専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

ESGファンドは危機的状況の中、記録的な資金流入を記録

コロナウイルスが大流行している間、投資家は持続可能な投資ファンドに過去最高額の資金を投入しており、パッシブ商品への絶え間ない資本逃避に悩まされているアクティブ運用会社に希望の光を与えている。

モーニングスターによると、環境、社会、ガバナンスの原則に基づいて投資するファンドは、今年4月から6月の間に世界全体で711億ドルの純流入を集め、この商品の運用資産を1兆ドル強という過去最高額に押し上げた。

トランザクション・ネットワークのCalastoneによる英国のファンド・フロー・データによると、4月から7月の間にESG株式ファンドに投資された新規資金の額は、過去5年間の合計フローを上回っています。

持続可能なファンドは以前はニッチな地位にあったため、全世界の投資ファンドが保有する41兆ドルに比べれば、その市場シェアはまだ小さい。

しかし、気候危機に対する国民の意識の高まりが、ESGファンドの売上を急増させている。投資家が市場のショックに耐えられる持続可能なビジネスモデルを探しているため、コヴィド19による混乱がこのセクターの成長を加速させている。

“2015年から2017年にかけて、ESGファンドに新規に投資された資金はほとんど、あるいは全くありませんでした “と、カラストンのグローバル・マーケット担当責任者であるエドワード・グリンは述べています。”しかし、この2年間で、貯蓄者の倫理的な懸念に沿った投資商品への意欲が高まってきています。

グリン氏は、持続可能な投資に対する投資家の需要はパンデミックの前から高まっていたが、今回の危機は「企業の失敗例をさらに浮き彫りにした」と指摘した。

グリン氏は、持続可能なファンドは「アクティブ・エクイティ・ファンドにとって真の強みとなる1つの分野」であり、市場の混乱により投資家がパッシブ・ファンドへのシフトを急ぐ中、今年は大規模な償還に見舞われていると述べた。

ESGはファンド業界にとって大きなメリットがあります。

カラストン氏のフロー数値は、取引ネットワークで処理された主に英国ベースのファンドのサンプルを対象としていますが、モーニングスターの幅広い分析と一致しています。

モーニングスターによると、ESGファンドのフローは、第2四半期に欧州のファンドの売上高のほぼ3分の1を占め、持続可能な株式ファンドは従来の株式ファンドよりも63%多くの新規資金を集めたという。

カラストンによると、過去1年間、同社のプラットフォームで処理されたグローバル株式ファンドへのフローのうち、持続可能なファンドが3分の1を占めていたが、6月と7月にはその割合が半分以上に増加したという。

ESGファンドは、石油やガスへのエクスポージャーが低いため、3月のコロナウイルスの売りが出た際には、より広範な株式市場をアウトパフォームすることができました。しかし、モーニングスターの最近の調査では、2020年の異常な市場環境を除いても、持続可能なファンドの大半が従来型のファンドを上回っていることが明らかになった。

ESGへの関心が高まったことで、今年は欧州でも持続可能なファンドが記録的な数で発売されるようになった、とモーニングスターのホーテンス・ビオイ氏は述べています。しかし、20本の持続可能なファンドが、劣悪な労働慣行の疑惑で打撃を受けているファストファッション小売業のブーフーに投資していたことが発覚したことを受けて、彼女は、明確なESG基準の必要性が「これほど切迫したことはなかった」と警告した。

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG