専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

ヘッジファンド業界のトレンド2020年

毎年、Agecroft Partnersは、2,000を超える機関投資家と数百のヘッジファンド組織とのコンタクトを通じて、ヘッジファンド業界のトップトレンドを予測している。ヘッジファンド業界はダイナミックであり、マネジャーも投資家も、起こりうる変化を予測し、それに備えることで利益を得ることができる。業界とともに効果的に進化できる企業は成功の可能性を高めるが、停滞している企業は自らを危険にさらしている。以下は、2020年のヘッジファンド業界の最大のトレンドに関するAgecroftの予測である。

ヘッジファンド業界の資産は2020年に過去最高を更新し、ヘッジファンド業界に関する否定的な記事が氾濫したにもかかわらず、ヘッジファンドの資産は過去11年のうち10年に過去最高を更新した。主流メディアの業界報道と、投資家がヘッジファンドに投資し続ける理由との間には明らかに食い違いがある。ヘッジファンド投資家の間では、業界に対するセンチメントの改善が見られる。ヘッジファンドからの純解約が減少していることから、主にヘッジファンドのパフォーマンスに起因して、今後12ヶ月で業界資産は3.0%増加すると予想しています。総資産は増加すると予想していますが、手数料の減少を補うには十分ではなく、総収入は減少します。

分散型ヘッジファンド・ポートフォリオの期待リターンの削減。ヘッジファンドのパフォーマンスは、アルファ(マネージャーのスキル)とベータ(市場主導のリターン)の組み合わせによって左右される。債券市場と株式市場は過去11年間、強気相場を経験しており、ベータはヘッジファンドのパフォーマンスにとって追い風となっています。しかし、この間、投資家の運用会社に対するリターン期待は着実に低下している。2009年に予想されていたティーン中盤のリターンは、2014年には10%をわずかに上回り、今日では一桁台半ばから後半に落ち込んでいる。歴史的な低金利と株式市場がピーク・レベルに近い状態で新年が始まると、投資家はベータとキャリー・インタレストを予想し、今後数年間のファンドのパフォーマンスへの貢献を減らし、それによってヘッジファンドの全体的な期待リターンを低下させる。このようなベータからの期待リターンの低下は、ヘッジファンドがロング・オンリーのマネジャーから市場シェアを奪い、様々なヘッジファンド戦略に対する相対的な需要を変化させる可能性がある。

戦略選好と個々のマネジャーの相対的パフォーマンスの変化に基づく資産の大規模なローテーション。ここ数年、ヘッジファンドインデックスのパフォーマンスには課題があったが、戦略間および戦略内のマネジャー間でパフォーマンスが大きく分散していた。投資家は、彼らが高価格の投資構造であると認識しているものから期待外れのパフォーマンスにますます焦りを感じるようになるので、業績の悪い運用会社は平均を上回る償還を経験するだろう。これらの資産の一部は、同じ戦略でより優れた業績を上げているマネジャーに再投資されるだろう。しかし、投資家が積極的な運用者を重視してポートフォリオを再構築し、価値を付加する機会が増えると考えていることから、ヘッジファンド業界の他の戦略に多くの投資家が流れることが予想される。

資産を獲得する戦略には、次のものがあります。

商品取引顧問業者(CTAs)。CTAは、これまで資本市場との相関が低く、2019年には好調に推移してきた。投資家は、ポートフォリオ全体のテール・リスクを削減するために、CTAへの配分を増やすであろう。
専門分野のロング/ショート・エクイティ:情報面で優位に立っている、または市場のあまり効率的でない分野に集中していると判断されたマネージャには、資金が流入します。これには、小型株、新興市場(例:中国)、特定のセクター(例:ヘルスケア)に焦点を当てるマネジャーが含まれる。さらに、幅広い評価差額とファンダメンタルズが、2020年の株式リターンにより大きな影響を与え、より積極的なマネジャーがアウトパフォームすることが期待される。
相対価値の債券–複雑で流動性の低い債券に流動性を供給する戦略は、銀行の自己勘定取引デスクに取って代わりました。熟練したマネジャーはリターンの大部分をアルファを通じて生み出し、市場リスクを積極的にヘッジする。
プライベート・エクイティとヘッジファンドの境界線を曖昧にする戦略-これらのほとんどは、プライベート・ローン/スペシャルティ・ファイナンスと再保険である。これらの資金調達戦略は、伝統的な債券に代わる魅力的な選択肢となっているが、市場の低迷期にどのように機能するかについて懸念が高まっている。

年金基金は低金利のため、ヘッジファンドへの配分を増やす。ほとんどの公的年金基金は、保険数理上の収益率を約7.5%と仮定している。金利と信用スプレッドが歴史的な低水準に近づく中、年金基金はヘッジファンドに2つの方法でリターンを高めることを期待している。多くの投資家は、一部の資産を固定収益から分離して、相関のないヘッジファンド戦略の多様なポートフォリオに配分するか、ヘッジファンドを 「ベスト・イン・ブリード」 のマネージャーとみなし、固定収益の配分の一部を、ディストレスト・デビット、スペシャルティ・ファイナンス、ストラクチャード・クレジット、相対価値債券、その他の戦略などのヘッジファンド戦略に配分することになるだろう。債券総合指数の利回りが2%半ばの範囲にあることから、ヘッジファンドがリスク調整後リターンベースで価値を付加するためのハードルは低い。

ファンド構成からアセットクラスへと投資機会をリサーチする方法についての意見を変える投資家。10年前、ほとんどの機関投資家は、ファンドの構造によってチームの研究責任を分けていた。投資会社が伝統的な長期限定の債券戦略を持っている場合、彼らは債券チームを呼び出すだろう。もし同じ会社が高利回りのヘッジファンドを作ったとしたら、彼らはヘッジファンド・チームを呼び、流動性の低い債券に投資するためにプライベート・エクイティ・ファンドを作ったとしたら、彼らはプライベート・エクイティ・チームを呼ぶだろう。今日、ますます多くの機関が「基金モデル」アプローチを使用し、資産クラスによって研究を分割している。絶対的なリターン配分を持つものもあるが、これには資本市場との相関が低いヘッジファンド戦略のみが含まれる。その他のヘッジファンド戦略はすべて、適切な資産クラス・チームによって調査される。このアプローチは、ヘッジファンドとプライベート・エクイティの境界線を曖昧にし、投資家がファンドの構造を原証券の流動性プロファイルに合わせることを可能にする。

 

世界第2位の市場である英国のヘッジファンドは、ブレグジットの影響を受けて、北米に集中することになる。欧州連合は加盟国間の自由貿易を提供するために創設された。そうすることで、それはまた非EU加盟国を不利にした。これは、EUの規制枠組みであるAIFMDを遵守するために、非EU企業が高いハードルに直面しているヘッジファンド業界において、確かに当てはまる。英国がEUを離脱することで、英国のヘッジファンド会社は北米の投資家により注力し、欧州大陸の投資家にはあまり注力しなくなると予想される。

 

ヘッジファンドの組織構造の変化。手数料の減少を伴うヘッジファンド事業の運営コストの上昇は、多くのヘッジファンド会社のビジネスモデルに影響を与え続けるだろう。中小規模のヘッジファンドは、研究や投資に関連した活動だけでなく、ビジネスインフラの多くの部分をますますアウトソーシングしている。これには、テクノロジー、分析、法務、会計、データ・サービス、コンプライアンス、マーケティング、セールスが含まれます。これらのアウトソーシング・プロバイダは、ファンド・マネージャーに固定費を削減しながら、より費用対効果の高い方法でより優れた専門知識を提供することができる。このアウトソーシングにより、中堅・中小ヘッジファンドの常勤スタッフの削減が期待されます。大規模なインフラストラクチャを構築してきた大企業は、これらのリソースを活用し、競合他社を買収したり、投資チームを引き上げたりすることで、企業の収益を多様化しようとします。

 

質の高いマーケティングは資産成長に不可欠である。ヘッジファンド業界は、15,000のヘッジファンドが市場に存在すると予想しており、非常に競争が激しい。2020年も引き続き、少数の運用会社にヘッジファンドの資金が集中することになる。ファンドの5%が業界全体の純資産の80%から90%を占めると予想しています。成功するためには、強力な実績を持つ高品質の製品を提供するだけでは十分ではない。ヘッジファンドの上位10%のパフォーマンスランキングでは、運用会社は1,500のファンドからなる排他的なグループに属している。高品質の商品を提供するヘッジファンドは、市場に深く浸透し、高品質のブランドを構築する最高の販売・マーケティング戦略を持たなければならない。そのためには、企業の肯定的なイメージを投影する経験豊富な専門家のチームが必要である。これは、社内セールス・チームを構築するか、主要なサード・パーティのマーケティング会社を活用するか、またはその両方を組み合わせることで実現できます。私たちは、業界が新しいヘッジファンドのスタートアップを減らし、より多くのヘッジファンドのクロージングで統合を続けることを期待しています。質の高い販売・マーケティング戦略を持たない企業は、資産を調達するのが難しく、廃業する可能性が高くなる。

アドバイザリービジネスモデルの継続的な成長。コンサルタント、アドバイザー、マルチ・ファミリー・オフィス、ファンド・オブ・ファンズ、アウトソーシングCIOの数は増加しており、クライアントの資産を1つのファンドに混在させることから脱却しつつあります。その代わりに、顧客ごとに個別の直接投資ポートフォリオを持つアドバイザリー構造を採用している。これにより、ヘッジファンド業界の投資家基盤が拡大している。ほとんどのクライアントサービスは、助言を行う主体に集中したままである。しかし、この移行により、ヘッジファンドは複数の口座を取り扱う際の追加的な管理コストを負担することになる。このような市場の拡大に対応し、引きつけるためには、ヘッジファンドは助言主体の独自のニーズに対応しなければならない。これには、最低口座数に関する柔軟性や、単一のアドバイザーからの累積資産に基づく手数料の適用が含まれる。



まとめ

ヘッジファンド業界の運用資産残高は2020年で12年ぶりに増加する。
業界の平均手数料が下がったため、全体の収益はわずかに減少するだろう。
業界の成長の大部分は、投資家の知覚品質に基づいて、上位5%のヘッジファンド企業だけに利益をもたらすだろう。その結果、ファンドの閉鎖が増加し、新興企業の減少と相まって、ヘッジファンド全体の数が減少することになる。

 

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG