専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

ヘッジファンドの地理的分散と活動状況

ヘッジファンドの地理的分散と活動状況

現在、世界には約1万のヘッジファンドが存在する。ほとんどの国にはファンドがあり、ヘッジファンドの設立や販売を可能にしたり、促進したりするための新しい法律や規制が世界中のどこかで絶えず作られている。一部の国では、個別のファンドの販売を可能にする規制を採用している一方で、ファンドを通じてのみヘッジファンドへの投資を許可している国もある。15表1.2は、ヘッジファンドを実施または販売できる国を示している(時々、特定の状態で)。規制は絶えず進化しており、ヘッジファンドはもともとプライベートなものとして設計されていたため、ヘッジファンドを購入できる国すべてをカバーできるわけではない。しかし、記載されている国でそれらを買う方法が確かにあることは明らかです。オルナタティブ・UCITS(ユーシット、投資信託規制のこと)が出現し、これらを我々の分析に統合すれば、国のリストはさらに長くなるであろう。なぜなら、これらの構造が発起人が基金をヨーロッパ中だけでなくラテンアメリカやアジアを含むヨーロッパ外でも販売することを可能にするからである。

◆主なヘッジファンドの募集可能国

北・南米 欧州 その他 オフショア
カナダ ドイツ オーストラリア オランダ領アンティル
アメリカ オーストリア 日本 バハマ
ブラジル ベルギー シンガポール バミューダ
アルゼンチン スペイン 中国 キュラソー島
コロンビア フランス 韓国 ガンジー
イギリス 香港 マン島
アイルランド マレーシア ケイマン諸島
イタリア タイ チャネル諸島
ルクセンブルク ロシア
マルタ ポーランド
モナコ チェコ・スロバキア
ノルウェイ 南アフリカ
オランダ ドバイ
スイス
スウェーデン

 

ヘッジファンドはヨーロッパのほとんどの国と北米に存在する。また、香港を拠点とするヘッジファンドは、オーストラリア、日本、シンガポールなどアジア太平洋地域の先進国市場や、アジアの新興国市場にも多く存在する。東欧では、ロシア、ポーランド、チェコ共和国は例外として残っている。アフリカは、その資本市場がまだ発展していないので、十分に代表されていないままである。唯一の例外は南アフリカで、ヘッジファンド設立の法的枠組みを持っている。南アフリカには2004年時点ですでに50以上のヘッジファンドが存在し、10億米ドル以上のファンドマネージャーのファンドも少数存在した。ブラジルを中心とする南米16カ国では、ファンド数が比較的急速に増加している。中東では、ドバイの最近の急速な発展と魅力的な規制・税制がヘッジファンドの出現につながった。また各国最終的にはオフショアでヘッジファンドを創設し、募集することができる。主要なオフショア地域を列挙しているが、全体の中でいうと一部しか挙げていない。ケイマン諸島、バミューダ諸島、バハマ諸島は依然としてヘッジファンドが好んで居住する場所である。

様々なデータによる推計によると、ヘッジファンドの約42%はオフショア地域に拠点を置いている。続いて米国が33%を占めている。その後にヨーロッパが13%、アジア太平洋が9%(日本とオーストラリアが支配的な地域)と続き、ラテンアメリカ、東欧、アフリカへの投資が続いている。オフショア・ファンドは通常、欧米に拠点を置く資産運用会社によって運用される。そのような法域には一定の利点があり、主なものは税金関連である。これはヨーロッパの投資家だけでなく、非課税のアメリカの年金基金にも当てはまる。図1.6は、同じ情報を運用資産の内訳に基づいて示している。資金の集中は、資金がより長期にわたって存在する主要な市場、すなわち米国や海外の法域でより重要である。通常、米国よりも大きな資産基盤を持つオフショアファンドにとっては、非課税の米国機関投資家の投資のおかげで、その影響はさらに大きい。

最初のヘッジファンドは1949年にアメリカで創設された。業界が成長し始めると、パートナーは通常、米国の投資家向けに米国版のファンドを、他の潜在的投資家向けに海外版のファンドを作成した。1980年代後半ころまでは、米国や域外に本拠を置くファンドはほとんどなかった。しかし、状況は急速に進展した。米国、次いで欧州、アジア、ラテンアメリカ、東欧におけるヘッジファンドの開発に焦点を当てる。ヘッジファンド業界を投資ゾーン別に分類したものである。世界で最も流動性の高い市場である北米は、ヘッジファンド投資の主要市場であり、ファンドの40%はこの市場に集中している。欧州やアジア太平洋市場に先行して、グローバルに多様なファンドが追随した。最後に、ラテンアメリカ、東ヨーロッパ、アフリカおよび中東はそれぞれ5%未満である。 

プレキン:ヘッジファンド登記地割合
プレキン:ヘッジファンド登記地割合

長年、ヘッジファンド運用会社は、ニューヨークやロンドンのような公認された金融センターにほぼ独占的に拠点を置いていた。今日、状況は進化しており、管理会社は世界中にある。

1990年にヨーロッパとアジアに拠点を置くヘッジファンドのマネージャーが事業を開始するまで、ヘッジファンド市場はほとんど北米とオフショア地域に限定されていた。現在、ヘッジファンドの約1/3が依然としてアメリカ人であることから、アメリカのヘッジファンド市場が中心となっている。しかし、この市場は最も成熟しているため、この市場の成長は鈍化している。

アメリカのヘッジファンドの発展は、ある程度矛盾している。数年間はかなりの割合のファンドが存在するが、毎年多くの新しいファンドが作られている。この成長は、比較的高い割合の解散と釣り合っている。全体的に見て、これはアメリカの産業の限られた成長につながる。米国は長年ヘッジファンドの主要市場であり、投資家の要求は他のどの国よりも厳しい。ヘッジファンドは、下記の図が示すように、2008年以降に資金の流出と償還を経験したが、業界の高い解約率は、ファンドの規模の偏りにつながった。ほとんどのファンドの資産基盤は小さい。米国のヘッジファンドの40%は資産額が2000万米ドル未満であり、50%は5000万米ドル未満である。このような金額は通常、損益分岐点と見なされ、ファンドの運用コストはすべてカバーされる。全体として、アメリカのヘッジファンドの70%は1億米ドル未満の資産しか持っていない。アメリカのヘッジファンドで5億米ドル以上の資産を保有しているのはわずか10%で、10億米ドル以上の資産を保有しているのは5%にも満たない。平均的なファンドの規模は過去10年間で増加している。

 

ヘッジファンド残高推移
ヘッジファンド残高推移
>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG