専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

緊急レポートを出さないグローバル3倍3分法は大丈夫なのか?

儲極
グローバル3倍3分法はいまだに緊急レポートを出していないみたいだね。投資家の数も多いのだし、ほかの投資信託が5%以上動いたらレポートを出す中で、少々緊張感が足りないといえるのではないだろうか?
投資家
ちょっと不安になってきました。大丈夫なんでしょうか?
儲極
まあ想定の範囲内ではあるよ。ただ危惧していた「株安」&「債券安」が発生したため非常に厳しい環境だね。過去のシミュレーションにおいてもリーマンショックごろに52.8%マイナスとなっている。
3資産3分法4

 

 

投資家
直近はピークから36.9%の下落のようですね。
儲極
まあピークで買っている人は少ないだろうからそこまでマイナスの人はほとんどいないと思うけどね。
グローバル3倍3分法チャート

 

 

投資家
なんでこんなことになったのでしょうか?債券をあれだけ入れているのに・・・
儲極
債券の金利の水準が低すぎて、株の動きを補完する動きができていないようだね。特に3月18日から19日は株安と債券安が同時に引き起こされてたから、グローバル3倍3分法には厳しい展開になったね。金利水準が0.7%台から1.1%台になっていたので正直私も驚きました。
米国10年国債チャート
米国10年国債チャート

 

 

投資家
金利の動きは小さく見えるのですが、実際には影響が大きいのですね。
儲極
レバレッジを使っていることが多いからね。このタイミングで解約が殺到しないといいね。これだけレバレッジをかけていると、自分で自分の首を絞めるマーケットインパクトを引き起こす可能性も高い。ただ、正直今となっては、安い株をシンプルに買ったほうがいいので、債券にレバレッジをかけているグローバル3倍3分法に投資するメリットが低くなってきてしまっている。このファンドは金利水準がもっと高い環境下で発行されていれば非常に高いリターンの可能性の高かったファンドなのでモッタイナイ。時代が悪かったとしか思えないね。
投資家
これでレバレッジファンド時代も終了でしょうか?
儲極
グローバル5.5倍バランスファンドがもう死にそうだしね。債券価格だけでなく金価格まで下がるとは。世の中はままならないね。
グローバル5.5倍バランスファンド
金チャート
投資家
ところでひふみ投信が現金割合を増やしていたとか積極的に情報発信していますね
儲極
ひふみ投信は最初のファンドをスタートした直後にリーマンショック、ひふみワールドを設定した直後にコロナショック。なんか持ってるのかな。まあ直近高値からの下落は22%ほどと十分下がっているが、2000億円のキャッシュがあるといっているので今後仕込むことで早い回復が期待される…解約が大量に出なければね。
ひふみプラス
投資家
なんでそんなこと言うんですか?
儲極
ひふみ投信がブレイクしたのは2017年2月16日 放送 のカンブリア宮殿のおかげ。今の基準価格はちょうどそのころと同じなんだよね。当時投資した人はそんな損していないレベルだから売っちゃおうとなってもおかしくはない。3年たって実績ゼロなら売る人は当然いる。
投資家
でも本当は売るべきではないですよね?
儲極
当然だよ。10年投資してから評価しないと。まあ私は運用残高多すぎると思っているけれど。もっと小型銘柄に投資したほうが良いのではないだろうかと思っているよ。
関連記事

QUICK資産運用研究所が「中長期投資にふさわしい投信」2019年を公表した。 公表した内容を検証してみよう。   QUICK資産運用研究所は2019年の「中長期投資にふさわしい投信」に5本を選んだ([…]

この記事が気になった方は投資信託記事一覧もおすすめです。今人気の投資信託の運用手法がわかります。

投資信託記事一覧

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG