専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

メディア多数出演の和製ヘッジファンド|ハヤテインベストメント

多くの日本のヘッジファンドは、メディアへの露出を好まないなか、積極的にメディアに露出するヘッジファンドもいます。多くは旧村上ファンド系が多い。これはアクティビストという戦略上仕方ない部分があります。一方株式ロングショート戦略でメディア露出が多いハヤテインベストメント少し変わり種といえるとおもいます。

 

和製ヘッジファンドハヤテインベストメントとは

 

ハヤテインベストメントホームページより引用

金融事業:‘絶対収益追求型’の日本株式投資信託事業
グループにて日本株式投資信託を組成し、当社はその調査および助言業務を担当しています。

本事業の特徴は、いかなる市場環境においても、絶対収益を追求することを目指していることです。これは、市場平均より良かったか、悪かったかという相対パフォーマンスを計測する‘相対収益追求型’と比較されることで‘絶対収益追求型’と呼ばれます。その方法論の一つとして、市場の下落に対して一定の保険をかけるために、いわゆる‘ロング・ショート’アプローチを採用しています。

‘ロング・ショート‘と言えば日本では’ヘッジ・ファンド‘というバイアスを含んだ呼称で置き換えられがちですが、我々は市場の下落時においてもその痛みを和らげることができる金融技術を付加した、いち投資戦略に過ぎないと考えます。

日本社会において、なぜ企業投資つまり株式投資が市民感覚から遠いものになってしまったのでしょうか?それは1989年の市場のピークから現在まで30年にわたり、その恩恵に浴した記憶が無いからだと考えます。ここで、’株式とは事業が化体した存在’であり、株式への投資とはつまり事業への投資を意味します。日本の上場企業が過去最高益を更新したことに鑑みると、もしも日本に企業投資やファンドに対する偏見・アレルギーが無かったならば得られたであろう果実に想いを馳せると残念でなりません。その果実とは、例えば個人で言えば趣味に投じる余資、家庭で言えば子供たちへの教育投資、大学で言えば基礎研究費やその環境、国家で言えば国民を不安にすることのない年金の備えなど枚挙にいとまがありません。投資の果実は何にでも転じ得るのであり、その意味において投資とは社会インフラとさえ言えるのではないでしょうか。

金融・投資に対する社会認知を変えて、日本を豊かにするためにも、いかなる市場環境においても絶対収益を追求しうるプロダクトには社会的な存在意義があるものと考えます。もし30年前から絶対収益を追求しうる投資戦略が日本において市民権を得ていたならば、バブル崩壊に伴う痛みを和らげることで先述のような日本人の企業投資に対するトラウマやアレルギーが薄まり、日本はより豊かになっていた可能性があるからです。このように、我々は社会課題の解決に挑戦し、その投資戦略の社会的意義を信じてこの事業にまい進します。

また、以下のように徹底的に企業に寄り添うことで、その採用する投資戦略に限定せず、金融・投資・ファンドに対する既成概念すら変えていくことが我々の挑戦です。先述のとおり、我々は‘株式とは事業が化体した存在’であると強く意識しております。株式へ投資することは事業へ投資することであり、つまり金融と事業は表裏に過ぎないと考えます。

だからこそ、現地・現物・現場にこだわり、一人でも多くの経営陣とお会いして、一つでも多くの現場を訪問したいと思い、創業来かわることなく企業調査を積み重ねてきました。今やその数は数万件に上ります。ここまで徹底的にヒトに、現地・現物・現場にこだわれば、その採用する金融技術や投資戦略に関わらず、最も企業と近しい株主となることができ、表裏の関係を体現できると信じています。

そして、社内においては、そのような現場への深い調査結果に根差したオープンかつ徹底的な議論を重んじています。愚直な調査に加えて、情報の共有、政治なき議論等なくして真理にはたどり着けないとの信念からです。投資とはつまり「相手の未来を信じること」に他なりません。そして、「そこまで言えるだけ調べたのか?」というのは当社で投資に携わる者にとっての常なる自戒の問いとなります。

これらの哲学や方法論を採用した結果、市場の動向に振り回されることなく、金融危機を乗り越え、当社は10年以上にわたり堅実な実績を積み上げています。その投資哲学や戦略上の差別化についてはこちらをご覧ください。

今まで徳を重視する武士道アセットマネジメントや、学生の成長を見守る父性を押し出したレッドフェニックスインベストメントなどを見てきましたが、このハヤテインベストメントは、このホームページの言葉から、「真摯に市場に向かい合う姿勢」を感じとることができます。

 

数年前にはやったトマ・ピケティの「21世紀の資本」という本は「r>g」というシンプルな公式で資産運用の重要性を説きました。「r>g」とじゃつまり資本から得られる収益の割合(r)は、常に成長率(g)より高いということを主張したのです。現代の所有と経営が分離している状況では単純に「労働者」と「資本家」に分かれている「資本論」の世界にいるわけではありません。多くの人が、「資本家」となるチャンスがあるにもかかわらず、「短期的な投機家」や「証券会社の回転売買」の餌食となって、と長期的な資本家への道を閉ざしてしまっています。

 

時に学生にとってNPO法人などが魅力に映ることもあるかもしれませんが、多くの営利企業は社会の役に立っているからこそ収益を上げているということしっかり認識しておく必要があります。

家計の金融資産構成

家計の金融資産が53%も現金になっているのは、「金融政策」と「大手金融機関」が誤っていたとはっきりと認めるところからスタートしなければなりません。

主要部門の資金過不足

もっと言えば、日本の民間企業も資金余剰主体であることで、国が代わりに資金需要を引き起こしていることを認識すべきでしょう。資金の効率的な運用は民間>政府であることは自明のことであることから、金融政策だけでなく、経済政策そのものも日本は見直すべきであると考えられます。

ハヤテインベストメント投資戦略とは

ハヤテインベストさんは非常に積極的な自己開示が特徴です。

  • 中小型株へのロングショート戦略
  • ボトムアップリサーチ
  • 担当セクターフリー制
  • フラットなチーム体制

が主なハヤテインベストの投資戦略の特徴のようです。

 

投資哲学と戦略について

中小型企業(株式)とは

当社では、日本の証券取引所に上場する企業のうち、その時価総額が1,000億円以下の企業を中小型企業(株式)と定義しています。日本には約4,000弱の上場企業が存在しますが、そのうち中小型企業数は約3,000におよびます。大型の企業に比べて、中小型企業は相対的にメディアへの露出が低かったり、機関投資家による企業調査が行き届いておらず、情報の非対称性の観点から多くの投資機会が存在していると考えられます。

中小型企業(株式)投資の哲学と戦略

◆なぜ中小型企業(株式)か

当社は、競合が少なく、情報の非対称性が大きく、結果として価格形成が歪んでいるエリアに投資機会が大きく眠っていると考えます。それらは往々にして中小型株式市場に隠れています。よって、中小型株式市場に対して調査の重きを置く方針をとっています。

◆徹底した企業調査(ボトムアップ・リサーチ)により、産業のバリューチェーン上に隠れた投資機会を見つける

当社は、モノや情報の流れに沿ったいわゆる「バリューチェーン分析」を心がけ、企業及び業界分析において担当セクター制度という縦割りの制度を採用していません。その上で、徹底的に現地・現物・現場にこだわった企業調査(ボトムアップ・リサーチ)によりバリューチェーン上に隠れた優良企業や投資機会を発掘します。

当社における企業分析業務の主な特徴

特徴1:年間数千件におよぶ徹底した企業調査(ボトムアップ・リサーチ)

 

当社では、企業分析を行うアナリスト一人あたり約1,000件、投資チームにおいて年間数千件におよぶ個別の企業調査を行っています。企業訪問、工場見学、店舗視察など現地・現物・現場に対する調査を信条とし、投資先企業の経営陣の皆様やIR(株主向け広報)担当者の方々との議論から企業の成長戦略や産業動態の変化を分析します。

2005年の当社創業来、投資先企業との継続的な対話の歴史は財産であり、またこれまでの延べ数万件におよぶ調査結果が蓄積された貴重なデータベースも存在しています。

 

特徴2:担当セクター制度を排した自由度の高い調査活動

 

当社では、企業分析を行うアナリスト毎に担当する業種・産業を固定する、いわゆる「セクター制度」を採用していません。業種ごとの縦割りの弊害も、担当する企業の奪い合いという政治も存在せず、お客様のリターンに貢献できるとの手ごたえがあれば自由に調査を行うことが出来ます。

また、業種だけではなく地理的な制約も無いため、日本国内津々浦々にはじまり、過去には、中国・ロシア・イスラエルなど国境を越えて調査に出向いたこともあります。

縦割りの弊害が無いことの裏返しとして、ある産業の川上から川下までを一気通貫して調査することが可能となるため、バリューチェーン上に隠れた優良企業を見出し、日々ワクワクする投資アイデアの発見に勤しむことが出来ます。

特徴3:投資先企業の選定における投資助言チーム内での徹底した情報共有とフラットな議論

当社の投資チームでは、日々の調査から得られる膨大な情報や投資アイデアを都度、チーム内で共有し、議論をします。その議論においては常に参加者は「対等」であり、役職や勤続年数に関係なく、とことん建設的でフラットな議論を重ね、チームでアイデアを創出するスタイルを良しとします。

そのプロセスを通して、更なる企業調査の視点が生まれ、それは更なる投資先企業の発掘に繋がる、というプロセスを大事にしています。ややもすると金融市場での調査や意思決定においては孤独を感じがちですが、当社では共有と議論を通じてそれを和らげることができると考えます。

 

ハヤテインベストメントの運用成績は?

ハヤテインベストメント

 

アキトファンドなどに比べるとハヤテインベストメントはかなり積極的な運用を行っている分、2018年の下げ相場に大きく苦戦したようです。また2019年もうまく波に乗れず2年連続のマイナスになったとみられています。しかし長期的な実績を見てみるとわかるように、市場平均に比べると非常に高いリターンになっていることがわかります。

ただ近年ベータ値が昔に比べて上昇している中で成績が苦戦しているのが気になるところです。

 

金融商品取引業者としてのハヤテインベストメントの登録内容

関東財務局長(金商)第963号

登録日:平成19年9月30日

ハヤテインベストメント株式会社

東京都中央区日本橋兜町6-5 兜町第6平和ビル2
投資顧問協会登録:○

投資運用業:○(適格投資)

投資助言・代理業:○

この記事が気になった方は「ヘッジファンド記事一覧」もおすすめです。海外有名ヘッジファンドの運用手法がわかります。

海外有名ヘッジファンドカテゴリへのリンク

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG