専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

コロナショックでAHLはリターンを出すも、マン社からも資金流出

マン・グループは、前四半期に107億ドルの損失を計上したが、世界市場の不安定さが未曾有のものとなったことから、解約の増加に直面している。

投資会社は正味の新規資金が流入し、ヘッジファンド戦略のいくつかは利益を上げたが、パフォーマンスの低下を補うには十分ではなかった。金曜日の声明によると、運用資産は、昨年末の記録的な1177億ドルから1042億ドルに減少した。

Man運用残高

最高経営責任者のLuke Ellis氏は声明で次のように述べた「当四半期には純流入があり、引き続き受注を獲得していますが、市場の動きや経済の不確実性の高まりに対応して顧客が配分を調整するにつれて、償還が最近増加しています。」

世界最大の上場ヘッジファンドの慎重な見通しは、3兆ドル規模の同業界に圧力がかかっていることを示している。大多数のファンドは、コロナウイルスパンデミックによって株式、債券、通貨、商品が下落したため、投資家を保護できなかった。Bloombergがまとめたデータによると、ヘッジファンドは先月平均7.35%の損失を出したという。

Ellis氏はBloomberg TVのFrancine Lacqua氏とのインタビューで、投資家らは現在の不安定さの中でポートフォリオを調整したいと考えているが、フローの面では業界にとって災難ではないと考えており、年内は「多くの解約があるだろう」と述べた。

マン・グループの株価は金曜日に4.75%も上昇し、ロンドンでは9:27 AM時点で約4%上昇した。

損失は主に同社の長期資金に集中した。同声明によると、マン・GLG・アンダーバリュー資産ファンドは34.5%下落し、マン・GLG・ジャパン・コア・アルファ株式ファンドは28%近く下落した。AHLアルファやAHLダイバーシファイドなどのクオンツの戦略が利益を生んだ。

マングループは、償還がファンドを実行するには小さすぎるため、今年はそれらの中で二桁のリターンを作った後でも、2つのマネープールをシャットダウンしている、問題に精通した人は先週言った。

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG