専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

ダブル・ブレインはコロナショックを乗り越えているのか?

 

投資家
このサイトも結構多くの人に見てもらってうれしい限りですね。
儲極
ほんとみんなに感謝です。ダブル・ブレインは特に人気のようですので、臨時レポートも解説していきましょう。コロナショックをうまく乗りこなしたダブル・ブレインは早くも2020年を代表するファンドに成長する可能性を秘めています。しかし私は、今からのタイミングではダブルブレインよりシンプルに株を買いに行くことをお勧めします。

 

ダブル・ブレインはコロナショックを乗り越えているのか?

1.機動的投資配分の変更り、株市場急落の影響は限定的

ファンドの基準価額は2020年2月25日に設定来高値をつけました。しかし、その後調整し、2月25日から3月17日までの ファンドの騰落率は-6.8%となりました。一方、同期間の世界株式の騰落率は-25.7%でした。市場の急落が始まった2月 後半はファンドの基準価額の下げが大きかったものの、3月に入り機動的に投資配分を変化させたことで、その後の株価 下落の影響は軽減されました。

 

ォーマの推移 

期間:2018年11月9日(設定日)~2020年3月17日、日次

ダブル・ブレインのパフォーマンス推移

 

儲極
ダブル・ブレインは-6.8%、世界株は-25.7%…マイナスではあるもののリスクコントロールが良くできていることがわかる。インデックス投資家はよく確認してほしいね。資産運用で重要なのは「アクティブ」や「インデックス」の前に「資産配分」が重要であるということを。資産配分を無視して「インデックス最高」といっているのはただのあほです。一番重要な資産配分を軽視いている人が多すぎる。ダブルブレインの投資家はここからダブルブレインの一部を、株式ファンドなどに切り替えることを検討してもいいと思うよ!!

 

 

2.下落相場に戦略の本領発揮の下

 

スクコンロール戦略

市場のリスク上昇に対応するため、足元で株式セクターを中心に投資配分を引き下げ ました。平常時のリスクコントロール戦略の投資配分比率は300~400%ですが、現在は50%にまで落としています。

 

レンド戦

2020年1月からは、債券・金利セクターの上昇トレンドをとらえ、同セクターの買い持ちを拡大する 一方で、株式市場の下落トレンドを捉え、同セクターの買い持ちを縮小しました。2月後半以降は、コモディティセクター や株式セクターの売り持ちにより、3月月初来ではプラスのリターンとなっています。

儲極
リスクコントロール戦略はマイナスだが、トレンド戦略はプラスになっているようだね。ちなみにマン社のヘッジファンド戦略はトレンド戦略のほうで、リスクコントロール戦略は買い持ちのみの伝統的な運用の延長線上となっている。

・ブイン全

2月の月間リターンはマイナスとなったものの、ポジションを調整したことにより、3月に入り特にトレンド戦略が寄与し、世界株式の下落に比べて下落幅を抑えられています。

足元では、新型肺炎感染拡大などにより経済活動の縮小が懸念され、市場のボラティリティ(価格変動性/市場変動 性)が高まっております。ファンドでは、各々の戦略が市場の異変を迅速に察知することで、あらゆる局面において収 益機会を追求します。

※目論見書およびマンスリーレポートではリスクコントロール戦略を「ターゲットリスク戦略」、トレンド戦略を「ダイバーシファイド戦略」と記載しています。

 

株式債券・金利への投資配分の推移 

期間:2018年11月14日~2020年3月13日、日次

ダブル・ブレインの株式及び債券金利への投資配分の推移

儲極
一律に資産配分を減らしたわけではなく、株と債券の価格の下落のタイミングに応じて、資産縮小のタイミングをずらしているのが素晴らしいね。MAN社のプログラムは各資産ごとに走らせるプログラムと、全トライのリスク量を管理するプログラムの二つを組み合わせて運用していると思われるが、良く機能していると思われる。近年の運用業界は短期的な価格変動率のコントロールに重きを置いた「リスクパリティ」戦略などが発展してきているが、ここではその成果が顕著に出てきている。インデックスファンドはリスクコントロールという概念がないため落ちるときは良く落ちる(笑)
sy

 

各戦略のパフォーマ寄与度

期間:2020年2月20日~2020年3月13日、日次

ダブル・ブレインの核戦略のパフォーマンス寄与度

儲極
ダブル・ブレインは二つの頭脳ということだが、現状はリスクコントロール戦略が85%とメインとなっている。15%分のトレンド戦略の割合をより機動的に打切り替えることができれば、長期投資にむいた良いファンドとなりそうだね。二つの戦略の機動的な配分変更のアルゴリズムができれば、単純なヘッジファンドよりも期待ができるかもしれない。

セクター別寄与度

期間:2018年11月13日~2020年3月13日

ダブル・ブレインのセクター別寄与度

儲極
トレンド戦略はプラスといっても配分はわずか15%のため、リスクコントロール戦略の債券・金利部分が収益を稼いだといってもいいだろう。現実的にはヘッジファンドのトレンド戦略寄与度は限定的だった。リスクコントロール戦略の部分だけでも検討しているといっていいだろう。

 

 

資産別(概算)

2020年3月13日現在

ダブル・ブレインの資産別ウェイト

ダブル・ブレインの資産別ウェイト2

 

スク戦略資産別ウエの推移

期間:2018年11月14日~2020年3月13日、日次

ファンドでは日次でリスクコントロールを 行っています。2020年2月24日以降、短期でのリスクが高まったとシステムが判断した ため、リスクを落とすためポートフォリオ全 体の投資比率を引き下げました。

ダブル・ブレインのリスクコントロール戦略の資産別ウェイト推移

 

各戦略の資産別の変化

下記グラフでは、2020年2月21日と2020年3月13日の各戦略の資産別ウエイトを比較しています。(2020年2月21日は設 定来で基準価額が最高値であったため比較対象としています。)ファンドでは、各セクターの投資配分を頻繁に変え、リス クコントロールを行っています。

スクコンロール戦

2月21日と3月13日を比較するとボラティリティ(価格変動性/市場変動性)の上昇を反映して、 全ての資産の投資配分を縮小しています。リスクコントロール戦略全体の投資比率は、345.9%から48.9%に変化してい ます。

 

リスクコントロール戦略の資産配分

儲極
ダイナミックアセットアロケーション型でここまで資産配分を変えられるファンドは多くない。さすがにヘッジファンド系の運用ファンドといえる。10年に一度の危機で非常に効果的な運用ができている思われる。正直トレンド戦略だけでなく、リスクコントロール戦略でも世界トップクラスの実績と考えてよいのではないだろうか。ダイナミックアセットアロケーションは多くのラップ口座が目指しているところではあるが、ウェルスナビはここまでできないだろうから、日本のなんちゃってロボアドバイザーより非常に優秀といえるのではないだろうか。

レンド戦略:

2020年221日3月13比較する式のい持ち配分したレンド戦全体 の投資比率も(グ・シトの絶値の計)865.0%350.8%へ縮小した

 

トレンド戦略1

トレンド戦略2

 

儲極
クレジットがネットベースで90%から-4.9%にするのは驚く限りだ。債券・金利と異なり信用リスクを取りに行くクレジットは、今回のコロナショックでは、エネルギー関連を中心に急速に悪化したため、機動的な運用が必須だったといえよう。株は下手に空売りではなく、ポジションの縮小にとどまっているあたりが、「トレンドフォロー」戦略としての特徴か。大きなトレンド転換の後のトレンドの明確化が起きていないという判断なのだろう。

トレ戦略の投資配分推移の例

市場環境に合わせ、売り持ち・買い持ちの配分を約500市場に対してコントロールしています。 下記は投資配分推移の実例です。

トレンド戦略資産配分例

儲極
この図で見るとおそらく米株では通称往復びんた、買いポジの後のショートポジションでもマイナス受けているねW

 

 

ダブル・ブレインのコロナショックに関する評価は

 

コロナショック対応評価 ★★★★★

 

ベストなファンドの一つといっていいでしょう。

関連記事

投資家 ついにグローバル3倍3分法も基準価格が1万円に近づいてきましたね。債券は上がっていそうですが、円高が厳しいですね。 儲極 やはりな、金利の下げ余地が少なすぎる。グローバル3倍3分法は平時[…]

 

関連記事

野村證券が出す久しぶりのヘッジファンド型投資信託ダブル・ブレイン。   運用開始から1年、継続的に資金が流入し、ついに運用残高は1000億円の大台を載せました。   しかし中身がわかりにく[…]

 

この記事が気になった方は投資信託記事一覧もおすすめです。今人気の投資信託の運用手法がわかります。

投資信託記事一覧

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG