専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。
NO IMAGE

Googleが時価総額一兆ドルを達成

Googleが時価総額一兆ドルを達成

Googleの親会社アルファベットは木曜日、時価総額1兆ドルを達成した米国企業としてこれまでで史上四番目の企業となった。

グーグル株価
グーグル株価

この日の取引時間中に基準額に達したのは、アップル、Amazon.com、マイクロソフトに続いてマイクロソフトだけだった。AppleとAmazonがこの偉業を達成したのは2018年の夏で、Microsoftは昨年の4月に初めて1兆ドルを達成した。Amazonはその後1兆ドルを超えたことはなく、最近再びそのレベルを超えたAppleとMicrosoftに大きく遅れをとっている。

ハイテク株が大幅に上昇したことで、シリコンバレーの企業は世界経済の最前線に立ち、医療や運輸といった新しい分野で力を発揮している。規制当局の監視強化への懸念にもかかわらず、大手IT企業の株価は上昇を続けており、経済成長が鈍化し低金利の世界で着実に売り上げを伸ばしている企業に投資家がいかに好意的かが浮き彫りになっている。

Googleは、広告市場における同社の支配力とコスト上昇に対する独占禁止法調査について、投資家からの懸念に直面している。こうした懸念から、Googleの株価は過去1年間、他のテクノロジ企業の株価を下回っているが、多くの投資家は同社が一貫して成長を続けられると確信している。

「Googleは、複数の分野における重要なリーダーの1つだ。」と、アルファベットを最大の持ち株に含むBaron Capital Opportunity Fundを管理するMichael Lippert氏は述べた。「グーグルで検索しなければ生きていけない。」

アップル、マイクロソフト、アルファベット、アマゾン株価比較
アップル、マイクロソフト、アルファベット、アマゾン株価比較

Googleの株価は、Googleの共同創設者であるLarry Page氏とSergey Brin氏がアルファベットの経営から退き、Googleの最高経営責任者 (CEO) であるSundar Pichai氏に経営権を委譲すると12月初めに発表して以来、急上昇している。アナリストらは、ピチャイ氏は自社株買いを増やすか、ボーナスの一部が業績に連動しているため、同社史上初めて配当を実施する可能性を示唆している。

この見通しは、来月初めに予定されている同社の第4四半期決算報告を前にして、株価上昇に拍車をかけている。ドイツ銀行のアナリストらは最近、ピチャイ氏の「株主に優しい」アプローチの可能性を指摘し、アルファベットの株価目標を木曜日の水準から約20%上昇する1,735ドルに引き上げた。

電気自動車メーカーのテスラや植物由来の肉代替食品メーカーのビヨンド・ミートなど、破壊的で成長の可能性が高いとみられている小規模企業の株価も年明けに急上昇した。

アルファベットはコストの上昇に対処しなければならなかったが、中核のオンライン広告事業の回復力が株価を支え続けている。

アルファベットの株式を保有するSynovus Trust Co.のシニアポートフォリオマネージャーであるDan Morgan氏は、「本当に金のなる木でした」と述べた。「彼らはいまだに着実に15%から20%の成長を続けており、このモデルがいかに成熟しているかを考えると驚くべきことだ。」

 

GoogleのクラスA株は木曜日に0.8%上昇し、議決権のないクラスC株の上昇と相俟って、木曜日の終わりに会社の市場価値を1兆ドル以上に上げた。クラスA株は昨年33%上昇し、S&P500の27%を上回った。

S&P500の上位五社―Apple、Microsoft、アルファベット、Amazon、Facebook Inc―は現在、加重平均で指数の約19%を占めている。五年前の調査では、株価指数の上位五銘柄が12%を占めており、一握りの大手ハイテク株が支配的になっていることを示している。

PNCファイナンシャル・サービシズ・グループのチーフ・インベストメント・ストラテジスト、アマンダ・アガティ氏は、「成長率が低い場合、投資家は成果を上げられる企業には喜んで投資します。」と述べた。「それは非常に長く、ゆっくりとした、鈍い経済成長のサイクルでした。」

Appleの時価総額は1兆4000億ドルに近づいており、Microsoftは1兆2700億ドル、Amazonは9310億ドルだ。Facebookの時価総額は6330億ドル。

この集中的な上昇は、主要ハイテク株の下落が市場全体の足を引っ張るのではないかとの懸念に拍車をかけた。しかし、主要指数はここ数年、記録的な上昇を続けるために一時的な下落を免れている。S&P2013種指数は、貿易摩擦が後退し、世界中の金利が低下したことで、500年以来最大の年間上昇率を記録した。

何年にもわたって安定したリターンを得てきた投資家たちは、最大のインターネット株が高すぎるのではないかという議論もしている。アルファベットの株価収益率 (PER) は前年同期の31倍で、これは10年平均と同じだ。Microsoftも同様のバリュエーションだが、Appleは26.5倍、S&P500は22倍だ。他の人気インターネット株であるアマゾンとネットフリックスの評価額は80ドルを超えている。

 

アルファベットは2015年、Googleがその中核事業を、ロボット工学から自動運転車に至るまでのあらゆる分野に注力する他の多くのセグメントから分離するため、新たな親会社を設立したことで設立された。同社は10年以上前にYouTubeとインターネット広告会社のDoubleClick Inc.を買収したことで利益を得ており、それ以来、支配的なデジタル広告マシンを作るためにより多くの取引を行ってきた。

Googleは2004年に株式を公開し、上場企業としての期間を短縮し、時価総額を1兆ドルにまで押し上げた。AppleとMicrosoftは1980年に上場企業となり、Amazonの新規株式公開 (IPO) は1997年に行われた。

Googleが時価総額を9000億ドルから1兆ドルに引き上げるには、わずか数カ月しかかからなかった。ダウ・ジョーンズ・マーケット・データによると、これは同社のこのような1000億ドルの上昇の中で最も速い。Googleは、9000億ドルから8000億ドルになるのにほぼ2年かかった。

個別株の最新記事8件

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG