専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。
CATEGORY

和製ヘッジファンド

和製ヘッジファンドを中心に記載していきます。一部和製ヘッジファンドと記載のある合同会社系についても記載していきます。

  • 2020年3月29日
  • 2020年3月29日

メディア多数出演の和製ヘッジファンド|ハヤテインベストメント

多くの日本のヘッジファンドは、メディアへの露出を好まないなか、積極的にメディアに露出するヘッジファンドもいます。多くは旧村上ファンド系が多い。これはアクティビストという戦略上仕方ない部分があります。一方株式ロングショート戦略でメディア露出が多いハヤテ […]

  • 2020年3月8日
  • 2020年3月9日

スーパーファンドジャパン株式会社の評価と実態は?

日本でヘッジファンドのみ扱っている証券会社はそんなに多くありません。ヘッジファンド会社が直接証券会社を持っているという点でユニークなのがスーパーファンド証券といってもよいでしょう。似たような会社にエピックファンドが保有しているヘッジファンド証券ぐらい […]

  • 2020年3月7日
  • 2020年3月9日

ヘッジファンド証券の評価と実態は?

ヘッジファンド証券は日本の証券会社としては珍しく、ヘッジファンドのみに特化した証券会社です。 似た証券会社としてスーパーファンド・ジャパン株式会社(昔はスーパーファンド証券だった気が・・・)やエアーズシー証券がありますが、かなり珍しいと思います。 株 […]

  • 2020年3月4日
  • 2020年4月4日

和製ヘッジファンド|ホークスブリッジ・キャピタル株式会社

  和製ヘッジファンドホークスブリッジ・キャピタルとは 2018年末ロイターが報じたところによると、三井住友銀行の高橋精一郎元副頭取が独立系の運用会社であるホークスブリッジ・キャピタルを立ち上げたいう。高橋精一郎氏は安倍晋三首相とも懇意で、 […]

  • 2020年3月2日
  • 2020年6月12日

徳の心を持つ和製ヘッジファンド|武士道アセットマネジメント

  日本の資産運用業界を活性化を願って和製ヘッジファンドを紹介していきます。 また投資家にとってもこうした記事を見ることによって「ヘッジファンドとは何か?」ということがわかるようになると思います。 今回は名前からいかにも日本のヘッジファンド […]

  • 2020年3月1日
  • 2020年6月12日

大学ベンチャーキャピタルが出資した和製ヘッジファンド|レッドフェニックスインベストメント

日本の資産運用業界を活性化を願って和製ヘッジファンドを紹介していきます。 また投資家にとってもこうした記事を見ることによって「ヘッジファンドとは何か?」ということがわかるようになると思います。 大学ベンチャーキャピタル発の和製ヘッジファンド|レッドフ […]

  • 2020年3月1日
  • 2020年3月1日

規制緩和により和製ヘッジファンドが増加

      記事のポイント 最近和製ヘッジファンドの設立が増加している 東京都が規制緩和を行った また少子高齢化が進む中日本の年金基金は低金利下の運用に困っており、ヘッジファンドのニーズが伸びてきている   規 […]

  • 2020年2月11日
  • 2020年8月4日

詐欺に会わないための国内合同会社ヘッジファンドの見分け方

最近合同会社M&Sや合同会社BMキャピタル、合同会社エクシア(旧エクシアジャパン)、そして合同会社Japan Act、合同会社オーシャンズブリッジ、フロンティアキャピタル合同会社などを薦めるサイトが大量に出現しています。 数あるヘッジファンド […]

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG