専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。
NO IMAGE

投資のリスクと資産配分を理解する

投資のリスク

投資の世界では、リスクとリターンの微妙なバランスを取る必要がある。投資の不確実性が高いほど、投資が期待どおりに実行されないリスクが高くなり、投資全体が失われる可能性も高くなる。しかし、より大きな投資リスクとともに、より大きな投資収益を得る機会がもたらされる。リスクが大きすぎることに不安を感じ、それを最小限に抑えようとすると、投資収益率が低下する(それ自体がリスクの一形態であり)。実際、リスクを完全に排除することはできません。リスクをまったく取らなければ、投資でお金を稼ぐことはできません。

投資リスクは、時間の経過とともに絶えず発生する金融市場の変動である市場の価格変動(ボラティリティ)に直接結びつく。この不安定性の原因は数多くある。金利の変化、インフレ、政治的帰結、経済動向はすべて、ポートフォリオのパフォーマンス結果を急いで変える力を持った可燃性の市場状況を生み出す。皮肉なことに、このような不安定性は、その性質上、われわれ自身のポートフォリオに経済的利益をもたらす機会を生み出しており、それがリスクが投資や投資戦略に与える影響となる。
リスクにはさまざまな種類があり、中には複雑なものもある。ここで学習するリスク分類は、ポートフォリオの設計を開始する際に考慮すべきリスク分類である。

 

個別株リスク

1つの株式は、投資家にとって一定のリスクを伴う。ポートフォリオが分散していることを確認すれば、このリスクを最小限に抑えることができる。1つか2つの株に手を出している投資家は、彼の投資がライブドアやJALのように消滅するのを見る可能性がある。十分に分散されたポートフォリオでそれが起こる可能性ははるかに低い。トレンド分析の要素を意思決定プロセスに加え、全体像(例えば世界の経済や政治)に目を光らせておくことで、市場の予想外の急激な変化に伴うような壊滅的な損失を防ぐことができる。

 

現金リスク(受動リスク)とインフレリスク

金融市場を信頼せず、銀行の預金口座にお金を預けることに安心している人は、期待しているよりも少なくなる可能性がある。それが受動的リスクの核心であり、あなたがお金を何もしなかったために、かなりの利益を失っている。普通預金の金利はインフレ率に追いつかないため、リスク回避という投資の基本原則を満たしている場合でも、長期的には資産の購買力を低下させる。このやや逆説的な理由から、普通預金が常に最も安全な選択であるとは限りません。あなたは、あなたの安心感を失わずにインフレと戦うのを助けるために、少なくともわずかに高いリターン(物価連動国債のように)を持つ投資を考慮すべきだろう。

受動的リスクと近い関係にあるインフレ・リスクは、将来の各ドルの購買力が低下するという期待に基づいている。一般的に、インフレを上回ることに関心がある場合には株式投資が最適であり、インフレ対策にはマネー・マーケット・ファンドが最も効果的ではありません。

 

市場リスク

市場リスクというのは、その名の通りのリスクである。保守的な投資信託であっても、金融市場に投資するたびに、市場が下落したり暴落したりするリスクにお金をさらすことになる。市場リスクの場合、株式市場全体の変動による不確実性は、世界的、政治的、社会的、または経済的な事象、さらには投資家のムードによっても引き起こされる。しかし、おそらく最大の投資リスクは、自分の資金を市場リスクにさらすことではない。株式市場に資金を投入しなければ、株式市場の長年の成長から利益を得ることはできません。

 

信用リスク

 

通常、債券投資に関連する信用リスクとは、企業、代理店、自治体がその手形や債券の利息や元本を支払うことができない可能性がある。デフォルトの最大のリスクは通常、企業の負債にあり、企業は常に倒産している。一方、米国債は米国政府の完全な信頼と信用に支えられているため、米国債に関連する信用リスクはほとんどありません。ムーディーズやスタンダード・アンド・プアーズ (S&P) などの格付け会社は、債券の健全性を評価するため、投資等級をつけている。格付けがAの債券は安定とみなされ、格付けCの債券は不安定とみなされる。

AAA~BBB→投資適格級

BB~→投資不適格級

 

為替リスク

為替リスクは国際投資や新興市場投資で最も一般的に考えられているが、どの市場でもいつでも発生する可能性がある。このリスクは、外国からの投資や利益の価値、あるいは海外に利権を有する米国企業の保有に影響を及ぼす通貨変動によって生じる。世界的なテロや戦争の脅威など、地政学的に不安定な時期には、通貨リスクが必然的に高まる。

金利変動リスク

債券金利が上昇すると、債券価格は下落する(またはその逆)。金利の変動は、株式や債券に大きな影響を与える。通常、債券の満期が長くなるほど、金利リスクの影響は大きくなる。しかし、長期債は通常、より大きなリスクを補うために高い利回りを支払う。

 

経済的リスク

景気が減速すれば、企業の利益、ひいては株式が打撃を受ける可能性がある。例えば、中東の政情不安は、中東への投資を微妙なものにしている。この地域の大部分は、おそらく地球上で最も需要の多い石油に恵まれているにもかかわらず、これは事実である。

 

投資家の動向

過去の典型的な投資家の行動は、ほとんどの投資家がリスクを理解していないか無視していることを示している。市場が上昇すると、価格が上昇するたびにリスクが高まり、潜在的なリターンが低下するにもかかわらず、株式や投資信託に資金が流入する。弱気市場では、価格が下落するたびにリスクが低下し、潜在的なリターンが増加するにもかかわらず、多くの投資家がパニックに近い状態で売りに出る。ほとんどの投資家にとって、リスクを管理する最も効果的な2つの方法は、ポートフォリオ全体のほんの一部にしか積極的にエクスポージャーを与えないことと、いったん開始したプログラムを継続することである。又は積立投資の形で積極的な資産配分を継続することも良いだろう。

 

資源としての時間

時間は、自分の卵を育てる上で最も重要な要素の1つである。投資の世界では、それは貨幣の時間的価値と呼ばれ、成功した投資家はそれをフルに活用する。時間的価値の一部は、貯蓄と投資からもたらされる。時間が増えれば、より多くのお金を貯めることができる。しかし、より大きな部分は資産配分の効力から来ている。

複雑に聞こえるかもしれないが、非常に単純である。複利計算とは、投資によって生み出される金額のことである。たとえば、10,000円を銀行口座に預け入れ、最初の年にその預け入れに対して100円の利息を得る。翌年には、初期投資額だけでなく、口座にあるすべての金額 (10,100円) に利息が付く。収益を再投資することで、複利の力を最大限に活用し、より急速に富が成長するのを見ることができる。

したがって、2人がまったく同じ金額のお金を預けたとしても、最初にそれをした人の方が長い目で見ればより多くのお金を貯めることになる。そのため、できるだけ早く始めることが重要である。たとえば、平均年間収益率が5%の1万円を投資すると、わずか10年で初期投資は16,290円に成長する。しかし、その1万円を30年間働かせると、43,220円を手にすることになる。その差は、時間だけによるものです。時間が最も強力な投資資産になるとはまだ確信できていない。たとえば、10年の間に25,000円(1万円の投資額の倍以上) を5%で投資したとすると、40,720円となり、30年前に1万円を投資した場合より約2,500円少なくなる。

 

リスクを下げる分散投資

分散投資とは、単に投資をさまざまなタイプに分けることを意味する。これは、経済や金融市場の振り子の揺れからポートフォリオを守る最良の方法の1つである。ポートフォリオにはさまざまな証券が含まれているため、ある証券の価値の下落を別の証券の価値の上昇で相殺することができる。たとえば、株式のパフォーマンスが悪いときには、債券のパフォーマンスはよくなることが多い。

 

ポートフォリオがどんなに分散していても、リスクを完全に排除することはできない。個々の株式に関連するリスクを減らすことはできるが、一般的な市場リスクはほとんどすべての株式に影響するため、異なる資産間での分散も重要である。重要なのは、リスクとリターンのバランスを見つけることである。

 

多角化はさまざまな形をとる。たとえば、さまざまな業界を代表する株式を購入することで、株式の保有を分散することができる。テクノロジー株だけを保有するような単一のセクターに集中するよりも安全だ。高品質の債券と低格付けの債券を組み合わせて購入することで、債券の保有を分散することができる。高品質の債券は債券ポートフォリオに関連する全体的なリスクを減らす傾向があり、低格付けの債券は全体的なリターンを高める可能性がある(一般的に金利が高いため)。

時間をかけて多様化することもできる。たとえば、ポートフォリオに30年債と5年米国財務省証券を含めることができる。通常、長期債の方が短期債よりも利率が高くなるが、短期投資の方が利率の変動に柔軟に対応できる。

 

優先株は、技術的には株式投資であるが、多くの場合、確定利付投資と見なされる。なぜなら、優先株は通常、安定した収入の形態である、固定され、保証された配当支払いを伴うためだ。実際、優先株は「債券のように機能する株」と呼ばれることもある。

 

もう1つの重要な分散投資の形態は、株式、債券、不動産、短期金融市場商品など、さまざまな種類の証券に投資して、主要な投資の種類や資産クラスを指定することで得られる。複数の資産クラス、特に同じ経済状況下で異なるパフォーマンスを示す傾向のある資産クラスの中で、保有資産を分散することは、ポートフォリオに保護の層を追加することになる。

 

資産配分を理解する

 

投資家は、少なくとも最初は、資産配分の概念に混乱や脅威を感じることが多い。しかし、実際には非常にシンプルである。資産配分は、投資資金をどのタイプの資産に置くべきかを決めることに他ならない。この決定は、純資産、期間、リスク許容度、および投資家が所有するその他の資産などの変数に基づいて行われる。一般的に、投資資金を適切に配分するということは、主に現金、債券、株式という3つの主要な資産カテゴリーからポートフォリオを組み立てることを意味する。現金には、銀行預金、米国財務省短期証券やマネーマーケット・ミューチュアル・ファンドなどの短期投資が含まれ、いずれも「現金同等物」と見なされるため、非常に迅速に現金に変換できる。確定利付債には、債券、投資保証証券およびその他の利付証券が含まれる。株式は株式市場への投資である。株式はさらに、価値や成長といったより具体的なカテゴリーに細分化することができる。

 

資産配分戦略を確立するときは、まず投資期間を決定する。どれだけのリスクをとれるかを決めましょう。次に、お客様に適したターゲット・ミックスを選択し、そのミックスの達成に役立つ投資を選択する。投資を徐々に調整してください。資産構成に合うように将来の繰延から開始し、全体的な計画に合うように既存の残高をリダイレクトする。

 

株式の種類(小型株、中型株、大型株、が帰国株など、いくつか例を挙げる。)と債券の種類(短期、中期、長期、企業、政府)を適切に組み合わせて最大のリターンを得ることは難しい。事態を複雑にするには、ボラティリティの許容範囲と投資の多様性を考慮に入れる必要がある。そのため、この重要な計画段階で、有資格のファイナンシャル・プランナー※や投資アドバイザーに相談して手助けしてもらうかどうかを検討することは、投資のToDoリストの最上位に置くべきである。

 

※投資助言業の資格がない場合個別銘柄のアドバイスは受けられません。

 

時間と資産配分

自分の資産配分計画は人生のどこのタイミングであるかきちんと認識しておくべきだ。まだ始めたばかりなら、株式を重視した長期的な戦略をお勧めする。この戦略は、より攻撃的な株式に投資することによって資産の成長を強調する傾向がある。リスクを軽減するために、債券などの収益投資へのコミットメントも含まれる。長期戦略を採用するポートフォリオの例としては、70%の株式、25%の債券、5%の短期金融商品または現金などが考えられる。

あなたがもうすぐ退職する場合、アドバイザーは、債券を重視して資本保全に重点を置く短期戦略を提唱することが多い。この戦略は、現在の利益、資本保全、流動性を重視する一方で、成長性のある株式ポートフォリオの一部を維持することを目的としている。短期戦略を採用するポートフォリオの例には、50%の債券、20%の株式、30%の短期商品または現金が含まれる。

 

資産配分の2つの方法

資産を配分する主な方法は2つある。

最初の方法は、時間の経過とともに安定したポートフォリオを使用することである。収入ニーズとリスク許容度に基づいて、バランスのとれた戦略を追求することができる。そのためには、株式、債券、現金、不動産など、資産の各クラスに25%の資金を投入する必要がある。四半期または年度ごとに、これらの金額を再残高計算して、各区分の当初の配分25%を維持する(リバランス)。このため、最もパフォーマンスの高い資産の一部を売却し、最もパフォーマンスの低い資産の多くを購入する必要がある。この配分システムにより、各クラスの期待リターンを決定する必要がなくなり、長期にわたってより安定したリターンを得ることができる。

代替策は積極的な戦略である。リスクに対する許容度と長期目標を、各クラスへの配分の基礎として使用する。したがって、成長率と収益率を適切に組み合わせる必要がある場合は、市場に基づいてポートフォリオの35%から65%の範囲で株式投資を行うことができる。これらの範囲は資産クラスごとに作成する。

もちろん、積極的な戦略をとるには、多くの問題と、金融市場とその影響についての十分な知識が必要である。少なくとも週に一度は投資を追跡し、修正された期待値と実績に基づいて持ち株を調整する必要がある。また、より大きな市場の力やトレンド、世界の政治・経済情勢の変化、さらにはセクターのパフォーマンスの季節的な違いも考慮する必要がある。常に正しい投資判断を継続できていれば(経験と洞察を得るにつれて、より頻繁になる結果)、かなり高いリターンが得られる。

資産配分の構成は、一度慣れてしまえばかなり簡単なプロセスである。ただし、資産配分プランは時間の経過とともに変更される可能性がある。今あなたにとって正しいことは、5年後のあなたにとっては正しくないかもしれません。資産配分戦略は、運用残存年数の変更に応じて変更していく。

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG