過去20年間のトータルリターンは、大型株投資信託指数が34.81%に対し、中小型株投資信託指数は143.25%と4倍も差が開いている。外国株投資信託と異なり、為替のリスクを受けることなく高いパフォーマンスを残している国内中小型株ファンドは、今後も長期投資先として有望であろう。その国内中小型株ファンドの中でも、特に明治安田アセットマネジメントが運用している「新成長株ファンド(グローイング・カバーズ)」は、モーニングスターインデックスの中の「国内小型グロース」を上回る成績を継続している。

モーニングスター社では、国内株ファンドについて、大型・中型・小型という投資する銘柄の規模と、バリュー・ブレンド・グロースの投資スタイルによって9つに分類している。この9つのカテゴリーについて、過去10年間のパフォーマンス平均をみると、「国内小型グロース」以外の、すべての中型・小型株ファンドが、大型株ファンドよりリスクが低くなった。また、リターンでも、同じスタイルを比較した場合では、中小型株ファンドのカテゴリーの方が、大型株より高い。中型・小型株ファンドは、リスクに対するリターン(シャープレシオ)でも、相対的に高い水準にあることが分かる。

また、リーマン・ショックが起きた2008年以降の、過去12年間の暦年トータルリターンをみてみると、「小型株ファンド」が12年中8年で「大型株ファンド」「中型株ファンド」「TOPIX」のいずれも上回っている。年別で確認すると、2018年や2019年は中型ファンド・小型ファンドともにTOPIXに負けたが、2008年や2011年といった世界中の株価が大幅に下落した状況ではTOPIXと比較して、小型株ファンドのほうが下落幅を抑えられていた。全般に上昇局面では中型株ファンド・小型株ファンドは、TOPIXより高いリターンを獲得する傾向が強い。長期でみた場合、小型株ファンドのほうが良好なリターンにも結び付いている実績が確認できる

「新成長株ファンド(愛称:グローイング・カバーズ)」の暦年のトータルリターンを国内大型株指数および国内小型株指数と比較すると、リーマン・ショックが起きた2008年以降の12年中、8年でいずれも上回っており、国内の株価指数に対する優位傾向は強い。

2019年11月末時点における当ファンドの過去5年間のトータルリターン(年率)は、21.88%と、モーニングスターカテゴリー「国内小型グロース」内で上位6%となっている。また、10年間のトータルリターンの推移(ローリングリターン)をみると、設定(2004年4月)来の68カ月間全てでプラスのリターンを獲得しており、長期保有時は投資時期を問わず利益を得られている。また、小型株指数を68カ月中47カ月間で、カテゴリー平均を53カ月間で上回っており、長期の運用成績は小型株指数やカテゴリー平均に対し相対的に優位となる傾向が強い。
同ファンドは、エンジェルジャパン・アセットマネジメントの投資助言を受ける。同社は、「IPO(新規株式上場)」を起点に行う、経営者との面談を通じた中小型株調査に強みを持ち、投資助言を行う運用会社のファンドの高いパフォーマンスに寄与している。同社が運用助言を行うファンドは11本だが、うち5本のファンドは、2019年11月末時点で、10年以上の運用実績がある国内公募追加型株式投信(確定拠出年金専用、ファンドラップ専用、ETF等除く)1415本の中で過去10年間のトータルリターン上位15本に入っており、同社の優れた調査力がうかがえる。エンジェルジャパン・アセットマネジメントのファンドはこのほかに日興グローイングベンチャーやSBI小型成長株ファンド:ジェイクール、SBI中小型成長株ファンド:ジェイネクスト、SBI中小型割安成長株ファンド:ジェイリバイブなどがあり、それぞれ高いリターンを出している。

 

エンジェルジャパン・アセットマネジメント

日経新聞がエンゼルアセットの記事を載せていたので参考に乗せておこう。

ファンドの運用を担うファンドマネジャー達は、日々目まぐるしく変化する市場と常に向き合い、運用成績向上を目指して格闘する資産運用のプロだ。「プロ」の市場の相場観や実績などに裏打ちされた信念は、長期的な資産形成に取り組む個人投資家にとっても大きなヒントになる。

日本の中小型株投信への投資助言を専門としている、エンジェルジャパン・アセットマネジメント。この会社ではチームの4人で議論しながら、投資対象の銘柄を選び、資産運用の計画を立てて運用会社に助言をしている独立系の投資顧問会社だ。

――市場の値動きが荒い局面では、どのように対応していますか。

「皆が考えているような特別なことは特に何もしません。相場が良い時も悪い時も、基本的にはいつもと変わることなく、企業経営者との面談を重ねて、投資助言をのレポートをつくる。基本的にひたすらこの繰り返しをしています。もちろん相場が荒れているような時には運用会社を通して、投資家向けの臨時レポートを出すなど、できるだけ投資家向けの情報発信をすることを心掛けています」

――チーム体制の特徴はどうでしょうか。

「投資先の銘柄選定は、チーム4人による完全合議制によって決めています。チームは30~50代までの年齢の違うメンバーによって、様残な意見を出し合うことでバランス良い判断ができるのが強みです。チームの中で意見が割れた場合は、少しだけ買って様子を見て、良ければ買い増し、悪ければ売りの助言をします」

――投資先の銘柄の選び方をもう少し教えてください。

「銘柄選択は基本的に個別企業の調査・分析に基づた、ボトムアップアプローチです。相場を先読みできるような天才はいません。相場観に頼るよりは、4人そろって訪問した1社1社の経営者と向き合い、できるだけ地道に、企業の情報収集することにより投資対象をより知ることに専念しています」

「企業との面談は年間でおおよそ1000社、1日に平均すると4、5社回っています。さらに投資している会社には、3カ月に1回のペースで面談し、その後の経営方針や目標が変化していないかどうかを確認します。面談の結果は基本的に即日で投資助言に反映させ、投資判断を翌日以降に持ち越すようなことはありません」

――運用の効率を上げるコツのようなものはありますか。

「基本的に愚直な銘柄選びに尽きます。あとは投資対象の銘柄をきちんと分散することと、銘柄ごとにリミットプライスを設定することで投資のリスクを抑えています。具体的には、分散投資で1銘柄のウエイトを全体の大奥とも4%以内に収めるようにしています。そして売る場合の最低価格や、買う場合の最高価格がリミットプライスです」

――ファンドマネジャーとして必要な資質はなんでしょうか。

「がまん強さと真面目さです。どのような市場環境でも、投資方針をブラさずに、コツコツと調査を続けていくためには、カリスマ性や派手さといったものは必要ありません。日々愚直に、同じことを継続することができる胆力が大切です」

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG