専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

ビル・アックマンの復活とマルチストラテジーヘッジファンドの躍進

ビルアックマンの失墜と復活

5年前 フォーブス誌が銀髪のヘッジファンドマネージャーを 表紙に出した年にビル・アックマンは大打撃を受けました。

アックマン

タイミングの悪いカバー記事の歴史の中で、この記事は瞬く間に古典的なものとなった。その年はアックマン氏にとって災難の年となり、2015年のパーシングは20%以上の損失を出しました。その後の数年間は、ウォール街ではほとんど休むことができませんでしたが、多くのドラマが生まれました。

しかし、昨年、パーシング・スクエアは58%のリターンを得て、さらに今年コロナウイルス危機を通じた一連の戦略的なトレードで、市場を揺るがすパンデミックに賭けて26億ドルを得て、ヒルトン、スターバックス、バークシャーなどに大口の株式を集め、リバウンドに間に合うようにしたことで、アックマン氏の復活が確認されました。その結果、パーシングは8月25日までの1年間で44%上昇しました。

どのような贖罪の物語も興味をそそられますが、現実には、アックマン氏が体現した復活劇は、現代の投資のルールというよりも、例外的なものであることに変わりはありません。当初、彼らを有名にした巨大で大胆な賭けを行う、優秀で象徴的なヘッジファンド・マネージャーの時代に日は沈んだのです。

マルチストラテジーヘッジファンド躍進

この業界がどこに向かっているのかを知るために、今年のヘッジファンド戦略の中で最もパフォーマンスの高いものを見てみましょう。シタデル、ミレニアム、バラヤスニー、ポイント72などが運営する多様な「マルチ・ストラテジー」は、ファンド・マネージャー、トレーダー、アナリスト、リスク・マネージャーの軍隊を集結させ、大勝利を収めてきました。業界データ会社のHFRによると、これらのファンドは8月末までの1年間で平均10%以上のリターンを上げています。

ドミトリー・バルヤスニーのアトラス・エンハンスト・ファンドがリーダーで、フィナンシャル・タイムズ紙の投資家向け文書によると、8月末までに約23%の利益を上げています。Sculptor Capital Management – 以前のOch-Ziff -もまた、期待はずれのリターンの期間、創設者ダニエル・オッシュの引退、司法省とのスクレイプの後、自分自身をほこりを払うことに成功しました。旗艦ファンドでは12.5%のリターンを記録した。

対照的に、ヘッジファンド業界全体では2%の上昇にとどまっている。バンガードのバランスド・インデックス・ファンドは、多くの機関投資家に好まれている古典的な60対40の株式と債券のポートフォリオの適切な代理人であるが、2020年には9%強の上昇となるが、そのリターンはより不安定なものとなっている。

hedgefundreturn

投資家は注目している。データプロバイダーのPreqinによると、ヘッジファンド業界全体が今年上半期に630億ドルの資金流出に見舞われたのに対し、マルチ戦略会社は主要なカテゴリーの中で唯一、実質的に横ばいであった。

資金流出

だからといって、マルチ・ストラテジー・ヘッジファンドには、ライバルが欲しがる優秀なスターがいないわけではない。実際、これらの「マルチマネージャー」プラットフォーム的なファームは、常に競合他社からの人材を密猟しており、人材のメリーゴーランドとなっている。最近では、すべてのマルチ戦略ヘッジファンドがうまくいっているわけではなく、より高速なコンピュータ、より多くのデータ、そして最高のスタッフに投資することができる最大手の企業が最高の結果を出すことが多くなってきている。

しかし現実には、投資運用は非常に複雑で難しい職業となっており、一貫した成功の秘訣はチーム、テクノロジー、プロセスにあり、孤高の天才ではありません。 これはマッキンゼーが言っているように聞こえるかもしれませんが、事実であることに変わりはありません。

マン・グループの最高経営責任者ルーク・エリスは今年の初め、かつてヘッジファンド業界に存在していた伝統的な「特定分野の達人」タイプが徐々に絶滅しつつあると警告した際に、このことに頷いた。「あなたは優秀であっても、どの新聞社も記事にしたがるような人物にはなれないでしょう」と彼は言います。

現実には、時折の大規模な資金調達は魅力的であり、必然的に見出しがつくが、ヘッジファンドの最大手であるほとんどの機関投資家は、一人の創業者や単独の投資責任者の輝きに振り回されている企業に神経質になっている。彼らは当然のことながら、マジック・タッチに見放されたらどうなるのかと心配し、より広範なサポート・システムを気にする。 そのため、より細かく設計されたマルチ・ストラテジー・ヘッジファンドの方が、一般的にはよりスムーズなリターンが魅力的になります。

これが、シタデルがポートフォリオ・マネージャーよりもシカゴ本社にある未来的なリスク管理室を誇示したがる理由であり、年金プランやソブリン・ウェルス・ファンドが創業者ケン・グリフィンの投資センスを求めてファンドに投資しないことを知っているからです。アックマン氏のような気まぐれな輝きよりも、堅実さの方が重要なのです。

この記事が気になった方は「ヘッジファンド記事一覧」もおすすめです。海外有名ヘッジファンドの運用手法がわかります。

海外有名ヘッジファンドカテゴリへのリンク

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG