専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。
  • 2020年8月4日
  • 2020年8月4日

なぜ金価格は史上最高値を更新しているのか?

金価格は先週末に記録を更新し、2018年後半に始まり、コロナウイルスの流行中に勢いを増した強気相場の新たな節目を迎えました。貴金属は2020年には約30%高騰し、1トロイオンス2,000ドル(ニューヨークでの取引では史上最高値となる)で取引を終えよう […]

  • 2020年8月2日

コロナショック後の株式市場の上昇は本物か

コロナ後の経済は数ヶ月の間に多くの前代未聞の出来事を経験してきたが、世界的な株式の入れ替わりほど異常なものはなかった。 先進国では3月23日までの間、猛烈ではあったが短期間の弱気相場を経験し、その後、17週間以上の間に年間の損失をすべて解消した壮大な […]

  • 2020年8月2日
  • 2020年8月2日

割高なハイテク株は価格を維持できるのか?

ここ数十年で最悪の不況にもかかわらず、米国の主要5銘柄が好調な1年を過ごしたことで、株式市場への影響力がさらに拡大しました。 アップル、マイクロソフト、アマゾン、アルファベット、フェイスブックは現在、S&P500の5分の1以上を占めています。 […]

  • 2020年6月14日

バンガードはアメリカで新たなロボサービスにより若年層の投資家を獲得へ

バンガードは若年層向けロボアドバイザーサービスを拡充 バンガードが若年層向けのロボアドバイザリーサービスを拡充しているとウォールストリートジャーナルが報道した。 コロナウイルス危機による混乱の中で、多くの人々がファイナンシャル・アドバイスを求めていま […]

  • 2020年6月13日

投資信託流入ランキング2020年5月

  投資家 久しぶりの流入ランキングですね。今回の特徴はどんな内容ですか? 儲極 内容見てみると意外にコロナショック前とそんなに顔ぶれが変わらない感じかな?流入量自体が限定的なので、直近6か月の勢いそのままに動いているイメージですね。証券マ […]

  • 2020年6月13日
  • 2020年6月13日

あのルネッサンス・テクノロジーズが20%超のマイナスと苦戦

世界最大級で最も有名なヘッジファンドの一つであるルネッサンス・テクノロジーズは、投資家によると、最近の業績不振を長期化させ、今年は二桁の損失を記録したという。 元冷戦時代のコードブレーカー、ジム・シモンズによって設立された750億ドルのコンピューター […]

  • 2020年6月12日
  • 2020年6月13日

燃える債券市場から株式のようなリターンを享受する投資家

ノースロップ・グラマン、インテル、コカ・コーラなど米国の優良企業が3月以降に売却した債券は、パンデミックの最も激しい局面で提供された異常に高いクーポンを手に入れようと投資家が奔走したため、価値が急騰した。 2060年に満期を迎えるインテルの10億ドル […]

  • 2020年6月6日

ティー・ロウ・プライス 米国成長株式ファンド 急落時臨時レポートまとめ

投資家 ティー・ロウ・プライス 米国成長株式ファンド、臨時レポートがいっぱいあったので、メインページが大分長くなりましたね 儲極 より新しい情報が出たので、一部古い情報は別途保管しておくことにしました。リアルタイムの時間推移を見ていただくといいかもし […]

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG