専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

割高なハイテク株は価格を維持できるのか?

ここ数十年で最悪の不況にもかかわらず、米国の主要5銘柄が好調な1年を過ごしたことで、株式市場への影響力がさらに拡大しました。

アップル、マイクロソフト、アマゾン、アルファベット、フェイスブックは現在、S&P500の5分の1以上を占めています。S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスによると、1980年代以降、上位5社がこれほど大きなシェアを占めたことはなかった。

金曜日には、アップル、アマゾン、グーグルの親会社であるアルファベットが、木曜日の好決算に続き、最近の株式市場の最高値に向けて順調な歩みを続けていることから、この集中はさらに強まっています。

この強い株価パフォーマンスは、これらの大手企業や他のハイテク企業のトップが、その業界を支配するのに役立ってきた闇の慣行について、米国の議員から圧力をかけられたのと同じ週に起こったものです。そのような批判の一つに、小規模なライバルを買収するという積極的な買収戦略があります。フェイスブックの最高経営責任者マーク・ザッカーバーグ氏は2012年の電子メールで、写真アプリ「インスタグラム」を「無力化」するために買収する計画を立てたことを認めた。

マサチューセッツ州出身の米国上院議員で元民主党大統領候補のエリザベス・ウォーレン氏は、ツイッターの投稿で、「ビッグテックは責任を問われるには大きすぎると考えている – そして、根性のない独占禁止法の施行で、彼らはそうだ」と述べた。

しかし、批判はほとんど害を与えていない。今年の株式市場での好調な推移は、世界的なパンデミックの影響を受けて、ハイテク企業を株式の守備的なコーナーとして再構築し、S&P500がこれまでのところ2020年の損失を帳消しにするのに役立っています。これらの銘柄を含まなければ、S&P500は5%下落していたことになります。

市場への影響力が大きくなったことにはリスクが伴います。これらの上位5社の株式が下落すると、それまでの堅調な市場からの利益を押しつぶす可能性があります。先月のある取引日には、S&P500のほぼ4分の3の企業が利益を計上したが、指数はわずか0.2%の上昇にとどまり、その日に価値を失った上位5社のすべての銘柄に足を引っ張られた。

S&P500は米国の株式市場で最も広く参照されている指数の一つであり、S&Pの推計によると、11tn以上の資産のベンチマークとして使用されています。この金額は過去10年間で増加しており、パッシブ投資によって人気指数を追うファンドを買い占める投資家が増えている。

BNYメロン・インベストメント・マネジメントの市場戦略担当ディレクター、リズ・ヤング氏は、「インデックスファンドを長期間保有している投資家には集中リスクがある。」上位5グループの株価が上昇したことで、S&P500の12ヶ月間の株価収益率は、ドットコム・ブームの2000年9月以来初めて25を超えました。

クレディ・スイスの米国株式チーフストラテジスト、ジョナサン・ゴルブ氏は、大手ハイテク企業グループは2019年に達成した収益の90%を達成するペースにあると述べ、市場全体の利益が減少する中での回復力の表れだと述べました。「昨年に匹敵するとは予想されていないが、これらの収益はまだかなり健全だ」と同氏は述べた。


S&P500全体の企業の企業利益は、期間のために報告されている約半分のインデックスからの結果に基づいてRefinitivの推定によると、第2四半期に3分の1減少しました。

アップル、マイクロソフト、アマゾンはまた、米無料売買アプリロビンフッドのユーザーが保有する最も人気のある銘柄の一つであり、今年活動が急増した小売取引プラットフォームの一つであり、3月に始まった株式市場のラリーに参加するために新たな日常的な投資家を引き込んでいます。

「成長株のバリュエーションの一部は明らかに非常に高いレベルに達している」とモルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントのシニア・ポートフォリオ・マネージャーであるアンドリュー・スリモン氏は述べている。”バリュー株と成長株の差があまりにも極端なので、投機に押されているのではないかと疑わざるを得ません。

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG