専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

欧州大手ヘッジファンドのマン・グループ、運用資産の記録を更新

マン・グループのオルタナティブビジネスは、2019年は合計36億ドルのプラスの純流入と好調運用により649億ドルの運用残高となったことを発表した。絶対収益(ヘッジファンド)部門では、AHL Evolutionがプラス15.6%を計上し、AHL Diversifiedは+ 10.0%増加しました。トータルリターンでは、AHL TargetRiskが+ 28.4%増加し、マルチマネージャーでは、FRMダイバーシファイIIが+ 4.0%増加しました。一方パフォーマンスの低下には、-3.4%のMan Numeric Market Neutral Alternative、-1.5%のGLG European Long Short Fund、-2.8%のGLG Global EM Debt Total Returnが含まれていました。

「2019年は堅調な成長を遂げ、Man Groupは戦略的進歩を続けました。強力な絶対投資パフォーマンスを実現し、顧客に101億ドルの投資利益をもたらし、管理下にある記録的な資金で期間を終了しました。また、税引前調整利益を54%増加させました。年間を通して、代替戦略への継続的な流入が見られましたが、全体として、クライアントが株式配分を減らしたため、わずかな流出を記録しました。第4四半期には、純流入に戻り、その勢いは今年も続きました」と、Man Group CEOのLuke Ellis氏は述べています。

欧州最大のヘッジファンドマングループとは

この記事が気になった方は「ヘッジファンド記事一覧」もおすすめです。海外有名ヘッジファンドの運用手法がわかります。

海外有名ヘッジファンドカテゴリへのリンク

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG