専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

過度な金融緩和によるインフレリスクが警戒レベルへ

モルガン・スタンレーによると、米国のコロナウイルス危機に対する積極的な金融・財政対応は、インフレを誘発し、連邦準備制度理事会がコントロールに苦慮する可能性があるという。これは株式市場を揺るがす可能性がある、とモルガン・スタンレーは述べている。

モルガン・スタンレーの米国株式ストラテジスト、マイク・ウィルソン氏は、経済学者ミルトン・フリードマンの「インフレは常に、どこでも貨幣現象である」という独り言を引用して、米国経済を循環する貨幣の急増を強調した。

米国のマネーサプライの幅広い指標であるM2の前年比成長率は、パンデミックによる経済的ダメージを軽減しようとする金融・財政政策立案者の努力により、今年に入って急上昇した。ショックの深刻さから短期的にはデフレに陥る可能性が高いが、ウィルソン氏は「インフレ圧力が高まる可能性が高くなっている」と主張した。

“実体経済の大きな不均衡は、数年とまではいかないまでも、あと数四半期は経験することになるだろうが、インフレの最も強力な先行指標であるマネーサプライ(M2)はすでに手の内を見せている」とウィルソン氏は述べている。

2008年の金融危機後、FRBは金融政策を大幅に緩和しましたが、インフレが加速するという懸念は実現しませんでした。しかし、ウィルソン氏は、今年の米国政府の財政対応が、被災企業への大規模な融資プログラムから家計への景気刺激策まで、はるかに積極的になっていることを指摘しています。

また、銀行の状態は2008年に比べてはるかに良くなっており、マネーサプライが上昇したままになる可能性が高くなっているとも述べています。

株式にとっては、価格の上昇に伴って収益が上昇し、固定クーポン債の魅力が低下するため、インフレの加速は通常プラスになる傾向があります。しかし、株式市場のリーダーボードが揺らぐ可能性があるとウィルソン氏は述べています。 “問題は、株式市場の主導権がデフレの勝者に偏っていることであり、突然のインフレの急上昇はポートフォリオに大きな影響を与える可能性がある」とウィルソン氏は警告している。

インフレ

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG