専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。
NO IMAGE

ヨーロッパにもインデックス運用の波、ETF残高1兆ドル

調査会社ETFGIの速報値によると、欧州の上場投資信託 (ETF) への新規資本流入額は19年に過去最高の1252億ドルに達し、前年の568億ドルの倍以上に達した。

欧州のETF産業はわずか4年で規模が倍増した。手数料をめぐる競争は激化し、19年にはパッシブ運用の主要株式市場の多くで上昇が続いたが、アクティブ運用のファンドの一部が好調だったことがETFの拡大に拍車をかけた。

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスによると、全欧州のアクティブ・エクイティ・ファンド10銘柄のうち9銘柄が、詳細なデータが入手可能な直近の6月19日までの1年間にパッシブ・リンク・インデックスを達成できなかった。長期的には、ほとんどすべての活発な汎欧州ファンドが、過去10年間にわたってインデックスを上回ることができなかった。

 

■ブラックロック、バンガードが攻勢

米国は依然としてパッシブ運用の世界最大の市場だが、ブラックロックやバンガードといった大手経営者はいずれも拡大する欧州市場でシェア拡大を目指している。このため、ドイツ銀行の資産運用部門DWS、フランスのリクソール、フランスのアムンディなど欧州勢は手数料引き下げ競争にしのぎを削っている。
過去5年間で4500億ドル近くの新規資金が欧州ETFに流入していることから、業界では大量の資金流入が続くとの見方で一致している。
ETFGIの共同設立者であるDeborah Farr氏は、「オンライン投資サービスの中にはETFを取り扱っていないものもあり、これも個人投資家のETF利用を遅らせる要因となっている」と述べ、「欧州では、個人投資家がETFの利用で米国に大きく遅れをとっているが、追い付き始めている。」と続けた。
受動的な投資が増えているのは、投資家たちが、英国のニール・ウッドフォード氏をはじめとするファンドマネジャーたちが主要なインデックスを上回るパフォーマンスを出せないことに不満を抱いているからだけではない。欧州の規制動向も受動的経営を促している。
英国、オランダ、スイスでは、財務アドバイザーが積極的なファンドを推奨することを禁止し、販売手数料を徴収することにより競争が確保された。18年に欧州で導入された様々な新規制「第二次金融商品市場指令(MiFID2color)」も、ETF運用者が取引コストを削減するのに役立っています。
世界最大の資産運用会社であるブラックロックは、すでに欧州での受動的な拡大の波を大きくリードしている。同社の「iシェアーズETF」欧州部門は19年、前年同期の230億ドルから600億ドルに増加した。
ブラックロック社の欧州iShares部門を率いるスティーブン・コーエン氏は、「欧州では、従来の株式・ファンド選択によるポートフォリオ構築から、包括的なポートフォリオ構築へと投資家のシフトが進み、ETFへの資金流入が加速した」と語る。

 

■ECBの量的緩和再開が追い風

欧州中央銀行(ECB)が九月に量的緩和を再開し、大量の資産を買い入れる決定をしたことも債券ETFへの関心を高めた。債券ETFへの新規資金流入額は19年に過去最高の610億ドルに達し、株式ETFへの純資金流入額を3年ぶりに上回った。
19年には欧州で約176のETFが設立されたが、その多くは不採算である。欧州で提供されているETFの約半数に当たる1000以上のETFの運用資産は5000万ドル未満であり、低手数料のETFから利益を得るために通常必要な最小規模を下回っている。大手マネジャーらは、リードを固めるために、手数料をさらに引き下げる意向を示しており、ファンドは閉鎖が続く見通しだ。

 

出所 日経新聞

 

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG