専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。
NO IMAGE

金ETFの残高は2019年に過去最高を記録

  • 2020年1月9日
  • 121view
NO IMAGE

金上場投資信託(ETF)の残高は2019年に過去最高を記録し、国際調査機関が8日発表した19年の金ETF残高の増加額は388億ドルで、前年比37%増となった。米国の利下げや米中の摩擦が、安全資産とされる金への資金配分に拍車をかけた。米国とイランの関係が悪化しているため、20年も資金の流入が続くと予想されています。
同報告は、国際金研究機関のワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)がまとめた。19年末の金ETF残高は1410億ドルと、2月13日以来の高水準となり、リーマン・ショックや欧州債務危機によって金価格が急騰した2009年と12年を上回る年間増加額となった。

近年は株が上昇する局面では金価格が下がることが多かったが、昨年から今年にかけては、株高と金高が併存している点が特徴的だ。株式市場の危うい上昇とも見て取れる。

金ETFの保有金も18年末より400トン増加し、2881トンと3年ぶりに増加した。金価格の上昇も相場を押し上げた。

米中の貿易摩擦が激化した6月と、10年半ぶりに米連邦準備制度理事会(FRB)が利下げに踏み切った7-10月には大幅なリターンとなった。多くの先進国債の金利がマイナス圏に落ち込む中、金利のつかない金が資金を集めている。

英国の欧州連合(欧州連合)からの離脱をめぐる混乱も、投資家を刺激したようだ。英国上場株式の投資残高の伸びは、全体の伸びを14.5%上回った。ポンドの下落と同国の撤退による景気減速のリスクが指摘された。

 

金ETF(金属ベース金属ベース)の残高は年初から増加傾向にある。米国とイランの対立が激化する中、緊急時に金を購入する人が増えている。米調査会社理フィニティブによると、19年末以降、主要株式の残高は100トン近く増加した。

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG