専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

フィデリティ・ 世界割安成長株投信の専門家の評価は?

 

投資家
フィデリティのバリュー株ファンドですね。
儲極
Fidelity Low Priced-Stock Fundがオリジナルだからバリュー株だね。成長株となぜつけたか…テンバガーの説明をするためかな?ティリングハウスは有名人だからね。まあ、フィデリティ・コントラ・ファンドのウィル・ダノフとティリングハストは有名人だけど、実績はウィル・ダノフが断然優勢かな。
投資家
ウィルダノフさんとティリングハストさんですね。モーニングサテライトとか見ているときに時々テレビCMしてますよね。
儲極
ウィル・ダノフ氏の運用するフィデリティ・米国株式ファンドも2019年に発売されたばかりなので、資金が分散する気がするけどな。やっぱり新商品でないと売れないのかなーという気がしてしまいますね。
儲極
ちなみにテレビで個別の投資信託のCMするのは結構画期的だと思う。以前はラップ口座のような「サービス名」は出せたものの、商品名はなかなか出せなかったと思うので。まあ一番あおっている宝くじのCMは出せても投資信託のCMは出せなかったというダブルスタンダートは謎すぎるが。

 

世界割安成長株投信 魅力

  1. 30間で43ーン績の運用
  2. 成長力が高もかかず割安な投資先をガーを発掘
  3. グロルな企業調査

Fidelity Low Priced-Stock Fund

フィデリティ・世界割安成長株投信チャート

は何

株価が10

「市場が予想している以上に成長」×「市場が企業価値を過小評価」の結果としてテンバガーは誕生します。

テンバガー・ハンター

テンバガーを発掘し投資する運用担当者をテンバガー・ハンターといいます。 元祖テンバガー・ハンターとして著名なピーター・リンチの愛弟子であり、 現在にその匠の技を引き継ぐ直系こそ、当ファンドの運用担当者 です。

私の辞書によれば、ティリングハストは、 歴史を通じて最も偉大かつ成功した

ストックピッカーの一人である。ピーター・リンチ

 

儲極

どこかで聞いたことあるセリフだと思ったら「ティリングハストの株式投資の原則 ーー小さなことが大きな利益を生み出す」の中のピーターリンチのコメントだったね

成長

場の想を要の拡大

  • 新しい技術やサービスの長期的な拡大
  • ニッチなビジネスの広がり

場の想を競争力

  • 高い競争力のある特別なサービスや製品
  • 堅実な事業構造と競合を凌駕する経営戦略

フィデリティ・世界割安成長株投信成長

割安

市場が悪材料の響を過大評価

  • 市場の見方が短期的で、長期的な成長力を軽視
  • 市場の視野が狭く、他の好材料を看過

市場が企業価値をできいな

  • 注目されていないため、看過されている企業
  • 調査不足で企業価値を過小評価

フィデリティ・世界割安成長株投信割安

 

銘柄銘柄継続超過収益を

 

コア銘柄 中核・主力銘柄 約50~100

  • 高い流動性
  • 高い確信度

ポートフォリオに0.25% 以上組み入れている銘柄

ポートフォリオ中の構成比68

 

銘柄 投資機会追求銘柄 約100350

  • 低い流動性
  • 潜在力を評価

ポートフォリオに
0.25% 未満
組み入れている銘柄 ポートフォリオ中の構成比約2~4割

儲極
ここが面白いね。コントラファン度もそうだが運用がうまいファンドは銘柄数を絞り込んでいることが多いが、コントラファンドやティリングハストのファンドは、投資機会追及の銘柄を割合は小さいけれど細かく分散投資していくのが興味深い。私が好きな運用手法とは違うが、フィデリティのこうした運用手法の有効性は新陳代謝の進む米国株ならではなのではないかと思っている。

中小型株にテンバガーが多い

 

市場では小型株に予想分析が少なく見過ごされやすい

 

市場全体と比べて高いリターンと低いリスクを両立

儲極
縦軸はリターンだから上にあるほうが有利で、横軸はリスクなので左側にあるのが有利だね。つまりフィデリティ・ロープライス・ストック・ファンドは世界株よりローリスクハイリターンだったという実績が物語って言るね。

 

長期的に安定したパフォーマンス

 

投資哲銘柄選で相場変

ITバブル時の急騰時、バブル崩壊後の急落時を通じて参考ファンドは継続的に上昇。またリーマン・ショック時は株式市場全体から資金が流出するなか市場並みの下落となったものの、その後は回復しました。一貫した投資哲学に基づく銘柄選択が、ファンドのパフォーマンスを支えました。

 

フィデリティ・ 世界割安 成長株投信ITバブルの時

 

フィデリティ・ 世界割安 成長株投信リーマンショックの時

 

フィデリティ・ 世界割安 成長株投信国・地域別配分

フィデリティ・ 世界割安 成長株投信業種別配分

フィデリティ・ 世界割安 成長株投信ポートフォリオ特性

フィデリティ・ 世界割安 成長株投信上位10銘柄

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG