専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。
CATEGORY

債券

  • 2020年6月12日
  • 2020年6月13日

燃える債券市場から株式のようなリターンを享受する投資家

ノースロップ・グラマン、インテル、コカ・コーラなど米国の優良企業が3月以降に売却した債券は、パンデミックの最も激しい局面で提供された異常に高いクーポンを手に入れようと投資家が奔走したため、価値が急騰した。 2060年に満期を迎えるインテルの10億ドル […]

  • 2020年1月26日
  • 2020年1月26日

フォールエンジェル債ETFへ資金流入

記事のポイント 2019年末から投資家はリスクオンの姿勢を緩めていない 投資適格債からジャンク債に格付けを落とした「堕天使ETF」に資金が流入している 各中央銀行の金融緩和競争により投資家の「イールドハンティング」は引き続き行われている   […]

  • 2019年12月30日
  • 2019年12月28日

投資家がリスクの高いジャンク債に回帰

運用担当者がポートフォリオにリスクを追加するなか、トリプルC債のリターンは12月に4.7%に達した ジャンク債の格付けが最も低い債券は昨年12月に上昇し、ファンドマネジャーらがポートフォリオにリスクを追加することで2020年に備える中、今年秋の下げか […]

  • 2019年12月28日
  • 2019年12月28日

モーゲージ債投資に注目が集まる

2019年の12月に入り一部の債券投資家は、住宅ローン債権の利回りがここ数年で米国債に比べて高い水準にまで上昇したことを受け、住宅ローン債権を見直している。 バンクオブアメリカのデータによると、投資家らは、ファニーメイ、フレディマック、ジニーメイが発 […]

  • 2019年12月28日
  • 2019年12月28日

米国のレバレッジド・ローンの格下げが加速

米国のレバレッジド・ローンの格下げが加速しており、好調な企業債市場の脆弱性を示している。 S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスの一部門であるLCDによると、S&P/LSTAレバレッジド・ローン指数の格下げと格上げの比率は、2 […]

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG