専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

「イングランド銀行を打ち破った男」ジョージ・ソロス

 

「イングランド銀行を打ち破った男」ジョージ・ソロス

 

出生

ヘッジファンドマネージャーのジョージ・ソロスは、1930年8月12日にハンガリーのブダペストで生まれた。ユダヤ系の家族だったが、ハンガリーで反ユダヤ主義が高まっていたため、家族の方針としてユダヤ教の宗教活動をしないことにした。家族は中流階級の家庭であり、家族はユダヤ教徒として取り調べを受けることを望んでいなかった。これを避けるため、彼らは姓をユダヤ系の性からソロスに変えた。ソロスとはハンガリー語で「指名承継人」という意味だ。この名前は、ソロスの父親から、その意味だけでなく、逆向きと同じ綴りであることからも好まれた。

1944年3月、ナチス・ドイツがハンガリーを占領した際、多くのユダヤ人を保護するために虚偽の証明書を作らなければならなかった。ソロスの両親は、彼らの「クリスチャン」信仰を示す文書を購入することで、再びユダヤ人のルーツを隠した。このような努力によって、ハンガリーでは多くのユダヤ人が保護された。この時期にソロスの父親が人々を助ける努力は、彼の父親が偉大な英雄でありユダヤ人の保護者であったという若いソロスの心の中で固まった。

1945年、ナチスがハンガリーの支配から脱したことで、ようやく隠蔽に終止符が打たれた。1947年にナチが退位した直後、ソロスはハンガリーを離れ、ロンドンで教育を受けることができた。彼はイギリスに移住し、哲学者のカール・ポッパーの学生としてロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに通った。1951年哲学大学卒。彼は哲学の理学修士として1954年に学校を卒業した。

彼はクエーカーに拠点を置く慈善団体を通じて教育資金の援助を受けたが、ウェイターや鉄道のポーターとして働く必要もあった。

彼の人生の最悪の時期は卒業後に訪れた。まともな仕事を見つけるのは困難で、彼はウェールズのリゾート地に品物を売るためにあちこち旅行する仕事をせざるを得なかった。大学で教育を受けた後、就職難にもかかわらず、最終的にはイギリスやアメリカの商業銀行で様々な仕事に就くことができた。最初に商業銀行に就職するために、彼は各銀行のすべての取締役に手紙を書くことに決めた。1、2人の管理者だけが彼に答え、多くの人が彼を見下した。しかし、彼の努力で、1954年にシンガー&フリードランダーの事務員として新入社員の地位を得ることができた。彼は、マネージャーもまたハンガリー人だったので、彼を雇ったと考えている。

 

投資家としての適性に目覚めた時期

彼が投資家として適正を見出したのは、まさにこのタイミングだった。彼は哲学の知識を生かして出世することができた。彼は、カール・ポッパーの反射性の一般理論が資本市場にも適用できると信じていた。彼はその成功を、資産管理だけでなくビジネス慣行によって証明してきた。

最初は事務員だったが、後にシンガー&フリードランダーのアービトラージ部に就職した。そこで同僚からニューヨーク市のF.M.Mayerへの就職を勧められた。この同僚のロバート・メイヤーは、その証券会社のオーナーであるフレデリック・メイヤーの息子だった。

ジョージ・ソロスは、F.M.メイヤーのトレーダーの職を得た後、1954年にニューヨーク市へ移ることができた。この間、米国のトレーダーは、欧州石炭鉄鋼会社の設立により、欧州株に関心を持つようになった。ソロスさんはヨーロッパの貿易に精通していたので、ヨーロッパの販売に特化することができました。

彼のキャリアは進み続け、1959年までにはヴェルトハイムに就職することができた。また、ヨーロッパ出身であったこともあり、その知識を活かして欧州証券のアナリストを務めた。そこで彼はロンドン・スクール・オブ・エコノミクスから得た哲学的な知識を活用し始めた。彼は、人々のアイデアが市場を形成し、経済だけではないことを理解できた。経済学の原則に従うだけでは、市場がうまくいくとは思わなかった。このイデオロギーが彼の実践の原動力となった。実際、彼は哲学の研究を続けるために十分なお金(50万ドル)を貯めたいと思っていた。

彼が最初に結婚したのは、彼のキャリアのこの時期だった。ドイツ人移民のアンナリーズ・ウィトシャクとジョージ・ソロスは、1960年に結婚した。アンナリーゼはユダヤ人ではなかったが、第二次世界大戦中に孤児となり、家を追われた。ソロスの両親は、同じような体験を共有していたため、彼女がユダヤ人ではないにもかかわらず、彼らの結婚を喜んだ。2人は3人の子どもをもうけた。2人は1983年に離婚した。

 

哲学とクオンタムファンド

ジョージ・ソロスは、1963年から1973年の間に再帰性の哲学を実践することができたが、1963年にジョン・F・ケネディ大統領が導入した金利平衡税は、市場の均衡を図るために米国の投資家が外国証券を買わないようにする目的で課税されたため、ヨーロッパのトレーディング業務は妨げられた。ソロスは自分のトレーディング能力と利益を損なっているので、この現状には興奮していなかった。しかし、大学時代にカール・ポッパーから得た知識を活用すれば、大きな利益が得られると信じていた。彼はトレーディングの哲学を実践するために、会社の資金10万ドルでファンドを立ち上げることができた。

彼が最初のヘッジファンド 「ダブル・イーグル」 を設立できたのも1969年のことだった。彼はこのファンドに25万ドルを投資し、ジム・ロジャーズという名の人物を含む他の投資家からも400万ドルを受け取った。もちろんのちにタッグを組んで有名になるあのジム・ロジャーズである。

この投資は、ソロスとロジャースのおかげで毎年20%の利益を上げ、大きな利益を得ていた。1970年、彼はソロス・ファンド・マネジメントも創設した。1973年までには、ダブル・イーグルはソロスがロジャースと共同で二番目のヘッジファンドを始めるのに十分な資金(1200万ドル)を得ていた。二人は、新たな投資を始めるために、ダブル・イーグルから自分たちが持っていたわずかなお金を取った。ソロスはそれをソロスファンドと名付けたが、後に量子論に基づいてクオンタムファンドに変更された。彼は、彼の新しいファンドにより集中するためにダブルイーグルを辞任し、彼の新しいファンドに切り替えるためにダブルイーグルの投資家を招待した。どちらのファンドに投資するかという選択権が与えられた。

ファンドの成長は1981年には4億ドルに達したが、最初に大きく落ち込んだ。クオンタムファンドの22%の損失により、多くの投資家が撤退し、ファンドは年初の半分にまで低下した。このような混乱にもかかわらず、クオンタムファンドは歴史上最も成功したヘッジファンドの一つとなり、400億ドルを生み出した。

1992年の英ポンドショート

ソロス氏の経済的な目は、1992年の英国の貿易市場が避けられない危険を予見することができたが、欧州為替相場メカニズム (ERM) によって英国が窮地に追い込まれたことから、ソロス氏は利益が出る可能性があることを知っていた。現在のレートでポンドの価値を維持するのは困難で、政府は迅速に対応できなかった。ポンド相場が高すぎることを知り、市場ではすでに空売りが続いていたソロスは、1992年9月16日のブラック・水曜日から利益を得ることができた。ソロスはさらに100億ポンドを空売りし、10億ポンド以上の利益を得た。彼はイングランド銀行を破ったことで非難された。英国財務省の損失総額は約34億ポンドと推定された

ソロス氏は、1992年9月までの数カ月間、ポンドに大量の売りポジションを建てていたが、欧州為替相場メカニズムにおける英国の不利な立場を認識していた。ソロスにとって、英国が欧州為替相場メカニズムに参加するレートは高すぎたし、インフレも高すぎたし(ドイツの金利の3倍)、英国金利が資産価格を下げていた。

ブラック・ウェンズデーの1992年9月16日までに、ソロスのファンドは100億ドル以上のポンドを売り越し、英国政府が他の欧州為替相場メカニズム諸国に匹敵する水準まで金利を上げることや通貨を変動させることに消極的であったことから利益を得た。

結局、英国は欧州為替相場メカニズムから脱退し、ポンドを切り下げた。ソロス氏の賭けによる利益は10億ドル以上と見積もられていた。「イングランド銀行を打ち破った人」と呼ばれた。英国財務省に対するブラックウェンズデーの推定費用は34億ポンドであった。ソロス政権下で取引されたスタンレー・ドラッケンミラーは当初、ポンド安を認識し、「ソロスの貢献が彼を巨大な地位へと駆り立てた。」と述べた。

1992年10月26日、ニューヨーク・タイムズはソロスの言葉を引用してこう伝えた。「ブラックウェンズデーまでの私たちの総ポジションは、ほぼ100億ドルの価値がなければなりませんでした。それ以上の販売を予定していました。実際、評価切り下げ直前にノーマン・ラモントがポンド防衛のために150億ドル近くを借りると言ったとき、私たちは面白がった。それが私たちが売りたいと思っていたほどの金額だったからだ。」

ソロス氏は1996年2月5日、フィンランドの複数のマルクを空売りするとみられていた。マルッカは1990年初頭の不況の結果、浮かんでいた。フィンランド中央銀行とフィンランド政府は当時、「陰謀」は不可能だとコメントしていた。

アジア通貨危機

それは、経済危機に関する彼の最後の問題はなかった。その後1997年、彼は、アジア通貨危機として知られるアジアで通貨危機を引き起こすために富を利用したユダヤ人の陰謀で告発された。マレーシアのマハティール首相はソロス氏が自分の支配下にある富をミャンマーの加盟を歓迎した東南アジア諸国連合(アセアン)を懲らしめるために使っていると非難した。反ユダヤ的発言の歴史に続き、マハティールはソロスのユダヤ人としての経歴(「通貨暴落を引き起こしたのはユダヤ人だ。」に具体的に言及し、ソロスがもっと大きなユダヤ人の陰謀の一部としてこの衝突を画策していたことをほのめかした。彼はその後、ソロスの説明を受け入れた後、2006年にその声明を撤回した。ソロス・ファンド・マネジメントは、同通貨を空売りしていたが、急落の責任は感じていない。実際、これはソロス氏が予見したもう一つの経済危機であり、彼は投資戦略によってその影響の一部を高めようとしたと説明した。彼は取引所で実質的な利益を得ていなかった。1997年初頭には、ソロスのファンド・マネジメントは、貿易勘定と資本勘定の間の矛盾が解消されないことを明らかにした。タイ・バーツとマレーシア・リンギットは、1997年初めに、半年から一年間の期間で空売りした。(つまり、現在保有していないタイバーツとマレーシアリンギットの先物契約を締結しました。)クオンタムファンドは、危機の間、または、数ヶ月前に通貨を売らなかった。それどころか、ファンドは通貨が下落し始めたときには買い手であった。つまり、われわれは以前の投機で得た利益を実現するためにリンギを買っていたのである。(後になってわかったことだが、あまりにも早い。潜在的な利益のほとんどは、マハティールが資本規制を課すのではないかと危惧したため、検討の対象とした。彼はそうしたが、ずっと後だった。)

この頃には、ジョージ・ソロスとソロスのファンド・マネジメントは、他のエコノミストから大きな注目を浴びていた。著名な経済学教授であるポール・クルーグマンは、ジョージ・ソロス政権下の投資家について、自分の意見を述べたり、間接的には、投資家が単に楽しみと利益のために危機を引き起こすと考えている投資家であると言及したりした

 

ソシエテジェネラル事件

彼は1988年にフランスで起こった事件について再び取り調べを受けていることに気づいた。彼はフランスの銀行ソシエテ・ジェネラルから株式を購入した件で最初は無罪とされたが、事件はまだ解決されていなかった。彼は2006年6月14日にフランス最高裁判所で有罪判決を受けた。裁判が大幅に遅れたため、ソロスは2006年12月に欧州人権裁判所に上訴することができたが、彼は通商法を知っていたという理由で2011年10月に最終的に棄却された。彼は94万ユーロの罰金を科せられた。

2000年後半の景気後退はソロスにとって大きな懸念であった。彼は、各国政府が世界中で起こっている財政問題に介入していないことが分かった。ソロスは、これが経済に害を与えるだけだと言うことができた。経済が回復するという前提のもとで誰も行動しなかった。これは彼の再帰主義の哲学に反するものであり、人々の見解が大不況の進行を形作っていることを彼は知っていた。世界経済の苦闘を目の当たりにした彼は、2009年、世界規模で経済学に新たなアプローチを見出すことを目的とする 「新経済思考研究所」 を設立。それは最高の国際的な金融専門家たちで構成されている。

ファミリーオフィスへの転換

2011年、米国で開示規則が変更され、ソロス氏は外部投資家の資金を返還することが最善であると判断した。その理由は、米証券取引委員会 (SEC) の新規制が投資家のプライバシーを侵害するからだ。彼は、約10億ドルであると考えられている、返却されたものを取り替えるために、ファンドに自分の財産を投資することに決めた。

ジョージ・ソロスは生涯を通じて、ビジネスだけでなく政治にも大きな影響力を持ってきました。ソロス氏は、『オープン・ソサエティ財団』という財団を所有している。その主な目的は、民主的な政府が透明性を持ち、すべての人々に平等な開かれた社会を持つことを奨励することである。これらのイデオロギーは彼の慈善的な考えに由来する。彼の寄付と活動は、1980年後半から1990年前半の東欧における共産主義の崩壊を含む多くの世界の大きな変化に影響を与えてきました。彼は設立以来、120億ドル以上を寄付しており、中央ヨーロッパ大学にも資金を提供している。これは彼の故郷の大学であることと、ヨーロッパに対するナショナリズムを支持するものである。彼はまた、政治的にアメリカではリベラルで進歩的だと見られてきた。彼は、オープン・ソサエティ財団からの寄付を通じて、ヨーロッパだけでなく米国の政治運動にも貢献している。

この記事が気になった方は「ヘッジファンド記事一覧」もおすすめです。海外有名ヘッジファンドの運用手法がわかります。

海外有名ヘッジファンドカテゴリへのリンク

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG