専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

騙されないためのヘッジファンドマスターガイド:

ヘッジファンドという名前を騙ったポンジスキームは昔から存在しました。そうした人が陥りやすいのは「リスク」を無視した「リターン」の追求でした。本物のヘッジファンドと偽物のヘッジファンドを見破るためにはヘッジファンドとは何か深く知る必要があります。

日本で最近「合同会社形式」のヘッジファンドと呼ばれているものがありますが、正確には金融商品として作られた「ファンド」ではないため、ヘッジ「ファンド」ではありません。

また多くのファンドは「ヘッジ」方法について記載がないにもかかわらず異常にリスクが低いと記載されています。

 

例えば現在の合同会社「ヘッジファンド」と主張しているものの初期のファンドとしてキャロライナパートナーズがあげられます。のちに「無登録販売」で金融庁に警告が出され、現在は多くの投資家とトラブルを抱えているようです。

 

運用戦略としては「アクティビスト」運用しているのが特徴といわれていますが、「アクティビスト」ファンドは基本的に「ヘッジ」しませんので「月次ベースでずっとリターンを目指す」ような戦略ではありません。専門家が見れば「こんな成績はあり得ない」とすぐにわかるようなお粗末なものでした。

こうした「ヘッジファンド」のまがい物に投資するのはひとえにヘッジファンドついて誤った情報をもとに投資されるからだと思います。

基本的にヘッジファンドは富裕層向けの投資手法ですので最低でも1000万円はないと投資できないと思ってください。外資系投資銀行出身者が「金融庁から隠れるように合同会社形式でヘッジファンドを組成することはありません」。なぜなら機関投資家からの出資が行われなくなってしまうからです。下記に詐欺に会わないためのヘッジファンドの重要な情報をまとめましたので、仕組みや戦略などしっかり確認していってください。

 

キャロライナパートナーズイメージ図
外資系投資銀行が合同会社形式で資金募集することはない

 

目次

騙されないためのヘッジファンドマスターガイド

多くの投資家はヘッジファンドについて過度の幻想を抱き、詐欺ファンドとヘッジファンドを間違えて投資してしまうようです。実は多くのヘッジファンドはローリスクローリターンであり、ハイリスクハイリターンなヘッジファンドはごく一部のファンドです。ヘッジファンドは決してマイナスになることがないというような万能な投資対象ではありません。リスクリターンプロファイルが通常の株式などとは異なり、分散投資の一環として非常に有用な投資対象ということです。

 

ヘッジ・ファンドは、認定された投資家や機関投資家からの資金をプールし、しばしば複雑なポートフォリオ構築やリスク管理技術を伴う様々な資産に投資する投資ファンドです。それは、専門の投資運用会社によって管理され、ミテッド・パートナーシップ、有限責任会社、または類似の媒体として構築されます。ヘッジ・ファンドは一般的に投資信託投資信託とは区別され、レバレッジの使用が規制当局によって制限されていないことからオルタナティブ投資とみなされています。また、ヘッジ・ファンドの大半は比較的流動性の高い資産に投資しています。このことから、プライベート・エクイティ・ファンドとヘッジファンドは区別されています。しかし、ヘッジ・ファンドと同様に機能するが、投資信託と同様に規制されている、ヘッジファンドと投資信託の中間くらいの投資対象が、リキッド・オルタナティブ投資として知られています。最近でいうとダブル・ブレインやマンAHLスマートレバレッジファンドはリキッドオルタナティブの分類に入ると思います。

 

「ヘッジ・ファンド」という用語は、最初のヘッジ・ファンドが市場リスクをヘッジするために使用されたペアの買い(ロング)と売り(ショート)のポジションに由来しています。時間の経過とともに、様々な種類の投資ファンドと同様に、ヘッジ概念の種類と性質が拡大しました。今日、ヘッジ・ファンドは多様な市場と戦略に従事し、多様な金融商品とリスク管理手法を採用しています。

 

ヘッジ・ファンドは資力又は知力の優れた、特定の洗練された投資家または認定された投資家のみが利用可能であり、一般に募集または販売することはできません。そのため、一般的には、直接の規制監督を回避し、投資会社に適用されるライセンス要件を回避し、投資信託や他の投資ファンドよりも柔軟に運用することが火防です。しかし、2007~2008年の金融危機後、米国と欧州では、ヘッジ・ファンドに対する政府の監督を強化し、一定の規制ギャップを解消することを目的とした規制が可決されました。そのため昔に比べてヘッジファンドも一定の欧米の金融庁の監督の元運用していると考えてよいと思われます。

 

日本の合同会社形式のヘッジファンド(実際にはファンドではないが)は基本的に金融庁に届け出をせず、監督されていないという点では、欧米のヘッジファンドに比べて、運営上のリスクは高いと言えます。

ヘッジ・ファンドは2000年以降急速にシェアを拡大し、富裕層だけでなく機関投資家からの人気も高まっています。現在では資産運用の主要資産の一部を占めるまでに成長し、2018年の資産総額は約3兆2350億ドルに達しました。ヘッジ・ファンドはほとんどの場合オープン・エンド・ファンドであり、投資家による追加や引き出しを認めています。(通常、毎月または四半期ごとに)。投資家の保有価値は、ファンドの純資産価値と直接関連しています。

 

ヘッジ・ファンドの3つの特徴

 

①多くのヘッジ・ファンドの投資戦略は、市場が上昇しているか下落しているかにかかわらず、プラスの投資収益率を達成することを目指しています。(「絶対収益」)。

②ヘッジ・ファンド・マネージャーは、自分が運用するファンドに自分の資金を投資することが多い。

③ヘッジ・ファンドは通常、運用会社に年間運用報酬(例えば、ファンドの資産の2%)と運用報酬(例えば、その年のファンドの純資産価値の増加分の20%)を支払う。共同投資とパフォーマンス・フィーはともに、運用会社の利益とファンドの投資家の利益を一致させる役割を果たす。

 

どこよりも詳しいヘッジファンド概論

 

ヘッジ=「生け垣」という言葉は、畑の周囲を囲むやぶの列を意味し、長い間、リスクを制限する比喩として使われてきました。初期のヘッジ・ファンドは、市場をショートさせることによって、一般的な市場変動に対して特定の投資をヘッジしようとしたことから、この名前が付いていました。しかし、今日では多くの異なる投資戦略が用いられており、その多くは「リスク・ヘッジ」をしていません。

 

1920年代の米国の強気市場では、多くの富裕投資家が利用していました。その時代の中で、今日最もよく知られているのは、ベンジャミン・グレアムと彼の長年のビジネスパートナーであった、ジェリー・ニューマンによって設立されたグラハム・ニューマン・パートナーシップといわれています。これは、ウォーレン・バフェットが初期のヘッジ・ファンドとしてアメリカ金融博物館に宛てた2006年の株主への手紙で引用しており、バフェットからの他のコメントに基づいて、ジャネット・タバコリはグレアムの投資会社を最初のヘッジ・ファンドと見なしています。

 

社会学者のアルフレッド・W・ジョーンズは「ヘッジ・ファンド」という名称を残し、1949年に初めて近代のヘッジ・ファンドの基礎となる仕組みを作ったことで知られています。ジョーンズは彼のファンドを「ヘッジされた」と呼び、当時ウォール街では金融市場の変化による投資リスクの管理を意味していました。多くの書物ではアルフレッド・W・ジョーンズをヘッジ・ファンドの始祖を記載することも多いです。(実際にヘッジファンドと呼び始めたのは雑誌記者だったといわれています。)

 

1970年代、ヘッジ・ファンドはひとつの戦略に特化し、ほとんどのファンドマネジャーはロング/ショート・エクイティ・モデルに従っていました。多くのヘッジ・ファンドは、1969-70年のリセッション (景気後退) と1973-1974年の株式市場の暴落の間、市況の下落に対応できず巨額の損失のために閉鎖しました。しかし彼らは1980年代後半の下げ相場の時にはリターンを上げ、再び注目を浴びました。

 

1980年代までは、米国-ケイマン・バミューダラインがヘッジ・ファンドの中心でしたが、1990年代以降イギリス・アイルランド・ルクセンブルクを中心に欧州でもヘッジ・ファンドが活発になってきました。その後の10年間で、ヘッジ・ファンドの戦略は拡大し、クレジット・アービトラージ、ディストレスト債、債券戦略、クオンツ戦略、マルチ・ストラテジが含まれるようになった。年金基金やファンドといった米国の機関投資家は、ポートフォリオの主要部分をヘッジ・ファンドに配分し始めました。

 

21世紀の最初の十年間に、ヘッジ・ファンドは世界中で人気を博し、2008年までに世界のヘッジ・ファンド業界は運用資産で1兆9300億米ドル(約200兆円)を保有していました(AUM=運用残高)。しかし、2007~2008年のサブプライム・リーマンショックにより、多くのヘッジ・ファンドが投資家の引き揚げを一時制限(サスペンド)し、その人気と運用残高総額はピーク時の6割ほどまで減少しました。しかし3年もたつと運用残高は回復し、2011年4月には約2兆ドルと推定され残高を回復しました。2011年2月現在、世界のヘッジ・ファンド投資の61%は機関投資家からのものです。

 

2011年6月、AUMが最も高かったヘッジ・ファンド運用会社は、ブリッジウォーター・アソシエイツ(589億ドル)、マン・グループ(392億ドル)、ポールソン&カンパニー(351億ドル)、ブレバン・ハワード(310億ドル)、オク・ジフ(294億ドル)でした。ブリジウォーター・アソシエーツの2012年3月1日現在の運用資産は700億ドルで、同年末時点で米国の大手ヘッジ・ファンド241社の合計は1兆3350億ドルだった。2012年4月、ヘッジ・ファンド業界の運用資産総額は過去最高の2兆1300億米ドルに達した。2010年半ばには、ヘッジ・ファンド業界は「レジェンド」といわれるファンド・マネージャーの全般的な衰退を経験しました。ダン・ローブ氏は、中央銀行による前例のない金融緩和で、伝統的なロング・ショートが人気を失っています。ことから、これを「ヘッジ・ファンドのキリングフフィールド(虐殺)」と呼んびました。米国株式市場の相関関係は、空売り筋には支持されなくなっっていったのです。今日のヘッジ・ファンド業界は成熟期を迎え、シタデル、エリオット、ミレニアム、ブリッジウォーターなどの大企業を中心に統合が進んでいます。新規ファンドの開設率は閉鎖率を下回っています。

 

2017年7月には、ヘッジ・ファンドの運用資産残高は過去最高の3兆1000億ドルに達しました。2018年は株式だけでなくヘッジファンドも全体的にマイナスとなり、2019年は一転して高いリターンとなった。

ヘッジファンドの運用戦略とは~どのように高いリターンを生み出すのか~

ヘッジ・ファンド戦略は大きな分類では、グローバル・マクロ、ディレクショナル、イベント・ドリブン、レラティブバリュー(相対価値)(アービトラージ=裁定取引)という四つのカテゴリーに分類されます。これらのカテゴリー内の戦略はそれぞれ特徴的なリスクとリターンの特徴を伴います。ファンドは、柔軟性、リスク管理または分散化のために、単一の戦略または複数の戦略を採用することができます。メモランダムは募集要項としても知られており、投資家にファンドの投資戦略、投資タイプ、レバレッジ制限など、ファンドの主要な側面に関する情報を提供しています。

 

ヘッジ・ファンドは通常流動性の高いものを投資対象としており、使用される金融商品には、株式、債券、先物、オプション、スワップが含まれます。戦略は、マネージャーが投資対象を選択できます。「裁量的(オポチュニスティック)・定性的」と、コンピューターシステムを利用して投資対象を選択する「システマティック・定量的」に分けられる。ファンド内の分散の度合いは様々です。。

 

ヘッジ・ファンドの戦略は「絶対収益」と表記され、「マーケット・ニュートラル」または「ディレクショナル」に分類されることがある。マーケット・ニュートラル・ファンドは、市場の変動の影響を「中和」ことによって全体的な市場パフォーマンスとの相関性が低くなりますが、ディレクショナル・ファンドは市場のトレンドや不整合を利用し、市場の変動に大きくさらされます。

 

グローバル・マクロ~ヘッジファンドの魔術師たち:ジョージ・ソロスにジュリアンロバートソン等~

グローバルマクロはジョージソロスのクオンタムファンドや、ジュリアン・ロバートソンのタイガーファンド行った、ヘッジファンドを代表する戦略です。しかしヘッジファンドの中でのシェアは急激に縮小しています。一時期は50%以上のシェアを誇りましたが、現在は10%を切るシェアと言われています。

グローバル・マクロ投資戦略を採用しているヘッジ・ファンドは、リスク調整後のリターンを生み出すために、世界的なマクロ経済イベントを見越して、株式、債券、為替市場でレバレッジを利用してかなりのポジションを取っています。グローバル・マクロ・ファンド・マネージャーは、グローバルな市場イベントとトレンドに基づくマクロ経済分析を用いて、予想される価格変動から利益を得る投資機会を特定します。グローバル・マクロ戦略には大きな柔軟性がある(複数の市場における多様な投資において、レバレッジを活用して大きなポジションを占めることができるため)が、リスク調整後の魅力的なリターンを生み出すためには、戦略を実行するタイミングが重要です。グローバル・マクロは、ディレクショナル(方向性)投資戦略として分類されることが多いです。

グローバル・マクロ戦略は、裁量的アプローチと体系的アプローチに分けることができます。裁量取引は、投資対象を特定し、選択する投資マネージャーによって行われる一方、システマティック・トレーディングは数学的モデルに基づいており、ソフトウェアのプログラミングやアップデート以外には人間の関与は限られています。これらの戦略は、ファンドが長期または短期の市場トレンドから利益を得ようとするか、トレンドの反転から利益を得ようとするかによって、トレンド・アプローチとカウンター・トレンド・アプローチに分けることもできます。

グローバル・マクロ戦略の中には、ファンドが多様な市場で取引を行う「系統的多角化」や、ファンドが通貨市場やその他のセクターに特化して取引を行うセクター・スペシャリスト「システマティック・通貨」といったサブ戦略もああります。他のサブ戦略には、ファンドが商品市場またはスワップで先物取引(またはオプション)を行う、商品取引アドバイザー(CTAs)が採用するものが含まれます。これは「マネージドフューチャーズ」とも呼ばれます。CTAは、商品(金など)と株価指数を含む金融商品の取引です。

ディレクショナル(方向性・市場リスクを利用)~ヘッジファンドの王道戦略~

方向性投資戦略は、さまざまな市場で株式を選択するときに、市場の動き、トレンド、または不一致を使用します。コンピューター・モデルを使用することも、ファンド・マネージャーが投資対象を特定して選択することもできます。これらのタイプの戦略は、市場中立戦略よりも市場全体の変動に大きくさらされる。ディレクショナルのヘッジ・ファンド戦略には、米国および国際的なロング/ショート・エクイティのヘッジ・ファンドが含まれており、株式または株式インデックス・オプションの空売りによってロング・エクイティ・ポジションをヘッジしています。

ディレクショナル(方向性)戦略の中には、いくつかのサブとなる戦略があります。「新興市場」ファンドは、中国やインドなどの新興市場に焦点を当てています。一方、「セクター・ファンド」ファンドは、テクノロジー、ヘルスケア、バイオテクノロジー、医薬品、エネルギー、基礎素材などの特定分野を専門としています。「ファンダメンタルグロース」戦略を採用するファンドは、株式市場全体や関連セクターよりも収益成長率の高い企業に投資し、「ファンダメンタルバリュー」戦略を採用するファンドは、過小評価されています。企業に投資する。株式取引に定量的および財務的シグナル処理技法を使用するファンドは、「クオンツ・ディレクショナル」戦略を使用するものとして記載される。:「ショート・バイアス」戦略を用います。ファンドは、ショート・ポジションを利用して株価の下落を利用します。

 

イベント・ドリブン戦略~時に高いリターンを生み出すヘッジファンドの怪物~

 

イベント・ドリブン型戦略は、基礎となる投資機会とリスクがイベントに関連付けられています。イベント・ドリブン型の投資戦略では、整理統合、買収、資本再構成、倒産、清算などの企業の取引イベントに投資機会を見出します。ヘッジファンドマネージャーは、そのような事態の前後の市場における評価の不整合を利用し、問題となっています。証券または証券の予測される動きに基づいてポジションをとる。ヘッジ・ファンドなどの大規模機関投資家は、投資機会のために企業の取引イベントを分析するための専門知識とリソースを持っています。ため、伝統的な株式投資家よりもイベント・ドリブン型の投資戦略を追求する可能性が高くなります。

企業の取引イベントは、一般的に、破綻証券、リスク・アービトラージ、特殊な状況という3つのカテゴリーに分類されます。ディストレスト証券には、事業再編、資本再構成、倒産などの事象が含まれます。ディストレスト証券投資戦略は、破産または深刻な財務的破綻に直面しています。企業の債券またはローンに投資することを含み、これらの債券またはローンは、それらの価値に割引して取引されています。ディストレスト債投資戦略を追求するヘッジ・ファンド・マネージャーは、低迷する債券価格を活用することを目指しています。ヘッジ・ファンドが不良債権を買い入れることは、銀行による差し押さえを阻止することになるため、これらの企業の倒産を防ぐ可能性がある。イベント・ドリブン型の一般的な投資は強気相場のときに成功する傾向があるが、ディストレスト型の投資は弱気相場のときに最もうまくいくと考えられています。

リスク・アービトラージまたは合併アービトラージには、合併、買収、清算、敵対的買収などのイベントが含まれます。リスク・アービトラージは通常、買収価格と株価の間の市場の相違を利用するために、2つ以上の合併会社の株式を売買することを伴います。リスク要素は、合併または買収が計画通りに進まない可能性から生じる。ヘッジ・ファンドの運用担当者は、この出来事が起こるかどうかを判断するために調査と分析を行う。アービトラージにリスクとつくのは、通常の理論的な価格による裁定に比べ、買収の可否によるところが大きく「不完全」なアービトラージのためといわれています。

企業のイベントとは、会社の再構築や、スピンオフ、株式買戻し、証券発行/買戻し、資産売却、その他の触媒的状況を含む企業取引など、企業の株式の価値に影響を与える事象です。特別な状況を利用するために、ヘッジ・ファンド・マネージャーは、会社の株式および株式関連商品の価値を増減するであろう次のイベントを特定しなければなりません。

その他のイベント・ドリブン型戦略には、企業の債券に焦点を当てたクレジット・アービトラージ戦略がある。ファンドが企業の中で大きな地位を占め、経営に参加するために所有権を利用する積極的な戦略や新薬の最終承認予測に基づく戦略、また、大規模な訴訟を扱う企業に特化した訴訟戦略もあります。

リラティブバリュー(相対価値)戦略~ヘッジファンドが生み出した全く新しい運用手法~

相対的価値裁定戦略は、証券間の相対的価格差を利用します。価格の不一致は、関連する有価証券、原証券または市場全体と比較して有価証券の価格が誤っているために発生する可能性があります。ヘッジ・ファンド・マネージャーは、数学的手法、技術的手法、ファンダメンタル手法を含む様々なタイプの分析を用いて、証券の価格差を特定することができます。相対的価値は、マーケット・ニュートラルの同義語としてしばしば用いられる。このカテゴリーの戦略は、一般に市場全体に対して方向性のある市場エクスポージャーをほとんど、あるいは全く持たないからです。。その他の相対価値戦略には次のものがあります。

主な最低戦略
債券アービトラージ 関連する債券間の価格の非効率性を利用する。
株式市場のマーケット・ニュートラル戦略 同じセクター、産業、市場の資本化、国の中で株式のロングとショートを行うことによって株価の違いを利用し、また、より広い市場の要因に対するヘッジを作成する。
転換アービトラージ 転換証券とそれに対応する株式との間の価格の非効率性を利用する。
資産担保証券 資産担保証券を用いた債券アービトラージ戦略。
クレジットロング/ショート ロング/ショート株式と同じですが、株式市場ではなくクレジット市場で。
統計的アービトラージ 数理モデル手法を用いた証券間の価格設定の非効率性の特定
ボラティリティアービトラージ 価格の変化ではなく、ボラティリティの変化を利用する。
います。ド・オルタナティブ 価格ではなく利回りをベースとする非債券アービトラージ戦略。
規制裁定 2つ以上の市場間の規制上の相違を利用する。
リスクアービトラージ 取得価格と株価の間の市場の不一致を利用する

 

 

最新ヘッジファンドランキング(運用残高)

■ヘッジファンドランキングです

 

合同会社系の謎のランキングと異なりこちらは運用残高でのランキングとなっています。

ランキング ヘッジファンド名 運用残高」
1 ブリッジウォーター・アソシエイツ 14.53兆円
2 ルネッサンス・テクノロジー 7.48兆円
3 マングループ 6.82兆円
4 AQRキャピタル・マネジメント 6.69兆円
5 2シグマキャピタル 4.72兆円
6 ミレニアム管理 4.27兆円
7 エリオット・マネジメント 4.15兆円
8 ブラックロック 3.62兆円
9 シタデル 3.55兆円
10 デビッドソン・ケンプナー・キャピタル・マネジメント 3.40兆円
11 バイキンググローバル・インベスターズ 3.30兆円
12 バウポスト・グループ 3.18兆円
13 D.E.ショー。 3.15兆円
14 ファラロン・キャピタル 3.04兆円
15 マーシャル・ウェイス 2.98兆円
16 チルドレンズ・インベストメント・ファンド・マネジメント 2.98兆円
17 ウェリントン・マネジメント・カンパニー 2.42兆円
18 ウィントングループ 2.43兆円
19 カピュラ・インベストメント・マネジメント 2.18兆円
20 ヨーク・キャピタル・マネジメント 2.04兆円

 

ヘッジファンドのリスク~リスクを知らずに投資することなかれ~

すでに大量の株式や債券を保有しています。投資家にとって、ヘッジ・ファンドへの投資は分散投資となり、ポートフォリオ全体のリスクを低下させる可能性があります。ヘッジ・ファンドのマネージャーは、市場リスクを軽減することを目的に、特定のトレーディング戦略やトレーディング商品を用いて、投資家が望むリスク水準に見合ったリスク調整後のリターンを生み出します。ヘッジ・ファンドは理想的には、市場インデックスとは比較的相関のないリターンを生み出します。「ヘッジ」は投資のリスクを軽減する方法ではありますが、ヘッジ・ファンドは他のすべての投資タイプと同様に、リスクと無縁なわけではありません。ヘネシー・グループの報告によると、ヘッジ・ファンドは1993年から2010年の間、S&P500より価格変動率(リスク)が33%低かったと報告されています。

 

ヘッジ・ファンドは、流動性リスクやマネージャー・リスクなど、他の投資クラスと同じ種類のリスクの多くを共有しています。流動性とは、資産の売買や換金が可能な程度をいう。プライベート・エクイティ・ファンドと同様に、ヘッジ・ファンドは投資家が資金を回収できません。ロックアップ期間を設けています。「運用リスク」 とは、ファンドの運用から生じるリスクを言います。マネージャーのリスク・ファクターには、特定の専門分野から離れたファンド・マネージャー「戦略変更」を指すスタいます。・ドリフトなどの特定のリスクに加えて、評価リスク、キャパシティ・リスク、集中リスク、レバレッジ・リスクが含まれます。

 

評価リスクとは、投資対象の基準価額(NAV)が不正確になるおそれがあることをいいます。ある特定の戦略に多額の資金を投入しすぎると、ファンドのパフォーマンスが低下する可能性があるため、キャパシティ・リスクが生じる可能性がある;ファンドが特定の投資、セクター、トレーディング戦略、相関のあるファンドのグループに対してあまりにも多くのエクスポージャーを持つ場合には、集中リスクが生じる可能性がある。これらのリスクは、利益相反に対する明確なコントロール、資金配分の制限、戦略のエクスポージャー制限によって管理することができます。。

 

多くの投資ファンドは、レバレッジ、資金の借り入れ、信用取引、またはデリバティブを利用して、投資家の資本が提供する市場エクスポージャーを上回る市場エクスポージャー(ポジション)を取得しています。。レバレッジは潜在的なリターンを高める可能性があるが、より大きな利益を得る機会と、より大きな損失を被る可能性とを比較考量する。レバレッジを使用するヘッジ・ファンドは、広範なリスク管理業務に従事する可能性が高い。ヘッジ・ファンドのレバレッジは投資銀行に比べて相対的に低い;National Bureau of Economic Researchのワーキングペーパーによると、投資銀行の平均レバレッジは14.2です。のに対し、ヘッジ・ファンドの平均レバレッジは1.5から2.5です。

ヘッジ・ファンドなど一部のファンドは、投資家やファンドマネージャーのリスク許容度を前提に、リターンの最大化を意図したリスク選好度が高いと考えられる。ファンドに自己資本が投資されると、マネージャーはリスクの監視を強化する追加的なインセンティブを持つことになります。

ヘッジファンドのリスク管理

 

ヘッジ・ファンドの投資家は、多くの国で投資リスクを認識し、リスクに対するリターンの可能性を考慮し、リスクを受容することを前提とした適格投資家です。ことが求められています。。ファンド・マネージャーは、ファンドおよび投資家を保護するために、広範なリスク管理戦略を採用する場合がある。フィナンシャル・タイムズ紙によると、「大手ヘッジ・ファンドは、資産運用において最も洗練された厳格なリスク管理手法を採用しています。。」とされています。ヘッジ・ファンド・マネージャーは、短期的に多くのポジションを保有しています。ため、特に包括的なリスク管理体制が整備されています。可能性が高く、リスクを評価・管理しています。が、トレーディングには関与していない独立したリスク管理者を持つことが一般的となっています。。ファンドのレバレッジ、流動性、投資戦略に応じて、さまざまな計測手法やモデルを用いてリスクを推計しています。。リターンの非正規性、ボラティリティ・クラスタリング、トレンドは、従来のリスク計測方法論では必ずしも説明されていないため、バリュー・アット・リスクや同様の計測に加えて、ドローダウンなどの統合された計測方法を用います。ことができます。

 

投資家は、投資から生じる可能性のある市場関連リスクを評価することに加えて、通常、運用デュー・ディリジェンスを用いて、ヘッジ・ファンドにおけるエラーや詐欺が投資家に損失をもたらすリスクを評価する。ヘッジ・ファンド・マネージャーの組織と運営、投資戦略が持続可能です。かどうか、ファンドの企業としての発展能力などが考慮される。

 

透明性と規制上の考慮事項

ヘッジ・ファンドは民間企業であり、公開要件がほとんどないため、透明性の欠如と受け取られることがある。ヘッジ・ファンドに共通するもう1つの認識は、ヘッジ・ファンドの運用者は他の金融投資運用者ほど規制上の監督や登録の必要性にさらされておらず、スタいます。・ドリフト、不完全な運用、詐欺などの運用者特有のリスクにさらされやすいということです。。2010年に米国とEUで導入された新しい規制では、ヘッジ・ファンド・マネージャーはより多くの情報を報告する必要があり、透明性が向上しました。加えて、投資家、特に機関投資家は、内部慣行と外部規制の両方を通じて、ヘッジ・ファンドのリスク管理のさらなる発展を促しています。。機関投資家の影響力の増大は、透明性の向上につながっています。。ヘッジ・ファンドは、評価方法、ポジション、レバレッジ・エクスポージャーなどの情報を投資家に提供することが多くなっています。。

ヘッジ・ファンドに支払う手数料及び報酬

ヘッジ・ファンドの運用会社は通常、運用報酬と成功報酬の両方をファンドに請求します

運用報酬はファンドの基準価額に対する割合で計算され、通常年率1%から4%の範囲で計算され、2%が標準となります。通常は年利で表されますが、毎月または四半期ごとに計算されて支払われます。ヘッジ・ファンドの運用報酬は運用会社の運用コストをカバーするものです。が、運用報酬は運用会社の利益を提供するものです。。しかし、規模の経済のために、より大きなファンドからの運用報酬は運用者の利益のかなりの部分を生み出すことができ、その結果、いくつかの報酬は、カルパースのようないくつかの公的年金基金から高すぎると批判されています。

 

通常、成功報酬はファンドの利益の20%です。が、運用報酬の範囲は10%から50%です。。成功報酬は、経営者が利益を生み出すインセンティブを提供することを意図しています。。バフェット氏は、ヘッジ・ファンドは損失ではなく利益のみを共有しています。ため、このような手数料はリスクの高い投資運用のインセンティブになると考えています。。信用収縮が始まって以来、成功報酬は下がっています。

 

ほとんどすべてのヘッジ・ファンドの運用報酬には「ハイウォーターマーク」(または「繰越欠損金」)が含まれており、これは運用報酬が純利益(すなわち、過年度の損失が回復した後の利益)にのみ適用されることを意味する。これにより、運用者は、大きな損失を被ったファンドを閉鎖して新しいファンドを立ち上げることがあるが、何年にもわたって損失を取り戻そうとする場合には、パフォーマンス・フィーが発生しない。

 

一部の運用報酬には「ハードル」が含まれており、ベンチマーク・レート(例:LIBOR)または固定比率を超えた運用報酬のみが支払われます。このハードルは通常、Liborや1年物国債金利プラススプレッドなどの基準金利に連動しています。。「柔らかい」ハードルとは、ハードル・レートがクリアされた場合、ファンドのすべてのリターンに対してパフォーマンス・フィーが計算されることを意味する。「ハード」ハードルは、ハードル・レートより上のリターンについてのみ計算される。例えば、マネージャーはハードル・レートを5%に設定し、ファンドは15%のリターンを得た場合、インセンティブ・フィーはハードル・レートの上の10%にしか適用されない。ハードルとは、ファンドが他の場所に投資した場合に投資家が受け取るはずのリターンを上回るリターンを生み出した場合にのみ、運用会社に報酬が与えられるようにすることです。

 

一部のヘッジ・ファンドでは、一定期間(通常1年)の中途解約や、解約額が当初の投資額の一定割合を超える場合に、解約手数料(又は引出し手数料)を徴収しています。。この手数料の目的は、短期投資を抑制し、回転率を低下させ、業績が低迷した後の撤退を阻止することです。。償還金は、運用報酬や運用報酬とは異なり、ファンドが保有する。

ファンド構造

ヘッジ・ファンドは、オフショア企業、リミテッド・パートナーシップ、またはリミテッド・ライアビリティー・カンパニーとして構成されることが最も多い投資ビークルです。ファンドは、法的および財務的にヘッジ・ファンドおよびその資産のポートフォリオとは異なる組織または会社の形で投資マネージャーによって管理されています。。多くの運用担当者は、運用サポートのためにサービス・プロバイダを利用する。サービス・プロバイダーには、プライム・ブローカー、銀行、管理者、流通業者、会計事務所が含まれます。ファンド構造がきちんと整備されていないヘッジファンドに投資をすることは非常にリスクが高いといえます。

プライム・ブローカー

プライム・ブローカーは取引を清算し、レバレッジと短期融資を提供する。通常は大手投資銀行の部門です。プライム・ブローカーは、デリバティブ契約の相手方として機能し、長短株式や転換社債の裁定取引など特定の投資戦略のために証券を貸し出す。ファンドの資産の保管サービス、ヘッジ・ファンド・マネージャーの実行・清算サービスを提供することができます。。

アドミニストレーター(事務管理会社)

ヘッジ・ファンドの事務管理会社は通常、評価サービスを担当し、多くの場合、運用と会計を担当しています。。

 

現在の市場価格での有価証券の価格付け、ファンドの収益および費用の発生の計算を含む、管理者による純資産価値(「NAV」)の計算は、投資家がファンドの株式を売買する価格です。ため、事務管理会社の中核的なタスクです。事務管理会社による正確でタイムリーなNAVの計算は極めて重要です。。アンワル対フェアフいます。ド・グリニッジ事件(SDNY2015 (航空機))は、NAV関連の義務を適切に処理しなかったことに対するファンド管理者の責任に関する主要な事件です。。そこで、ヘッジ・ファンドの事務管理会社と他の被告は、2016年にアンワルの投資家です。原告に2億3500万ドルを支払うことで和解しました。

 

事務管理会社のバックオフィス・サポートにより、ファンド・マネージャーは取引に集中することができます。。また、事務管理会社は、申し込みと解約を処理し、さまざまな株主サービスを実行する。欧州と異なり米国のヘッジ・ファンドは事務管理会社を選任する必要はなく、これらの機能はすべて運用会社が行うことができます。。この仕組みでは、特にファンドの純資産価値の計算において、多くの利益相反の状況が生じる可能性がある。ただし一部のファンドでは外部監査人を採用しています。ため、透明性が高いことは間違いない。

 

ディストリビュータ(販売・仲介業者)

ディストリビューターとは、証券の販売に参加する引受人、ブローカー、ディーラー、またはその他の者です。。販売代理店は、潜在的な投資家へのファンドのマーケティングも担当する。多くのヘッジ・ファンドはディストリビューターを持たず、そのような場合、投資マネージャーが証券の販売とマーケティングを担当することになるが、多くのファンドはまた、販売のためにプレイスメント代理店とブローカー・ディーラーを使用する。

監査役

ほとんどのファンドは、独立した会計事務所を使用して、ファンドの資産の監査、税務サービスの提供、およびファンドの財務諸表の完全な監査を行っています。。年度末の監査は、多くの場合、当ファンドが設立された国で実施されています。会計基準、米国会計基準または国際財務報告基準(IFRS)に従って実施されます。監査人は、ファンドの純資産価額および運用資産(AUM)を検証することができます。一部の監査人は「NAVライト」サービスのみを提供しています。。つまり、評価は独立した評価ではなく、マネージャーから受け取った価格に基づいて行われる。

 

登記地及び課税

特定のヘッジ・ファンドの法的構造、特にその住所と使用されています。法的エンティティのタイプは、通常、ファンドの投資家の期待課税によって決定されます。規制上の考慮事項も役割を果たす。多くのヘッジ・ファンドは、外国人投資家や非課税投資家への悪影響を避けるため、海外の金融センターに設立されています。。米国に投資するオフショア・ファンドは通常、特定の種類の投資収益に対して源泉徴収税を支払うが、米国のキャピタルゲイン税は支払わない。ただし、当ファンドの投資家は、投資価値の増加に伴い、当該投資家の居住地域において課税されます。この課税上の取扱いは、複数の国・地域が投資家に課税する可能性を制限することにより、国境を越えた投資を促進する。

 

米国の非課税投資家(年金制度や養老保険など)は、主にオフショア・ヘッジ・ファンドに投資し、非課税の地位を維持し、関連のない事業課税所得を回避しています。。通常、主要な金融センターに拠点を置く投資運用会社は、その所在する州および国の税法に従って、運用報酬に対して税金を支払います。2011年には、既存のヘッジ・ファンドの半数がオフショア、半数がオンショアに登録された。ケイマン諸島は海外ファンドの中心地で、世界のヘッジ・ファンド全体の34%を占めています。。米国が24%、ルクセンブルクが10%、アいます。ランドが7%、英領バージン諸島が6%、バミューダが3%だった。

 

バスケット・オプション

 

ドイツ銀行とバークレイズは、ヘッジ・ファンド顧客のために銀行名で特別オプション勘定を設け、資産を所有しています。と主張したが、実際にはヘッジ・ファンド顧客が資産を完全にコントロールし、利益を得ていた。その後、ヘッジ・ファンドは取引を実行するが (多くは数秒のデュレーション) 、オプションを行使するために1年が経過するのを待って、より低い長期キャピタルゲイン税率で利益を報告できます。ようにする。

 

カール・レビンが議長を務める米国上院の調査に関する常設小委員会は、2014年の報告書を発表し、ヘッジ・ファンドが1998年から2013年にかけてバスケット・オプションを利用して数十億ドルの税金を回避したことを明らかにしました。米内国歳入庁 (IRS) は2009年にルネッサンス・テクノロジー社の調査を開始したが、レビン氏はIRSが同社を調査するのに6年間かかったと批判しました。ルネッサンスはバスケット・オプションの使用をにより「過去十年間で60億ドル以上の税金」避けたとされる。

投資マネージャーの拠点

ファンド自体とは対照的に、投資マネジャーは主にオンショアに配置されています。。米国は依然として最大の投資拠点であり、2011年末時点で世界資産の約70%を米国系ファンドが運用しており、2012年4月時点で、証券取引委員会に登録されたプライベート・ヘッジ・ファンドの運用を担当する投資アドバイザーは約3,990人に達しています。。ニューヨーク市とコネチカット州のゴールドコースト地区は、米国のヘッジ・ファンド・マネージャーにとって主要な拠点です。

 

ロンドンは欧州におけるヘッジ・ファンド・マネージャーの中心地だったが、ブレグジット動議以降、ロンドンを拠点としていたヘッジ・ファンドの一部はフランクフルト、ルクセンブルク、パリ、ダブリンなど他の欧州金融センターに移転し、他のヘッジ・ファンドは欧州本社をニューヨークに戻しました。EU離脱前のユーロヘッジのデータによると、2011年には英国に所在する約800のファンドが欧州系ヘッジ・ファンド資産の85%を運用しており、アジアのヘッジ・ファンドへの関心は2003年以降、特に日本、香港、シンガポールで大きく高まっています。。ブレグジット後も、欧米はアジアのヘッジ・ファンド資産運用の主要拠点であり続けています。。

法的主体

ヘッジ・ファンドの法的構造は、所在地と投資家によって異なる。米国を拠点とする課税対象投資家を対象とする米国のヘッジ・ファンドは、通常、リミテッド・パートナーシップまたはリミテッド・ライアビリティー・カンパニーとして構成されています。。リミテッド・パートナーシップやその他のフロースルー課税の仕組みにより、ヘッジ・ファンドの投資家は企業レベルと個人レベルの両方の課税を受けないことが保証されています。。リミテッド・パートナーシップとして構築されたヘッジ・ファンドは、ジェネラル・パートナーを持たなければならない。無限責任組合員は、個人又は法人とすることができます。。無限責任社員は、有限責任組合の支配人となり、無限責任を負う。リミテッド・パートナーはファンドの投資家としての役割を果たし、運用や投資に関する意思決定に責任を持ちません。彼らの責任は、パートナーシップの利益のために投資する金額に限定される。リミテッド・パートナーシップ契約に代わるものとして、米国国内のヘッジ・ファンドはリミテッド・ライアビリティー・カンパニーとして構成され、メンバーは法人株主として行動し、個人の負債から保護される。

 

これとは対照的に、オフショア企業ファンドは通常、米国以外の投資家のために使用され、適用されるオフショア租税回避地に居住する場合には、事業税は課されない。オフショア投資信託の運用者の多くは、年金基金、機関投資信託、慈善信託など、非課税の米国投資家の参加を認めています。。代替的な法的構造として、オフショア・ファンドは、非法人型投資信託構造を使用したオープンエンド型ユニット・トラストとして形成することができます。。日本の投資家は、ケイマン諸島などのユニット・トラストへの投資を好む。

 

ヘッジ・ファンドを構成する投資マネージャーは、リミテッド・パートナーシップの無限責任パートナーまたはコーポレート・ファンドの「設立者株式」の保有者としてファンドの持分を保有することができます。法人として設立されたオフショア・ファンドについては、ファンドは取締役会を任命することができます。。取締役会の主な役割は、株主の利益を代表しながら、監督の層を提供することです。。しかし、実際には、取締役会のメンバーは、その職務を効果的に遂行するための十分な専門知識を欠いています。可能性がある。取締役会には、ファンドの従業員です。関連取締役とファンドとの関係が限定されています。独立取締役の両方を含めることができます。

ファンドの種類

オープン・エンド型ヘッジ・ファンドは引き続き新規投資家向けに株式を発行し、各株式の純資産価値(「NAV」)での定期的な引出しを可能にしています。。
クローズドエンド型ヘッジ・ファンドは、当初、限られた数の売買可能株式を発行する。
上場ヘッジ・ファンドの株式はアいます。ランド証券取引所などの証券取引所で取引されており、非認定投資家が購入する場合もある。

サイドポケット

サイドポケットとは、流動性が比較的低い資産や信頼性の高い評価が困難な資産をファンドが区分する仕組みです。。サイドポケット投資の場合、その価値はファンドの主要ポートフォリオの価値とは別に計算される。サイドポケットは流動性の低い投資を行うため、投資家はファンドのメイン・ポートフォリオに対して行うサイドポケット投資について、標準的な償還権を有していません。投資の損益は、サイドポケットに投資された時点で投資家であり、新規投資家と共有されていない投資家のみに按分される。ファンドは通常、運用報酬の計算および基準価額の報告を目的として、サイドポケット資産「原価で」を保有しています。。これにより、ファンド・マネージャーは、常に容易に入手可能な市場価値を有するとは限らない原投資の評価を試みることを避けることができます。。

 

規制

ヘッジ・ファンドは、それぞれの地域の国、連邦、州の規制法に従う必要がある。ヘッジ・ファンドに適用される米国の規制や規制は、投資信託に適用されるものとは異なる。投資信託は、ヘッジ・ファンドなどのプライベート・ファンドとは異なり、1940年投資会社法の適用を受ける。証券監督者国際機構の報告書によると、最も一般的な規制の形態は、顧客の不正行為を最小限に抑えるための、ファイナンシャル・アドバイザーやヘッジ・ファンド・マネージャーに対する規制です。。一方、米国のヘッジ・ファンドは、認可された投資家のみを受け入れるため、多くの標準的な登録・報告要件から免除されています。。2010年、米国および欧州連合で規制が制定され、ヘッジ・ファンドの報告義務が追加されました。これには、米国のドッド・フランク・ウォール街改革法や欧州代替投資ファンド・マネージャー指令が含まれます。

 

2007年には、自主規制に取り組むべく、大手ヘッジ・ファンド・マネージャー14人がベストプラクティスに基づく自主的な国際基準を策定しました。これはヘッジ・ファンド業界における「透明性、インテグリティ、グッド・ガバナンスの枠組み」を構築するために策定されたヘッジ・ファンド基準として知られています。ヘッジ・ファンド基準審議会は、これらの基準を今後も迅速に維持するために設置され、2016年までに約200人のヘッジ・ファンド・マネージャーや機関投資家 (3兆米ドル相当) がこの基準を支持しました。

 

アメリカ合衆国のヘッジファンド規制

米国内のヘッジ・ファンドは、規制、報告、記録管理の要件に従っています。。また、多くのヘッジ・ファンドは、商品先物取引委員会の管轄下にあり、詐欺や操作を禁止する1922年商品取引所法の規則と規定の対象となっています。。1933年証券法では、企業が有価証券を一般に提供する前に、私募ルールを遵守するための登録届出書をSECに提出することを義務付けていた。1934年の証券取引法では、499人以上の投資家を持つファンドにSECへの登録を義務付けていましたが、1940年の投資顧問法には、ヘッジ・ファンドのマネージャーとアドバイザーを規制し、投資家の数と種類に制限を設け、公募を禁止する詐欺防止条項が含まれていました。また同法は、ヘッジ・ファンドが最低500万米ドルの投資資産を持つ認定投資家に販売する際に、SECへの登録義務を免除しています。。投資資産が2500万米ドル以上の企業や機関投資家も適格とされました。

 

2004年12月、SECは、2500万米ドル以上を運用し、14人以上の投資家を有するヘッジ・ファンド顧問に対し、投資顧問法に基づきSECへの登録を義務付け始めた。SECは、急成長するヘッジ・ファンド業界に対する規制体制の進化の一環として、ヘッジ・ファンドの監視に「リスクベースのアプローチ」を採用しています。と述べた。この新しい規則は議論の的となり、2人の理事が反対し、その後、ヘッジ・ファンドのマネージャーが法廷で異議を申し立てた。2006年6月、コロンビア特別区連邦控訴裁判所はこの規則を破棄し、FDAに差し戻して審査を求めた。裁判所の判決を受けて、2007年にSECは規則206 (4) -8を採択しました。この規則は、先に異議申し立てのあった規則とは異なり、「追加的な提出、報告、開示義務を課さない」が、過失行為又は詐欺行為については「強制行動のリスク」を増加させる可能性がある。1億米ドル以上の資産を運用しています。ヘッジ・ファンド・マネージャーは、登録された持分証券の所有権を開示する四半期報告書を公表することが義務付けられており、登録された持分証券の5%以上を所有しています。場合は、公表の対象となります。登録アドバイザーは、自らのビジネス慣行および懲戒歴をSECおよび投資家に報告する必要がある。コンプライアンス担当者は、コンプライアンスに関するポリシーを文書化する必要がある。また、チーフ・コンプライアンス・オフィサーが必要であり、その記録と慣行はSECによって検証されます。

 

米国の金融規制改革法 (ドッド・フランク法) は2010年7月に成立し、1億5000万米ドル以上の資産を持つ私募ファンドを運用するアドバイザーのSECへの登録を義務付けています。。登録されたマネジャーは、運用資産およびトレーディング・ポジションに関する情報とともに、Form ADVをSECに提出しなければならない。これまでは、顧客数が15人未満のアドバイザーは除外されていたが、ヘッジ・ファンドのアドバイザーの多くは、機関投資家を満足させるためにSECに自発的に登録しました。ドッド・フランク法では、運用資産が1億米ドル未満の投資アドバイザーが州の規制の対象となった。これにより、国の監督下にあるヘッジ・ファンドの数が増加しました。2500万米ドル以上を運用しています。海外アドバイザーもSECへの登録が義務付けられており、同法はヘッジ・ファンドに対し、新たに設立された金融安定監督委員会を含む規制当局に取引やポートフォリオに関する情報を提供するよう求めています。。この点に関して、ほとんどのヘッジ・ファンドおよびプライベート・エクイティ・ファンドを含むその他のプライベート・ファンドは、ファンドの活動やポジションに関する実質的なデータを含む広範な報告フォームです。フォームPFをSECに提出しなければならない。また、「ボルカー・ルール」では、規制当局は、銀行、関連会社、持株会社がヘッジ・ファンドとの関係を制限し、自己勘定取引を禁止し、ヘッジ・ファンドへの投資やスポンサーを制限する規制を実施することが求められています。

 

 

欧州のヘッジファンド規制

欧州連合(欧州連合)では、ヘッジ・ファンドは主にマネージャーを通じて規制されています。。英国では、欧州のヘッジ・ファンドの80%が拠点としており、ヘッジ・ファンドマネージャーはFCA(FCA)の認可と規制を受ける必要がある。ヘッジ・ファンドについては、ポルトガルにおけるデリバティブの利用規制やフランスにおけるレバレッジ制限など、各国独自の規制があります。

 

EUでは、運用会社は、代替投資ファンド運用会社に関するEU指令(AIFMD)の対象となっています。。EUによると、この指令の目的は、代替投資ファンドの監視と管理を強化することです。AIFMDは、EUのすべてのヘッジ・ファンド・マネージャーに対し、各国の規制当局に登録し、より頻繁に情報を開示するよう求めています。。また、ヘッジ・ファンド・マネージャーに対して、より多くの資本を保有するよう指示しています。。また、AIFMDでは、EU域内の一国で運用が認められています。ヘッジ・ファンドを対象とした「パスポート」を導入し、欧州域内のマネージャーのみならず、欧州の投資家に販売する非EUマネージャーも対象としています。AIFMDがヘッジ・ファンド業界で確立された慣行に挑戦しています。一面は、ボーナスの据え置きとクローバック条項による報酬制限の可能性です。

 

その他の地域のヘッジファンド規制

一部のヘッジ・ファンドは、ケイマン諸島、ダブリン、ルクセンブルグ、英領バージン諸島、バミューダなどのオフショアセンターに設立されています。。これらのオフショアセンターは、認可されていない投資家、顧客の守秘義務、ファンドマネージャーの独立性に関して異なる規制を有しています。

南アフリカでは、投資ファンドマネージャーは、金融サービス委員会(FSB)による承認と登録を受けなければなりません。

 

透明性

ヘッジ・ファンドは、ほとんどの直接的な規制(管理者は規制されています。かもしれないが)を回避するように構成されており、投資家が一般的に開示義務の対象となっています。場合を除き、投資活動を公表することを義務付けられていない。これは、規制された投資信託や上場投資信託とは対照的であり、一般的に開示のための規制要件を満たさなければならない。ヘッジ・ファンドの投資家は通常、ファンドの投資アドバイザーに直接アクセスすることができ、個人投資ファンドの投資家よりも個別化された報告を受けることができます。。これには、引き受けたリスクと重要なポジションの詳細な議論が含まれる。しかし、このような高いレベルの情報開示は、非投資家には利用できず、ヘッジ・ファンドの秘密主義の評判に貢献しています。一方、一部のヘッジ・ファンドは投資家に対してさえ透明性が非常に限られています。

 

ファンドは、追加の投資家を募集するために、いくつかの情報を報告することを選択することができます。。統合データベースで使用可能なデータの多くは、自己報告型であり、検証されていません。ヘッジ・ファンドのデータを含む2つの主要なデータベースについて調査を行った。この研究では、465の共通ファンドで報告された情報に有意差があり(例えば、リターン、開始日、純資産価値、報奨金、運用報酬、投資スタいます。など。)、収益率の5%と純資産価額の5%に劇的な差があることが示されました。このような制限があるため、投資家は独自の調査を行う必要があります。

 

 

投資家や独立監査人による財務書類の検証の欠如は、場合によっては詐欺を助長しています。。2000年代半ばには、International Management AssociatesのKirk Wright氏が、郵便詐欺やその他の証券違反で告発され、顧客から1億8000万米ドル近くをだまし取ったとされています。。2008年12月、バーナード・マドフはヘッジ・ファンドに酷似した500億米ドルのポンジ・スキームを運用していたとして逮捕された。複数のフィーダー・ヘッジ・ファンドが資金を投入したが、その中で最大のファンドはFairfield Sentryであった。マドフ事件を受けて、SECは2009年12月、ヘッジ・ファンドに監査を義務付ける改革案を採択しました。

 

 

ヘッジ・ファンドを投資家にマッチングさせるプロセスは、伝統的にかなり不透明であり、投資はしばしば個人的なコネやポートフォリオ・マネージャーの推奨によって行われてきた。多くのファンドは、保有銘柄、戦略、過去のパフォーマンスを市場インデックスと比較して開示しており、投資家に資金がどのように配分されています。かをある程度理解させています。が、個々の保有銘柄はしばしば開示されていない。投資家は、大きなリターンを実現したり、市場のボラティリティに対するヘッジを行ったりする可能性があることから、しばしばヘッジ・ファンドに引き寄せられる。ヘッジ・ファンドの複雑さと手数料が市場から撤退する動きも出てきています。。アメリカ最大の年金基金です。カルパースは、2014年にヘッジ・ファンドから完全に撤退する計画を発表しました。

 

関連ヘッジファンド記事

 

史上最高成績のヘッジファンドルネッサンス・テクノロジーとは

レイ・ダリオ率いる世界一のヘッジファンド、ブリッジウォーターとは

 

 

 

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG