専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。
  • 2020年10月4日

金のバックワーデーションとは

バックワーデーションとは? バックワーデーションとは、原資産の現在の価格が先物市場で取引されている価格よりも高い場合のことです。バックワーデーションは、反転した先物カーブと混同されることもあります。バックワーデーションの反対は、将来の満期時に先物契約 […]

  • 2020年8月10日

ESGファンドは危機的状況の中、記録的な資金流入を記録

コロナウイルスが大流行している間、投資家は持続可能な投資ファンドに過去最高額の資金を投入しており、パッシブ商品への絶え間ない資本逃避に悩まされているアクティブ運用会社に希望の光を与えている。 モーニングスターによると、環境、社会、ガバナンスの原則に基 […]

  • 2020年8月4日
  • 2020年8月4日

なぜ金価格は史上最高値を更新しているのか?

金価格は先週末に記録を更新し、2018年後半に始まり、コロナウイルスの流行中に勢いを増した強気相場の新たな節目を迎えました。貴金属は2020年には約30%高騰し、1トロイオンス2,000ドル(ニューヨークでの取引では史上最高値となる)で取引を終えよう […]

  • 2020年6月12日
  • 2020年6月13日

燃える債券市場から株式のようなリターンを享受する投資家

ノースロップ・グラマン、インテル、コカ・コーラなど米国の優良企業が3月以降に売却した債券は、パンデミックの最も激しい局面で提供された異常に高いクーポンを手に入れようと投資家が奔走したため、価値が急騰した。 2060年に満期を迎えるインテルの10億ドル […]

  • 2020年4月28日
  • 2020年4月28日

コロナショックでスターヘッジファンドへの投資機会到来

ヘッジファンドの世界的な大物たちが新規資金を求めており、投資家たちはすぐにそれに応えている。 ケン・グリフィンやセス・クラーマンなどのマネージャーは、コロナウイルスの大流行のチャンスをつかむために資金を調達したいと考えており、かつては傍観を余儀なくさ […]

  • 2020年3月25日
  • 2020年3月25日

コロナショックでなぜ金は下落し、その後上昇したのか?

金およびその他の貴金属価格は、避難先資産に対する強い需要と、主要な製油所の操業停止による貴金属の不足により、3月24日の火曜日に上昇しました。 ニューヨークの金先物価格は、月曜からの急騰を延長し、5.9%上昇して1トロイオンスあたり1,660.20ド […]

  • 2020年3月21日
  • 2020年3月21日

アクティビスト合同会社M&Sの不可解な動きとは

合同会社M&Sは一時期まで高いリターンで口コミ上位に乗っていた自称ヘッジファンド系の合同会社です。当時はアクティビストを名乗っていました。「オススメヘッジファンドランキング」でも上位によく存在してましたね。 当時の公にしていた実績は下記のとおりです。 […]

  • 2020年3月20日
  • 2020年3月20日

BM Capital(BMキャピタル)を薦めるサイトは信頼できるか?

BM Capital(BMキャピタル)を薦めるサイトは信頼できるか? 最近国内のヘッジファンドランキングという謎のランキングが大量に出現してきています。 特にそこで挙げられているのが合同会社BMキャピタル・エクシア合同会社・トータスパートナーズ合同会 […]

  • 2020年3月20日
  • 2020年3月21日

緊急レポートを出さないグローバル3倍3分法は大丈夫なのか?

儲極 グローバル3倍3分法はいまだに緊急レポートを出していないみたいだね。投資家の数も多いのだし、ほかの投資信託が5%以上動いたらレポートを出す中で、少々緊張感が足りないといえるのではないだろうか? 投資家 ちょっと不安になってきました。大丈夫なんで […]

  • 2020年3月20日

退職金・年金が期待できない30代のための資産運用法

  老後生活に対する不安の内容 現代の30代は給料の上昇も頭打ち、年金は減らされ、退職金は期待できない。そんな将来の不安を持った人はあなただけでなく大勢います。日本人の平均寿命は男性が81歳、女性が88歳と徐々に平均が高くなっています。年金 […]

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG