専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

ヘッジファンドに就職するための9のポイント

ヘッジファンドに就職したいと思う人は多いようです。ヘッジファンドは高給取りのビジネスプロフェッショナルというイメージを強く持っているためでしょう。

 

しかしヘッジファンド業界で最初の仕事に就くことは、容易ではありません。ヘッジファンドでキャリアを築くには、決断力、人脈作りの持久力、そしてし烈な競争に打ち勝つことを意味します。

 

ここでは面接を受けて、仕事に就くまでのステップを紹介していきたいと思います。

 

エントリーレベルのポジションを探している場合でも、ヘッジファンド・マネージャーとしての転職・中途採用を探している場合でも、以下の「就職するための9のポイント」を取り組むことが近道になると思います。

 

ヘッジファンドに就職するための9のステップ

1.ヘッジファンドで働きたいという強い動機を持つ

通常の投資信託やETF、プライベートエクイティやプライベート・エクイティではなく、ヘッジファンドで働きたいという確信や信念が確立されていればいるほど、ヘッジファンドで働ける可能性は高まります。

できればヘッジファンドで働きたい、ではなくヘッジファンドで働くことによりあなたが得られる価値を言葉で表せるようになりましょう。

もしあなたが本当にヘッジファンドで働きたいのであれば、それはあなたの自己規律、ネットワーク、業界の知識、情熱、行動など全てに表れます。

後で考えを変えることもできますが、この業界で働きたいのなら、全力を尽くしてできる限りのことをすべてを学ぶ必要があります。従来と視点を変える決断をし、3~5年間それを守って、結果に結びつくように行動をしましょう。

 

2.ヘッジファンド業界を調査する

ヘッジファンドで就職することを目標にしているなら、その目標に向かって日々の習慣を作りましょう。無料のヘッジファンド・ニュースレターを購読したり、ヘッジファンドに関する本や記事を毎日読んだり、ヘッジファンドに関連する協会や集まりに加入したりしましょう。

主要な用語と定義、主要な担当者、企業の差別化要因、マネージャの使用する戦略など、基本的な事項について学ぶ必要があります。

3.ヘッジファンド・キャリア・メンターの特定

ヘッジファンドの世界を探求する初期段階では、関係を築き始めることができる潜在的なメンターを2、3人見つける努力が必要です。メンター関係を築くには時間がかかりますが、成功した人の多くは、できることなら喜んで他人を助けてくれます。

 

業界関係者とのコミュニケーションの中で、どのような能力や人材が必要とされているかがわかり、雇用のミスマッチを防ぐことができます。

メンターに感銘を与えるには、献身、忍耐、謙虚さ、学習への渇望を示す必要があります。

4.ヘッジファンドのインターンシップを受ける

ヘッジファンドについての知識を深め、潜在的なメンターを見つけたら、インターンシップを探し始めましょう。別のポジションでフルタイムで働いている場合でも、ヘッジファンドのリサーチを週5~10時間行うと、ヘッジファンドがトレーディングのアイデアを生み出し、ビジネスとして運営しているいくつかの方法を知ることができます。

新人と仕事をするリクルーターはほとんどいません。人脈を頼りにして、可能であれば現場で仕事するのが良いでしょう。もっといいのは、インターンシップを何回か受けることです。経験が多ければ多いほど、より良い資格を得ることができます。

5.独自のバリュー・プロポジション (価値の提案) の作成

ヘッジファンドに関する記事、本、ニュースレターを読み、いくつかのインターンシップを終え、メンターとしての関係を構築した今、あなたがこの業界のどこに当てはまるのかを見極める時です。ニッチを定義し、その領域に焦点を当てて努力してください。

例えば、新興成長市場のアナリストになりたいのであれば、新興成長市場に関するいくつかのホワイト・ペーパーを作成し、関連ファンドを専門とする企業に就職活動の重点を置きましょう。

6.資格・能力の洗練化

ヘッジファンドにより必要とされる能力はそれぞれ異なるりますが、業界全体で、多くのヘッジファンドの雇用者が求める典型的な特徴とスキルがあります。以下にその一部を示します。

  • 定量的な実績:以前勤めていた会社に個人的にいくら利益をもたらしたのか?
  • 教育:例えばアイビーリーグの学位、MBA、数量重視のPh.D.はいずれも高く評価されています。外国人がわかる大学でないと意味がありません。
  • 特別な資質。メディアに精通している、資産を集める能力がある、情報の優位性がある等は高評価につながる
  • CFA、CAIA、Chartered Hedge Fund Associate(CHA)などの資格は、履歴書では高評価につながります。
  • 推薦状:過去数件の仕事の中から質の高い推薦状があれば、特に金融関係の場合は高評価につながります。

7.告知されていない雇用機会を探す

求人広告のない求人を見つける1つの方法は、業界の名簿、協会に掲載されている企業に電話をかけることです。

ヘッジファンド業界では、ヘッジファンド・グループ(HFG)、ヘッジファンド協会(HFA)、または地元のCFA協会を通じてネットワークを形成することで、これを実現することができます。

情報提供のための面接は、仕事の見込み客を見つける、あるいは職を得るための素晴らしい方法です。

どんな求職活動でも同じアプローチがヘッジファンドにも適用できる。四社の主要証券会社、二人の管理者、20人のヘッジファンドアナリストやポートフォリオマネジャーとの情報会議を設定しよう。

あなたが誰であるかを説明し、彼らのビジネスについてもっと知るためにコーヒーをご馳走できるかどうか尋ねてください。ミーティングを利用して、彼らの仕事や業界の課題について学ぶことができます。

会議が終わったら、あなたと会うことができるかもしれない2、3人の追加の人の名前を聞いてください。そして、ネットワークの成長を見守りましょう。

8.ヘッジファンド・サービス・プロバイダーの検討

サービスプロバイダの仕事はヘッジファンドに直接就職するのよりも魅力的に見えないかもしれませんが、そこには素晴らしいキャリア機会が存在します。

 

サービス・プロバイダーのポジションでは、多くのヘッジファンド・マネージャーが、専門的な専門知識や関係性を求めてあなたをどこかの時点で採用する可能性すらあります。

特に、プライム・ブローカーの仕事は、ファンド・オブ・ファンズのマーケティングの仕事やサードパーティーのマーケティングのキャリアのための訓練場となりうるでしょう。

9.ヘッジファンドの求人に応募する

これまでの9つのステップを踏めば、どのようなタイプのヘッジファンド戦略やサービス・プロバイダー・グループのために仕事をしたいのか、おおよその見当がつくとおもいます。

ヘッジファンド業界で直接働いた経験が3年未満の人と仕事をするリクルーターはほとんどいません。多くの専門家は、他の業界での経験を生かしてヘッジファンドの世界に参入しますが、通常はリクルーターを通じてそこにたどり着くことはありません。

ほとんどのヘッジファンドは、ハングリーで、謙虚で、頭の切れる人を求めています。上記の9段階の計画を実行する際にこのことを念頭に置いておけば、ヘッジファンドに就職するチャンスは大いにあるはずです。

 

ヘッジファンドの求人例

ここでは具体的な求人例を一つ上げておきます。これをクリアできるようにキャリア拘置を目指していく必要があります。

ヘッジファンドの求人例

当グループでは、ヘッジファンドに関する情報・意見を収集・分析・発信し、投資チームやお客さまにご活用いただいています。ヘッジファンドの戦略は、ロング/ショート・エクイティ、イベント駆動型、裁量マクロ、運用先物など多岐にわたっています。研究チームAは、この高度に協力的なグループの主要メンバーであり、研究プロセスのあらゆる側面に参加しています。グローバルマクロ、マネージド先物、量的株式など多様化する戦略に焦点を当てています。

投資アソシエイツは、詳細なトレーニングプログラムを修了し、シニアリサーチおよびクライアント投資ディレクターから継続的なトレーニングと指導を受けます。投資アソシエイツがC|Aで過ごす時間を最大化するには、深い知識と経験が重要であるため、少なくとも3~4年の間、研究チームと一緒に成長することに関心のある候補者を探しています。

 

主な責任と義務

継続的な定性的・定量的調査・分析を通じて、ヘッジファンド・マネージャーやヘッジファンド市場に関するハウス・オピニオン(ハウス・ビュー)の形成を支援する。

お客様やコンサルタントが投資判断をサポートするために利用する、書面による完全な調査。これには、ファンドマネージャーとのミーティングをまとめた簡潔なコメント、詳細なデューデリジェンス報告書、ヘッジファンド業界で現在関心のあるトピックを探るホワイトペーパーを含むその他の定期的な調査が含まれる。

共通の分析フレームワークを活用し、ヘッジファンドを、組織、投資戦略、パフォーマンス、流動性、ファンドの条件、現在のポートフォリオ・ポジション、その他の主要な属性の観点から評価する独自の分析を行う。

原因分析を実施し、リスク・エクスポージャー・レポートを作成する

ヘッジファンド・ポートフォリオ・マネージャーや他の上級職員とのミーティングに参加し、参加することで、新しいアイデアを引き出し、既存のマネージャーを監視することができる。

ケンブリッジ・アソシエイツの様々なセキュリティタイプに関する知識を高め、絶えず変化するオルタナティブ投資戦略の展望を高める特別プロジェクトに取り組む。

データや分析、ファンドマネージャー間の比較、研究チームの意見など、投資機会に関する最新情報を求める同僚のための情報源となる。

毎月開催されるヘッジファンド調査のためのパフォーマンス展示会と資本市場展示会を準備する。

 

申し込み資格

  • 実績のある学士号。経済/ビジネス、数学、統計学、政治学、および他の同様の専攻の学生が好ましい。
  • 投資および金融市場に対する強い関心がある。
  • 卓越した分析および定量的スキル。
  • 最低2年間の業務経験。
  • リーダーシップ、誠実さ、イニシアチブを発揮。
  • 文書によるコミュニケーションの指揮と強力なビジネス文書作成スキルを実証。
  • 上級投資マネージャーやレファレンスなど、社内外の関係者と対話する能力と意欲。
  • 強力なExcelスキルが必要です。
  • 厳しい納期の中で、単独でもチーム内でも作業できる能力。
  • アメリカで制限なく働く資格があること。
  • すべての申込書には履歴書とカバーレターが必要です。

 

この記事が気になった方は「ヘッジファンド記事一覧」もおすすめです。海外有名ヘッジファンドの運用手法がわかります。

海外有名ヘッジファンドカテゴリへのリンク

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG