専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

大手運用会社がビジネスモデル転換、ヘッジファンドや不動産に進出 

大手資産運用会社は、ビジネスモデルの変更を迫られている。同社はヘッジファンドや不動産など比較的高い手数料が予想される(代替投資)市場に参入している。低金利を懸念し、ある程度のリスクを取りたい投資家は、ファンドの新しい柱を作りたがっている。

委託会社は、投資家から資金を受け取り、さまざまな商品や方法で運用し、手数料を受け取ります。収益の柱である投資信託の信託報酬引き下げ競争が激化している。

ヘッジファンド投資意向

 

これは、ファンド・マネージャーの個性を出すことが困難な、指標に連動するパッシブ型投資信託が増加しているためである。日本では、年0.1%未満の信託報酬を設定している投資信託もある。PwCによると、世界的なミューチュアルファンドの信託報酬は、17年の0.44%から25年には0.36% 20%減少すると予想されている。

投資信託に代わる財源として期待されている。信託報酬は、流動性の低い投資を管理するための複雑な投資手法やノウハウが必要なため、比較的高額です。PwCは、ヘッジファンドの信託報酬が17年の1.36%から25年には1.16%に上昇すると予想している。

アセットマネジメントOneは3月までにアジアのヘッジファンドを立ち上げる計画だ。同社は新たに5~6人のスタッフを雇用し、シンガポールを拠点とするロングとショートを組み合わせたファンドを運用する。安定収益が見込めるアジア株に投資したい年金基金や富裕層の取り込みを狙う。

 

アセットマネジメントOneは子会社を通じて欧米で有望なヘッジファンドを複数設立している。5000億円以上の資産を持つファンドの需要を見込んで投資する。

アライアンス・バーンスタインは19年に3人の日本人マネジャーを採用し、日本でヘッジファンドの運用を開始した。16年に買収したヘッジファンドを通じて、単一のファンドを複数の運用会社が運用するマルチ・マネージャー戦略を展開している。

不動産分野では、欧州で約1000億円規模の不動産ファンドを二月に立ち上げる。同社の戦略は、老朽化した不動産を改装して価値を高め、売却することだ。19年には、10人強の従業員を雇って独自の運用チームを作った。

 

三菱UFJ信託銀行は、発電所や鉄道などのインフラに積極的に投資し、その資金を投資家に分配している。2019年の第1位のファンドに続き、来春までに第2位のファンドを立ち上げる計画だ。海外の発電所にはシニアローンとして融資する。信託銀行の融資業務に関する知見を活用するための「自分で十分やれると思った。」

世界的な低金利の中で、投資家もオルタナティブ投資を増やしている。700を超える企業年金基金と厚生年金基金が実施10月19日した日経企業年金サーベイによると、オルタナティブ投資は「今後増加する」の比率が最も高い資産であった。

 

 

投資家は積極的にリスクをとるオルタナティブ・ヘッジファンド運用の配分を増やすと同時に、運用会社に対する情報開示や管理体制などの水準が厳しくなっている。大規模なファンドは、スター・マネージャーが率いる小規模な独立系ファンドよりも扱いやすい内部統制を備えている。

国内の銀行や保険会社と提携している資産運用会社であっても、海外ファンドや独立系ファンドと比較して、優秀なファンドマネージャーに報酬を与えることは困難である。同社は、「新しいチームだけを別の報酬体系にする」としているが、今後の事業拡大には、管理職の給与体系の変更が必要となる。

 

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG