専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

米国のレバレッジド・ローンの格下げが加速

米国のレバレッジド・ローンの格下げが加速しており、好調な企業債市場の脆弱性を示している。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスの一部門であるLCDによると、S&P/LSTAレバレッジド・ローン指数の格下げと格上げの比率は、2018年以来12カ月間でほぼ3対1に上昇し、2009年以来最高となった。全体では、282銘柄が1月から10月11日までに格下げされ、2017年の銘柄、244年の33銘柄から上昇した。

レバレッジド・ローンはジャンク級の企業向け融資で、未公開株投資会社が過小評価されているとみられる企業を買収したり、利益を上げるために再建が必要な企業を買収しようとする際に好まれる資金源だ。彼らはしばしば、信用度の低い、多額の債務を負った会社に送られます。

投資家がレバレッジド・ローン市場を注視するのは、多くの人がそれを信用状態のバロメーターと見ているからである。ドイツ銀行証券のチーフエコノミスト、トルステン・スロック氏は、信用状況の引き締めは、企業や個人向け融資の減速を招き、景気に悪影響を及ぼす可能性があると述べた。

「事業拡大が11年間続いている場合、上と下のリスクを監視することが重要である。」と彼は言った。「注目すべき重要な分野の1つが信用の質です。」

格下げされた融資の大半は、事業用設備やサービスの提供者のほか、レバレッジド・ローン市場全体で最大のセグメントであるヘルスケア・セクターからのものである。LCDのアナリストらによると、医療機関の格下げは倍以上に増加しており、1月初めから10月11日までの間に27件の格下げがあったが、2018年通年では12件だった。

レバレッジドローン市場は、中央銀行の金融緩和政策が資本をリスクの高い資産に押し上げてきた世界で、担保付きローン債権の創出と投資家の利回り追求に支えられ、近年大きく成長している。

トレードウェブによると、指標銘柄の10年米国債利回りは金曜日に1.872%で引け、木曜日の1.904%から低下した。

ほとんどのレバレッジド・ローンは担保によって裏付けられているが、発行者は貸し手に提供する法的保護 (コベナンツとも呼ばれる) はより少ない。これまでは、株主が過剰な配当を支払ったり、企業資産を処分したりすることを妨げてきた。

国際的な監視機関である金融安定理事会の最近の報告書は、レバレッジド・ローンがもたらす世界的な金融システムへのリスクを警告し、企業債務の質の低下とローンの書類の変更を指摘した。

米連邦準備制度理事会のランダル・クールズ副議長が委員長を務める金融安定理事会 (FSB) は、債権者の保護を弱めるこのような文書の変更は、投資家らに十分に受け入れられておらず、デフォルト率を上昇させ、信用市場に影響を及ぼす可能性があると指摘した。

レバレッジドローン金利
レバレッジドローン金利
>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG