専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。
NO IMAGE

2020年7月はジャンク債にとっては2011年以来の最高の月に


米連邦準備制度理事会(FRB)の継続的な市場支援により、利回りに飢えた投資家の不安定な企業への信頼感が高まったことから、7月の米国ジャンク債の投資家は約9年ぶりに最高の月となった。

アイス・データ・サービスによると、価格の上昇とその裏返しである利回りの低下により、この資産クラスのリターンは4.78%となり、2011年10月以来の最高の結果となった。

平均ジャンク債利回りは月初の6.85%から月末には5.46%に低下し、金融市場が金融危機からの反発を始めたばかりの2009年5月以来の最大の月次下落となった。

利回りの低下にもかかわらず、安全な債券市場の片隅で収入に飢えている投資家にとっては魅力的な債券であり続けており、先月は投資適格の米国社債の平均利回りが2%を下回った。

FRBが信用市場を支援するための抜本的な措置を発表して以来、企業のデフォルト(債務不履行)が拡大するとの期待は緩和されているが、デフォルトや倒産の件数は増加している。債券市場が開いたままであるため、企業は記録的な金額を調達することができ、米国で相次ぐコビド19の感染による経済への影響を乗り切る能力を強化しています。

Refinitivのデータによると、ジャンク格付けを受けた企業は4月に入ってから債券市場を通じて1,500億ドル以上の資金を調達しています。


ダイヤモンド・ヒル・キャピタル・マネジメントのポートフォリオ・マネージャーであるジョン・マクレイン氏は、FRBが介入した危機の初期の頃から信頼感は回復していると語った。”3月にここにいるとは思っていなかった。4月にここにいるとは思っていませんでした。”5月に入ると、市場に投与された薬が効果的だったように感じ始めました。

市場の回復は非常に強力で、ハイイールド債券のリターンは現在、年間でわずかにマイナスになっています。

EPFRグローバルのデータによると、投資家は3月下旬以降、米国のハイイールド債券を購入するファンドに600億ドル近くを投入しており、それまでの200億ドル以上の引き出しを帳消しにしている。

“この機会を逃してしまったのではないかと、顧客と多くの会話をしている」とマクレイン氏は語った。”私はそうは思いません。 世界中の政府は、信用が適切に機能していることを確認したいと考えています。

 

しかし、多くの企業の長期的な存続には疑問が残り、特に一部の州や地方自治体が再開計画を撤回していると、ダイナソー証券のハイイールド債券トレーダー、ジョン・ディクソン氏は述べています。

「資本市場は航空会社、クルーズライン、映画館などのセクターに非常に親切に対応しており、多くの企業が多額の流動性を調達することができたが、2021年まで社会的な距離が離れたままであれば、それは無駄になるかもしれない」とディクソン氏は述べた。

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG