専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

あのルネッサンス・テクノロジーズが20%超のマイナスと苦戦

世界最大級で最も有名なヘッジファンドの一つであるルネッサンス・テクノロジーズは、投資家によると、最近の業績不振を長期化させ、今年は二桁の損失を記録したという。

元冷戦時代のコードブレーカー、ジム・シモンズによって設立された750億ドルのコンピューター駆動型ファンド会社は、コロナウイルスのパンデミックによってもたらされた市場のボラティリティの増加に対応するのに困難な1年を過ごしている。

投資家に送られた数字によると、ルネッサンス・インスティテューショナル・ダイバーシファイド・アルファ・ファンドは6月の第1週に8.8%下落し、現在は年間で20.7%下落しています。

ルネッサンスの株式に焦点を当てたファンドは、3月初旬のコロナウイルス主導の市場大暴落で最も注目を集めた犠牲者の一部であり、同社を最悪の年間パフォーマンスの1つに向けて軌道に乗せた。同社はこの数字についてコメントを控えた。

ロングアイランドに拠点を置くルネッサンスのグループは、パンデミック対策のために世界的な経済活動の停止という最初のショックから市場が回復したことで、以前の損失の一部を切り下げることに成功していたが、最近のパフォーマンスの悪さがそれらの利益を戻してしまった。

ルネッサンスの RIDA ファンドは世界の株式を取引し、いわゆる「マーケット・ニュートラル」なポートフォリオを運用しており、価格の上昇と下落に対する賭けのバランスを取っている。また、先物市場のトレンドやその他のパターンを活用しようとしている。昨年のFT紙は、同社が2018年末頃にトレンドフォローモデルの使用を減らし、日本や香港の上場銘柄の取引を増やしたと報じていた。

投資家に送られた数字によると、過去5暦年の各年で利益を上げてきたRIDAにとって、今年の損失はパフォーマンスのUターンを意味する。ファンドは昨年4.2%の利益を上げた。

1982 年にシモンズ氏によって設立されたルネッサンスは、ヘッジファンド業界で最も影響力があり、秘密主義的な会社の一つである。その代表的なヘッジファンドであるメダリオンは、2005年に外部投資家を追い出すほどの成功を収めたが、現在は同社の従業員の資金のみを管理している。

今年の金融市場は、多くのトレーダーにとって、時間を計るのが難しいことを証明しました。パンデミックの影響で米国市場は急速に弱気相場に突入しましたが、世界の中央銀行や政府からの大規模な景気刺激策により急反発し、S&P500種株価は一時的にプラス圏に転じました。

 

この記事が気になった方は「ヘッジファンド記事一覧」もおすすめです。海外有名ヘッジファンドの運用手法がわかります。

海外有名ヘッジファンドカテゴリへのリンク

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG