専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

史上最高成績のヘッジファンドルネッサンス・テクノロジーとは

 

ジム・シモンズ

ヘッジファンドのルネッサンス・テクノロジー社 (ルネッサンステクノロジー LLC) は、米国ニューヨーク州ロングアイランドのイースト・セトーケットに拠点を置くヘッジファンドです。数学的・統計的分析から導かれた定量モデルを用いたシステマティック・トレーディングを専門としています。同社は「最も秘密主義で成功した」ヘッジファンドとして広く認識されています。彼らの代表的なメダリオン・ファンドは、投資史上最高の実績で知られています。ルネッサンスは1982年、数々の賞を受賞した数学者で冷戦時代の暗号解読者だったジェームズ・シモンズによって創設されました。

ルネッサンス・テクノロジー社

概要

1988年、ルネッサンス・テクノロジーは最も収益性の高いポートフォリオであるヘッジファンド、メダリオン・ファンドを設立した。このヘッジファンドは、数学者ジェームズ・エックスが改良したレオナルド・バウムの数学モデルを改良・拡張したものを用いて、利益を生む相関関係を探索した。ジム・バーキャンプは、取引を、より短期間で純粋なシステム主導の意思決定へと進化させることに貢献した。そのヘッジファンドはシモンズとエックスが獲得した数学賞に敬意を表してメダリオンと名付けられた。

ルネサンスの旗艦ファンドであるメダリオンは、主にファンドの従業員を対象に運営されており、1988年から2018年までの30年間に、手数料控除前で年率66%超、フィー控除後で年率39%超のリターンを上げ、ウォール街での好業績で知られている。ルネサンスは、ルネサンス機関株式ファンド(RIEF)とルネサンス機関多角化アルファ(RIDA)という二つのポートフォリオを外部投資家に提供している。

シモンズは2009年後半に引退するまでルネサンスを経営し、継いだロバート・マーサーが辞任した後、現在はピーター・ブラウンが経営している。二人とも計算言語学を専門とするコンピュータサイエンティストで、1993年にIBMリサーチからルネッサンステクノロジーに入社した。シモンズは非執行会長として引き続き会社での役割を果たし、その資金、特にメダリオンとして知られている秘密主義で一貫して利益の上がるブラックボックス戦略に投資し続けている。ルネッサンス全般、特にメダリオンの成功により、シモンズは世界で最高のマネーマネジャーと言われています。

ルネッサンステクノロジー

学術・研究

ジム・シモンズ氏は大学の数学科長を10年務めた後、ルネッサンステクノロジー社を設立した。シモンズは、幾何学の最高の栄誉である米国数学会のオズワルド・ヴェブレン賞を1976年に受賞しています。彼は、重力のような目に見えない場がどのように物質と相互作用して超弦からブラックホールまでのすべてを生み出すかについての先進的な理論を含む、現代の理論物理学の基礎であるチャーン・サイモンズ理論のために科学界で知られている。

 

クオンツ・トレーディング

同社では、特定の市場における証券価格の方向性に関する統計的確率を評価する定量的取引を利用している。スタッフは、ルネッサンステクノロジーが考慮に入れている金融・経済現象の周辺事象に関するデータの幅広さと、計算と実行のためのスケーラブルな技術アーキテクチャを展開することによって大量のデータを操作する同社の能力を説明している。ルネッサンステクノロジーをはじめとする数社の企業は、ビッグデータやデータアナリティクスが主流のテクノロジの注目を集める以前の約20年間、毎日テラバイトのデータを合成し、ペタバイトのデータから情報信号を抽出してきた。

 

ルネッサンス・テクノロジーは20年以上前から、複雑な数学モデルを用いて取引の分析と実行を行っており、その多くは自動化されている。このヘッジファンドはコンピューター・ベースのモデルを使って、取引の容易な金融商品の価格変動を予測している。これらのモデルは、収集可能な限り多くのデータを分析し、予測を行うためにランダムでない動きを探すことに基づいている。また、同社の業績は、パターン認識などの金融信号処理技術を採用したことによるものだと考える人もいる。ザ・クオンツでは、音声認識の専門家の雇用について説明しているが、その多くはIBM出身で、同社の現幹部も含まれている。

 

非ファイナンス的なバックグラウンドを持つ「クォンツ」

ルネッサンスでは、数学者、物理学者、信号処理の専門家、統計学者など、非ファイナンス的な経歴を持つ専門家を採用しています。同社の最新のファンドはルネッサンス・インスティテューショナル・エクイティズ・ファンド(RIEF)である。RIEFはこれまで、同社の有名なメダリオン基金に後れを取ってきた。

2013年のデイリーテレグラフの記事は、ルネサンステクノロジーのスタッフをウォール街の数学の天才だと表現している。「彼の200人の従業員のうち、ニューヨーク州ロングアイランドのおしゃれでないビルに収監されている。三人に一人は博士号を持っていて、金融の分野ではなく、物理学、数学、統計学のような分野でだ。ルネッサンスは「世界最高の物理と数学の学部」と呼ばれ、ウェザオールによると「ウォール街の匂いのする人物を雇うのを避ける」という。

ルネッサンスは科学者が経営する会社であり、数学者、統計学者、純粋物理学者、実験物理学者、天文学者、コンピュータ科学者のような定量的な金融研究のために、基本的に非ファイナンス的なバックグラウンドを持つ者を採用している。ウォール街の経験は冷遇され、科学の才能は高く評価されている。ルネッサンスでは、ビジネススクールの卒業生の群れのような精神が投資家のリターンの低さの原因であると広く信じられている。ルネッサンスは、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校近くのロングアイランドにあるイースト・セトーケットの50エーカーのキャンパスで、約150人の研究者とコンピューター・プログラマーを雇用しており、そのうち半数は科学分野で博士号を取得している。数学者のイサドア・シンガー氏は、ルネッサンスのイースト・セトーケット研究所を、世界最高の物理と数学の学部だと評しました。

同社の管理およびバックオフィス業務は、ニューヨーク市のマンハッタンオフィスで処理される。その会社は事業の運営について秘密主義で、ほとんど知られていない。同社は、科学的タイプの人材を採用し保持する能力、人事異動がほとんどないこと、研究者に非競争契約と非開示契約に署名することで知的財産の義務に同意することを要求することで知られている。

計量学(Monemetrics)

1978年、シモンズは学界を去り、ロングアイランドのショッピングモールでヘッジファンドの運用会社マノメトリックスを立ち上げた。同社は当初、主に通貨を取引していたが、サイモン氏は当初、自分のビジネスに数学を適用することは考えていなかったが、収集していたデータの数学的モデルを作成することは可能であるはずだと次第に気づいた。

マノメトリックスの社名は1982年にルネッサンステクノロジーに変更され、シモンズは国防分析研究所(IDA)やストーニーブルック大学で過ごしたころから、数学者やデータモデリングの専門家を何人か雇い始めました。彼が最初に採用したのはIDAの暗号アナリストで、バウム=ウェルチアルゴリズムの共著者でもあるレオナルド・バウムです。バウムが数学モデルを使ったトレーディングという考えを捨てて、基礎的なトレーディングを始めたとき、シモンズはコーネル大学から代数学者ジェイムズ・アックスを招聘しました。アックスは商品の将来をカバーするためにバウムの通貨取引モデルを拡大し、その後シモンズは自身の取引口座であるAxcom Ltd.をアックスともに設立し、最終的に収益性の高いファンドメダリオンを生み出した。1980年代に、アックスと彼の研究者はバウムのモデルを改良し、利益を得るための相関関係を調べるためにそれらを利用した。

メダリオン・ファンド

ルネサンスは1988年に最も有名で収益性の高いヘッジファンドであるメダリオンファンドを設立した。この基金は、先駆的な代数学者ジェームズ・エックスが改良したレオナルド・バウムの数学モデルを改良・拡大したものを用いて、利益を生む相関関係を探求したものである。シモンズとエックスはヘッジファンドを立ち上げ、彼らが獲得した数学賞に敬意を表してメダリオンと名付けた。同社が開発した数学モデルは年々改良され、1988年までには、同社の取引はすべてこのモデルに基づいて行われるようになった。

 

メダリオン基金はこれまでで最も成功したヘッジファンドの一つと考えられている。1994年から2014年半ばまで、手数料控除前の年平均リターンは71.8%で、1993年以降は外部投資家には非公開で、現在および過去の従業員とその家族にのみ提供されている。同社は2005年にMedalionファンドの最後の投資家を買収しており、投資家コミュニティはそれ以来リターンを見ていない。ルネサンスの約275人の従業員のうち約100人は「適格購入者」、つまり投資すべき資産を少なくとも500万ドル保有しており、残りは「認定投資家」、一般に少なくとも100万ドルの価値がある。

 

1988年以来、彼の旗艦ファンドであるメダリオンは平均年率66%のリターンを上げた後、高額な投資家手数料を請求し (手数料後39%) 、1000億ドル以上のトレーディング利益を上げています。投資の世界では誰も近づけない。ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロス、ピーター・リンチ、スティーブ・コーエン、レイ・ダリオの運用実績ですらメダリオンの実績のは及ばない。

2000年までに、コンピュータ駆動のメダリオン基金は、1988年以来手数料を差し引いて年平均34%の収益を上げた。シモンズは、2009年後半に引退するまでルネッサンスを運営していた。1993年の一月から2005年の四月の間に、メダリオンは毎月17回の損失しか出さず、同時期の49四半期のうち、メダリオンは三四半期の損失しか出さなかった。1989年から2005年の間に、メダリオンはたった一年間の損失しか示さなかった。スタンダード&プアーズ (S&P) 500株価指数が38.5%下落した2008年、メダリオンは98.2%上昇した。

メダリオンファンド税引き後実績
1988年 9.0% 1999年 24.5% 2010年 29.4%
1989年 -4.0% 2000年 98.5% 2011年 37.0%
1990年 55.0% 2001年 33.0% 2012年 29.0%
1991年 39.4% 2002年 25.8% 2013年 46.9%
1992年 33.6% 2003年 21.9% 2014年 39.2%
1993年 39.1% 2004年 24.9% 2015年 36.0%
1994年 70.7% 2005年 29.5% 2016年 35.6%
1995年 38.3% 2006年 44.3% 2017年 45.0%
1996年 31.5% 2007年 73.7% 2018年 40.0%
1997年 21.2% 2008年 82.4%
1998年 41.7% 2009年 39.0%

退職金基金としてのメダリオン

ルネッサンスはロス IRAの中にメダリオンの破片を入れる許可を 得た 。つまり、1994年から2014年半ばまで、手数料控除前で年平均71.8%の収益を上げていたファンドの将来の収益には、税金が一切かからないということだ。

 

ルネッサンステクノロジーは2010年に401 (k) 退職プランを終了し、従業員勘定残高は個人退職勘定に計上されました。標準的な個人退職年金口座に拠出し、所得に関係なくRoth IRAに転換することができる。ルネッサンスは2012年までに米国労働省から特別な免除を与えられ、従業員が退職金をメダリオンに投資できるようにしました。これは、メダリオンが以前の401 (k) プランを一貫して上回っていたからです。2013年、ルネッサンスのIRA計画には259人の参加者があり、その8660万ドルの貢献額は、手数料や年間税抜きで1億5300万ドルに達しました。ルネサンスは新たな401 (k) 計画を立て、2014年11月、労働省はその計画もメダリオンへの投資を認めた。

 

ルネッサンス制度株式ファンド(RIEF)

2005年、ルネッサンス機関株式ファンド(RIEF)が設立された。RIEFはこれまで、同社の有名なメダリオン基金に後れを取ってきた。ルネッサンスはまた、外部者に二つのルネッサンス機関多角化アルファ(RIDA)を提供する。シモンズは2009年末に引退するまでルネサンスを送っていたが、ルネサンス機関株式ファンドは、2007年夏の終わりまで続く高いボラティリティ環境に苦慮していた。2007年のブルームバーグの記事によると、

 

ジェイムズ・シモンズの290億ドルのルネサンス機関株式ファンドは、株式の売買に使われるコンピューター・モデルが証券の値動きに圧倒された2007年8月に8.7%下落した。設立から二年を経た量的、いわゆる「クアン 」ヘッジファンドは現在、年初来で7.4%下落している。シモンズ氏によると、他のヘッジファンドはポジションを売らざるを得ず、証券間の関係に基づく統計モデルをショートさせているという。

 

ルネッサンスは2008年9月25日、証券取引委員会に意見書を提出し、機関投資家が現在ロング・ポジションを保有しているように、一般投資家がショート・ポジションに関する情報にアクセスすることを可能にするようなルール変更の実施を思いとどまらせた。その理由として同社は、「機関投資家は株式公開を避けるために取引行動を変えるかもしれない」ことなどを挙げている。

 

Renaissance TechnologiesのURL

Renaissance Technologies

この記事が気になった方は「ヘッジファンド記事一覧」もおすすめです。海外有名ヘッジファンドの運用手法がわかります。

海外有名ヘッジファンドカテゴリへのリンク

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG