専門家が書いている資産運用ブログだからこそ儲かる情報を得られる。

コロナショックでスターヘッジファンドへの投資機会到来

ヘッジファンドの世界的な大物たちが新規資金を求めており、投資家たちはすぐにそれに応えている。

ケン・グリフィンやセス・クラーマンなどのマネージャーは、コロナウイルスの大流行のチャンスをつかむために資金を調達したいと考えており、かつては傍観を余儀なくされていた顧客も財布を開く準備ができている。モルガン・スタンレーの調査では、半数以上の投資家がヘッジファンドの配分を増やす予定であると答えている。

マネジャーの動きが急変しているため、投資家は早急に行動を起こす必要があるだろう。信用市場が凍りついた3月中旬の週末に、グリフィンのシタデルは新たな相対価値債券ファンドのために20億ドルを調達したが、連邦準備制度理事会(FRB)が市場を安定化させるために動いた後、彼の会社は速やかに資金を返還したと、この件に詳しい関係者が語った。

フィリップ・ラフォンのコチュ・マネジメントでは、新しい長期専用ファンドのために約10億ドルを集めるのに約5日しかかからなかったとある人物が語った。これは同社が目標としていた4億ドルの2倍以上だった。一方、クラルマンのバウポスト・グループは、2011年以来初めて新規資本の受け入れを再開し、既存の投資家から10億ドルもの資金調達を目指していると報じられている。

投資家の関心を高めているのは、業界の堅調なパフォーマンスである。ヘッジファンドがアンダーパフォームに陥った数年後、一部の顧客は彼らが請求している高額な手数料に疑問を持っていましたが、マネージャーは第1四半期に10%近くの損失を出しましたが、中にはより大きな損失を被ったものもありました。対照的に、S&P500指数は市場の大暴落で20%も急落しました。この下落により、多くの運用会社は最近の価格変動を利用することに熱心になっています。
過去数年間で運用資産が縮小した運用会社もあり、業界は拡大を目指しています。彼らの将来の成功は、彼らがこれまでの市場の混乱をどれだけうまく管理しているかにかかっています。

3月末に実施されたモルガン・スタンレーの調査によると、多くの投資家が、ファンドの再オープン、ドローダウン・ビークル、共同投資などの形で、新たな機会を提案してきたという。

働きかけが功を奏しているように見える。モルガン・スタンレーのデータによると、このようなオファーを受けた年金、ファンド・オブ・ファンズ、基金などのうち、約45%の企業がそれに応じたという。

資金はどこに行くのだろうか?モルガン・スタンレーの調査結果によると、経済危機の影響を強く受けたクレジット・ファンドへの投資が最も増加すると予想され、エクイティ・ロング・ショート、イベント・ドリブン・プールがこれに続いています。また、クオンツ型とリスク・プレミア型の配分が最も減少すると予想されている。

その他の調査結果は以下の通りである。

  • 調査対象者の大多数はU字回復を予想しているが、22%は弱気相場がさらに深まると予想している。
  • 調査対象者の半数以上が配分の変更を計画している。株式とクレジットに特化したロング・オンリーの運用会社への配分を増やす可能性が最も高く、次いでヘッジファンド、現金、プライベート・クレジット、ベンチャー・キャピタルへの配分を削減する可能性が高いと考えられます。
  • 投資家の約半数が未資金での運用を行っており、そのほとんどが5%から10%程度である。基金や財団法人が最も多くの資金提供を受けていません。
  • 約46%の投資家が「最近、主に現金や市場でのヘッジを増やすことで、予防的・是正措置を講じた」と回答しています。
  • モルガン・スタンレーの資本紹介グループは、約8500億ドルの資産を監督する211人の投資家を調査した。

この記事が気になった方は「ヘッジファンド記事一覧」もおすすめです。海外有名ヘッジファンドの運用手法がわかります。

海外有名ヘッジファンドカテゴリへのリンク

>専門家が届ける本物の資産運用術

専門家が届ける本物の資産運用術

資産運用は「手間なし」「簡単」とはいきません。インデックス投資していればよいなどという、近年素人ブロガーを中心にアンチアクティブ投信の流れが続いていましたが、今後アンチインデックス投信の波も来るでしょう。これはロングオンリーの従来のインデックス運用やアクティブ運用は近年発達してきている「リスク管理」という概念が抜けている、旧世代的な考えを中心としているためです。資産運用の本質は「アクティブかパッシブか」というような小さな戦略の選択ではなく、株、債券リート、ヘッジファンドといった「資産配分」の選択とロングショート、レバレッジを含めた「大きな戦略」の選択です。このサイトでは儲かるために必要な情報を厳選してお届けします。ほかのサイトでは説明していないような株、債券、投資信託、ポートフォリオ、ヘッジファンドまでわかりやすく解説します。短期売買のようなばくちな運用手法は推奨しません。長期的に資産形成するための極意を教えます。またロボアドバイザーなどのようにマーケティング重視の中身のない運用業界の裏側も紹介していきます。

CTR IMG