専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

ツーシグマ ・インベストメント:ミレニアム以降のヘッジファンドの代表格

ツーシグマ ・インベストメント

ツーシグマ ・インベストメントはニューヨークを拠点とする国際ヘッジファンドで、人工知能、機械学習、分散コンピューティングなどのさまざまな技術をトレーディング戦略に利用しています。この会社はジョン・オーバーデックとデビッド・シーゲルが経営しています。ツーシグマによると、社名は 「シグマ」 という言葉の二重性を反映して選ばれたといいます。小文字のシグマσは、所与のベンチマークに対する投資リターンのボラティリティを示し、大文字のシグマΣは合計を示します。ツーシグマのウェブサイトによると、ベンチマークに対して測定された個々のポジションのボラティリティを合計することで、予測信号を増幅できるといいます。

ツーシグマ ・インベストメントは、2001年にジョン・オーバーデック氏、デビッド・シーゲル氏、マーク・ピカードによって設立されました。シーゲル氏は、マサチューセッツ工科大学のコンピュータ・サイエンス博士であり、ツーシグマを開始する前は、D.E.Shaw&Co.の最高情報責任者を務めていました。オーバーデックは国際数学オリンピック銀メダリストで、その後スタンフォード大学で数学を学び、D.E.Shawのマネージング・ディレクターの職を経てツーシグマを共同創設しました。ピカード氏は創業以来、2006年に退職するまで同社の社長を務めました。

2011年11月には約80億ドル、2014年10月には約230億ドル、2015年末には約320億ドルを運用し、2017年10月時点で500億ドル以上の資産を保有している。2019年の資産総額は600億ドルに達した。

ツーシグマインベストメントの歴史(インスティチューショナルインベスターより)

シーゲルとオーバーデックは大人になると、ハイテク業界でのキャリアを運命づけられているようだった。どちらも科学の天才だった。
シーゲルはツーシグマのウェブサイトに掲載した公式伝記の中で、 「スペースオデッセイ」 のような映画に触発され、若くして新しく成長しつつあるコンピュータサイエンスの分野に惹かれたと述べている。12歳のとき、彼はメモリとロジックボードを構築し、ニューヨーク大学のコーラント数理科学研究所でスーパーコンピュータのプログラミングを学んだ。彼は高校1年生のとき、ニューヨーク大学の夏期講座で高校生のためのコンピューター・プログラミング講座を教えていた。
オーバーデックはスタンフォード大学で数学の理学士(区別して)、統計学の理学士を取得した。数学の天才であった彼は、16歳のときに、ポーランドで開催された1986年国際数学オリンピックで米国のために銀メダルを獲得した。父は国家安全保障局 (NSA) の上級数学者で、母はComputer Sciences Corp.の衛星通信ソフトウェア開発を指揮していた。

シーゲルは人工知能の専門家で、マサチューセッツ工科大学でコンピュータサイエンスの博士号を取得し、人工知能研究所で研究を行った後、D.E.Shawでウォール街でのキャリアをスタートさせた。Shawでは、最初の統合個人金融サービスサイトであるFarSight Financial Servicesを設立し、その後メリルリンチに買収され、チューダーインベストメントtの最高技術責任者に就任しました。
ポール・チューダー・ジョーンズは、シーゲルの面白いアイディアは最新のハイテク機器を買いに東京の秋葉原に行くことだったとジョークを言う。「ダイヤモンド地区に相当する技術だと聞いていますが、一人用の露店からメガライナーまで、たくさんのベンダーが並んでいます。」と彼は言う。「1990年後半頃、デビッドは携帯電子機器パームのようなサイズの衛星電話を探していました。」
しかし、シーゲル氏は普通の技術オタクではなかった。Jonesは、四年間彼の下で働いていたシーゲルを「考える人行動する人ビジネスを構築する人」と表現し、次の10年間チューダーのトレーディングビジネスを支えるために必要なインフラを構築するために、人材を採用し組織化した当時の彼の能力を称賛している。
「彼はまた、チューダーの成長するビジネスのすべての部門で、そのインフラストラクチャを横断して動作する適応性のあるソフトウェアを構築する方法を知っていた。」とジョーンズは付け加える。「彼は数年で再建を完了したとき、チューダーとのビジネスプランを提案し、最終的には独立したクオンツ取引会社を構築した。」

オーバーデックはD.E.Shawでキャリアをスタートし、最終的に同社の日本株式および株式関連投資を指揮し、ロンドンの投資運用会社を監督した。彼はツーシグマをローンチする前、アマゾンの創設者、ジェフ・ベゾズ氏の副社長兼技術アシスタントとして同社を去った。

「1990年代[ジョンは]、D.E.ショー時代に金融市場でトップの数学モデラーであり頭脳だった人物」とジョーンズ氏は指摘する。
シーゲルとオーバーデックがツーシグマをローンチしたとき、量的投資はヘッジファンドの世界のニッチ市場のようなもので、当時はショーとジムシモンズのルネッサンステクノロジがそれぞれ30億ドルと60億ドル以下を運用していた。
しかし、世界はますます相互につながっていった。数年前からインターネットが普及し、電子商取引が盛んになり、企業のグローバル化が急速に進んだ。2001年、証券取引委員会 (SEC) はすべての株式市場に対し、端数ではなく小数で評価するよう命じた。そしてムーアの法則―計算能力の一定の尺度はほぼ2年ごとに倍増すると仮定―は加速しているように見える。これらの動きはすべて、シーゲルとオーバーデックのビジョンに反映されている。

ショーとジムシモンズのルネッサンステクノロジ同様、ツーシグマも金融サービス会社というよりテクノロジー会社のように設立された。MBAではなく、データサイエンスの修士号を持つ人材を採用したのは当時としては異例のことだが、投資決定のほとんどを人間に頼っている、いわゆるファンダメンタルズ志向の投資会社にも受け入れられている。ツーシグマ、ゴールドマンサックスのようなウォール街の巨人ではなく、GoogleやAmazonのような駆け出しのインターネット大手と競合するテクノロジーとエンジニアリングの会社になることを目指した。ツーシグマのウェブサイトによると、ファウンダーたちは、革新的なテクノロジーとデータサイエンスが世界のデータから価値を発見するのに役立つと信じている。

ツーシグマには7つの絶対リターン型のヘッジファンドグループがあり、それらは株式市場中立型とさまざまなマクロ戦略型の2つに大別されます。数百種類のモデルを4つのカテゴリーに分けて展開しています。

1つは、財務諸表のような企業のファンダメンタルズ運用です。

2つ目のテクニカル・カテゴリーでは、主に価格、ボリューム、モメンタムなどの為替関連データを参照し、いくつかの要因を挙げています。

第3のカテゴリーでは、企業買収などの予定外のイベントだけでなく、決算発表などのイベントも調査されます。

4つ目のカテゴリーであるアルファ・キャプチャは、ウォール街のセールス担当者に体系的に情報を求めます。

2002年4月にローンチされたツーシグマファンドは、データ量が豊富で流動性の高い市場に対応する、比較的高い回転率戦略を持つ市場中立的なファンドとして設計されました。同プラットフォームは、米株式市場でうまく機能するように構築されていますが、欧州やアジアの株式、先物、外国為替市場にも適用できる柔軟性を備えています。拡張可能なプラットフォームを常に1つにするというアイデアでした。ファンドは、最初からで二桁の上昇を記録し、瞬く間に成功を収めたが、同時に、ほとんどの市場インデックスは、ドットコムバブル不況の中で弱くなっていた。

ツーシグマが最初に資産クラスを拡大したのは、2004年にエクリプスファンドをローンチした時で、先物と外国為替を含むマルチ戦略にマクロ戦略を導入した。
2004年にはスペクトラムも立ち上げたが、これは同社にとって初めてのロング(買い持ち)ファンドだった。このファンドは商品拡大の基礎を築き、よりスケーラブルな資産運用ビジネスへの道を開きました。ツーシグマは2011年にアブソリュートリターンファンドをローンチしたが、これは保有期間がより長いものでした。

テクノロジーは進化し続けました。もちろんツーシグマは常にデータ科学とテクノロジーに焦点を当ててきた。それは、機械学習や人工知能などの重要なツールの限界を認識しながら、それらのツールの初期の採用者でした。
ヘッジファンド・コンサルティング会社のアクシアは、2016年10月にペンシルベニア州公立学校職員退職年金基金の理事会に宛てた「ツーシグマは世界トップクラスのコンピューティング能力を持ち、世界トップクラスのスーパーコンピューティングサイトにランクされている。」の中で、新しいTwo-Sigmaファンドへの投資を推奨した。「この処理能力は、外部ソースから大量のデータを収集、クリーンアップ、分析、および保管するために使用されます。」
しかし、最高のテクノロジーでさえ、同社が600億ドルに到達するまでの道のりは険しい道のりだった。

ツーシグマの最も困難な時期の一つは、2007年に始まった。この年は、いわゆる 「サブプライムショック(信用収縮)」 と呼ばれる時期に株価が急落した。この危機は、ベアスターンズの二つの信用ファンドの破綻を含む一連の注目すべき出来事に端を発し、金融危機の炭鉱のカナリアとしての役割を果たしました。

「この損失は、1つまたは複数の大規模な株式の量的中立ポートフォリオが急速に巻き戻されたことから始まった。」と、マサチューセッツ工科大学が翌月に発表した論文は述べている。しかし、ツーシグマは今年を黒字で終えました。
金融危機の年である2008年、ツーシグマのファンドは一桁台の高値で取引を終えたが、ほとんどのヘッジファンドは二桁の割合で損失を出しました。

「市場がストレスを受けたとき、私たちはツーシグマがリスク管理能力を効果的に発揮することを期待していた。」とヒルさんは回想する。「彼らはリスク管理の点で私たちを失望させたことはありません。」
しかし、その年に収益を上げた他のヘッジファンドと同様に、ツーシグマも多額の償還金を支払い、その年に償還を停止した多くの問題のあるファンドから資金を引き出すことができなかった流動性を求める投資家からの大量の償還に苦しみました。ツーシグマの資産の30から40%が現金化されました。

その経験はその会社にさまざまな顧客をターゲットにすることを教えました。最初の6~7年間、ツーシグマは、裕福な個人、ファミリーオフィス、ファンド・オブ・ファンズといった伝統的なヘッジファンド投資家の基盤のために資金を運用した。金融危機後、年金、政府系ファンド、基金などの機関投資家に焦点を合わせました。そして、それらの顧客のニーズを満たすために、同じリサーチプラットフォームから新しい戦略を設計し、立ち上げました。
ツーシグマは他の多くの方法でも絶えず進化してきた。例えば、流通チャネルを拡大しました。2014年以来、流動性の高いオルタナティブ・ファンド・オブ・ファンズであるBlackstoneオルタナティブ・マルチ・ストラテジー・ファンドに少なくともひとつのファンドを保有しています。2016年にはルクセンブルクのSchroder Investment Managementと提携し、UCITS(欧州の投資信託)ファンドを提供しました。ツーシグマはまた、同社の既存のプラットフォームを拡張した低コストのサービスであるリスク割増金ファンドをローンチしました。

今日、ツーシグマは成長に対してより保守的な姿勢をとっている。同社のヘッジファンド戦略のほとんどは投資家には公開されていません。しかし、それは他の方法で拡大している。
2018年11月、ツーシグマは中国で完全外資企業(WFOE)ライセンスを取得し、現在、中国での国内ファンドの調達を可能にするプライベート・ファンド・マネジメント・ライセンスの申請を行っています。

近年では、データサイエンス、機械学習、分散コンピューティング、さまざまな業界の先進的なハードウェアを利用するアーリーステージの企業に投資するツーシグマ Venturesや、金融サービスや不動産に投資するミドルマーケットの成長株に焦点を当てたプライベートエクイティ事業であるSightway Capitalも立ち上げている。ツーシグマSecuritiesは、8,000以上の米国上場株式のブローカーディーラーおよび登録マーケットメーカーであり、毎日3億株以上の執行を容易にしています。
2013年、保険業界での豊富な経験を持つアメリカン・インターナショナル・グループ (AIG) の現最高経営責任者 (CEO) 、ブライアン・デュペロー氏と提携し、再保険会社SACRE (ハミルトン再保険) を買収しました。2016年には、Hamilton Insurance GroupとツーシグマがAIGと提携し、米国の中小規模の商業保険市場向けに、テクノロジー主導のプラットフォームであるAttuneを開発しました。

創業者の慈善活動

オーバーデック氏とシーゲル氏も慈善事業での存在感を高めている。オーバーデックファミリー基金は妻ラウラ氏が会長を務め、幼児期、教育者、学校外のSTEM(科学技術工学数学)活動、データの利用に焦点を当てた教育機会を提供している。
シーゲル・ファミリー・エンダウメントは、子供たちにプログラミングを通して計算思考のスキルを教えるスクラッチや、広く普及している技術から生じる社会的問題を調査する研究機関データ&ソサイエティなどの組織に資金を提供し、技術の影響に対する社会の準備を支援しています。
ツーシグマ・シーゲル基金は、学生に科学技術プロジェクトに従事するよう奨励するニューヨーク市の教育慈善団体FIRSTを支援してきました。

テクノロジー

Two sigma
2016年末、ツーシグマ ・インベストメントはHaliteと呼ばれる人工知能の挑戦を導入した。Haliteはプログラミングゲームで、仮想グリッドのコントロールを得ることを目的としたスマートボットを開発するために、コーディング愛好家を募っている。Halite Iの成功により、ツーシグマはHalite IIのセカンドシーズンであるHalite IIを開発することを決定しました。Halite IIは2017年10月から2018年1月まで開催され、このバージョンではプレイヤーは船を使って惑星の制御を競いました。

 

民間投資、ベンチャー・キャピタル投資(データサイエンスの分野で事業を展開している企業に焦点を当てて)、機関投資家顧客への助言、および頻度の高いブローカー・ディーラーの運営に焦点を当てた専門部門がいくつかあります。
を流出したと報告しました。Gao氏は2014年10月に8ヶ月の禁固刑を言い渡された。

テクノロジーとデータ

テクノロジーがツーシグマのビジネスを動かしています。ツーシグマは、機械学習や分散コンピューティング、その他の技術を使って、世界のデータの中のつながりを見つけます。ビッグデータが流行語になる前から、ツーシグマはビッグデータのフロンティアを推進してきました。ツーシグマにとっては単なるデータです。ツーシグマは、1000を超える多様なソースからの膨大なセットを扱っています。

建物を作るための点と線-運用管理-

ツーシグマは常に投資戦略の改善を目指しており、継続的に成果を測定しています。そうすれば、現実のアルファを生み出すことと、リスクを効果的に管理することに目を向けることで、より知的なトレーディングの意思決定を行うことができます。

階段状に並んだ線でできた立方体-研究と科学的方法-

科学的手法に基づいて、着想や経済仮説から始まるモデルを考案します。プロセス駆動型の体系的な方法で、モデルが拡張され、テストされ、当社の投資戦略に組み込まれます。

Two sigmaホームページ

Two sigmaホームページ

この記事が気になった方は「ヘッジファンド記事一覧」もおすすめです。海外有名ヘッジファンドの運用手法がわかります。

海外有名ヘッジファンドカテゴリへのリンク

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG